本の紹介
ほんのしょうかい

PCinfo トップページプログラミング専門分野ハードウエアその他

プログラミング言語C 第2版

(B.W.カーニハン/D.M.リッチー著 石田晴久 訳, 共立出版株式会社)

Cプログラマなら誰でも持っている本のようです。
著者の一人であるD.M.リッチーはC言語を作った人で、そのためCプログラマーにとってこの本はバイブルみたくなってる訳です。
とりあえず初心者はこの本を理解できるようになることを目標にがんばればいいでしょう。
ただ決して簡単な本ではないので、入門者は何か入門本を一冊終えてからこの本に取り組むのがよいと思います。
とりあえず”買い”の一冊でしょう。


独習C改訂版

(ハーバート・シルト著 SE編集部 訳 柏原正三 監修, 翔泳社)

基礎的な内容は一通り載っているし、標準ライブラリ関数も付録として載っています。
決して悪い本ではないのですが、初心者が”独習”するのに適しているかというとやや疑問があります。はっきり言ってこの本で独習できるのであれば、大抵の入門本は独習可能でしょう。


新C言語入門

スーパービギナー編/ビギナー編/シニア編/応用編
(林晴比古 著, ソフトバンク)

平均的な入門本といった印象です。
スーパービギナー編はそれこそ超初心者向けで、恐ろしく大雑把な書き方をしています。かなり薄い本ですので書店で立ち読みしてしまうのがよいでしょう。
ビギナー編とシニア編はセットで一つの本と思った方がよいでしょう。ビギナー編だけでは内容が不十分です。一種の抱き合わせ販売だと諦めてビギナー買っちゃった人はシニアも買いましょう。
応用編は読んだことないのでノーコメント。


初めてのC言語入門

(荒瀬遙 著, 西東社)

平易に書かれており分かりやすいのはよいのですが、内容が不十分過ぎます。
そのため、この本を読み終えた後もう一冊別の入門本が必要になります。
C言語を始めたばかりの人が取っ掛かりとしてこの本を利用するのはよいかもしれませんが、入門本は二冊もいらないというあなたは別の本を探した方がよいでしょう。


Cプログラミング専門過程

(藤原博文 著, 技術評論社)

入門本を読み終えた人向きです。
この本の目的はメモリの理解にあります。
バグを通じて実験的に解説を行っているため、”どうなるのかな〜”と楽しみながら読める本です。
ただし、初心者がいきなりこの本を読んでも全く理解できません。
C言語に関して一通り理解している(入門本をちゃんと読んだ)ことが最低条件となります。


はじめて読むC言語

(蒲地輝尚 著, アスキー)

一通りのことは書いてありますが、標準ライブラリ関数の一覧はありません。
特定の処理系に依存しない書き方をしている点はいいですね。
また理解を助けるために図や絵が所々に挿入されています。
ただ、本をパラッとめくってみて見やすいと思うかどうかは人それぞれですね。


Cの実験室

(林晴比古 著, ソフトバンク)

”変な本”の一言で言い尽くしてしまえる内容でしょう。
初心者が”なんでなんで”と疑問に思うことを実験して試そうという趣旨です。
ある程度プログラムできる人にとってはくだらない本ですが、初心者は楽しめるかも知れません。


パソコンプログラミング入門以前

(伊藤華子 著, 毎日コミュニケーションズ)

タイトルのにもあるように入門以前の内容です。
かといって初心者がこの本を必ずしも読む必要はありません。
というのは、各言語の入門本にもこの程度の内容は書かれているものだからです。
ただし、入門本によっては基礎的な部分を省略してしまっているものもありますので、そのような本を買ってしまった人はこの本で補えばよいでしょう。


コンピュータシステムの基礎

(アイテック情報技術教育研究所 著, ITEC)

初心者用の教科書的な本です。
資格試験を意識してか所々に確認問題があり、各章ごとに章末問題が設けられています。
基本的なことは網羅されているので基礎固めによいのではないでしょうか。


独習C++改訂版

(ハーバート・シルト著 トップスタジオ訳 神林靖 監修, 翔泳社)

独習C改訂版のC++バージョン。
独習Cを難なく読めたという人はこの本でC++を学べば良いでしょう。
サンプルも豊富についてますし基本的な部分は網羅されていると思います。
もちろん独習に向いているかどうかは別ですが・・・


見てわかるパソコン解体新書

Vol.1/Vol.2/Vol.3/Vol.4(vol.1はシリーズ第1弾のことで vol.2は続・見てわかるのこと)
(大島篤 著, ソフトバンク)

カラーイラストが多く使用されており、非常に見やすい本です。
値段の割には内容が豊富で買ったらチョット得をした気分になれる本です。
内容は次のようになってます。
Vol.1ではパソコンの内部構造
Vol.2ではパソコンの周辺機器
Vol.3ではパソコンの歴史やインターネット関連
Vol.4では画像入出力やグラフィック関連
現在Vol.5が出ているようですが現在手元にないので手に入れたら書き加えておきます。


アドベンチャーゲームプログラミング

(坂本千尋 著, ソフトバンク)

アドベンチャーゲームの基本的な作り方について書かれています。
C++とWindowsプログラミングを多少かじったことがあれば容易に理解できるレベルの本です。
DirectXを使用していない点がとても良いです。
説明が足りないと思われる部分もありますが理解に困るほどではないでしょう。


遊びのレシピ

(有馬元嗣 著, ソフトバンク)

タイトルが長いんでチョット省略しました。
”ゲームプログラミング 遊びのレシピ アルゴリズムとデータ構造”が本当のタイトルです。
様々なゲームジャンルを広く浅く扱った本で、DelphiとCの二種類のソースが載せてあります。
話の中心はアルゴリズムとデータ構造なのでソース自体の説明はありません。


はじめて読むマシン語

(村瀬康治 著, アスキー出版局)

8ビットCPUの代表格Z-80を対象としています。
アーキテクチャを大雑把に理解することを目的とした本で、アセンブラを学ぶための前置き話といった内容で、 何らかのプログラム言語をかじった程度の知識があれば容易に理解できると思います。
アセンブラの"ア"の字も分からないというあなたはこの本にあったてみると良いでしょう。


はじめて読むアセンブラ

(村瀬康治 著, アスキー出版局)

"はじめて読むマシン語"の続編で、この本よりアセンブリ言語の具体的な話に進んで行きます。
二冊で完結していると思って良いでしょう。ただしある程度アーキテクチャに関し基礎的な知識を持っている人はいきなりこの本から読み始めても大丈夫です。
この本を読んでから16ビット、32ビットへとさくさく進んで行きましょう。


8086マシン語秘伝の書

(日高徹/青山学 著, 啓学出版)

ユーモアたっぷりで面白く読める本です。
Q&A方式になっており、非常に見やすい構成になっています。
8086を一通り理解した人が次のステップとして読むには適した本といえます。
入門本ではありませんので、基本的なニモニックを理解してからこの本にトライすると良いでしょう。


図解JAVA流オブジェクト指向入門

(Yoo Hong Jun著, 技術評論社)

オブジェクト指向の基本概念を図解で分かりやすく解説しています。
JAVA流と書いてはいますが特にJAVAに関する知識が無くても難なく読めます。
全ページの約半分が絵や図によって埋め尽くされているという初心者にやさしい本です。
このようなタイプの本は一日でサクッと読んでしまうのが良いでしょう。


遺伝的アルゴリズムと遺伝的プログラミング

(平野廣美 著, パーソナルメディア)

”オブジェクト指向の解説”と”GAを適用した4つのアプリケーションの解説”と”GPを適用した5つのアプリケーションの解説”という やたらと詰め込まれた構成となっています。 詰め込みまくっている割にはポイントはそれなりに押さえてあると思います。
本で紹介されているプログラムのソースは全てCD-ROMに収められています。 しかし、そのソースにはコメントが全くありません。覚悟しましょう。
それと何故かエラーが異常に出てきます。ちなみに”巡回セールスマン問題の応用”のビルド結果は エラー69、警告1と なってしまいました。エラーの回避法についてもCD-ROM内に少し書かれていますが、”バグ取りも勉強のうち”と割り切って 楽しんで勉強するのが良いでしょう。


入れたてJAVA(第2版)

(溝口文雄 大和田勇人 著, 共立出版)

内容は第1版とさほど変わりはありませんが文字が少し大きくなり見やすくなった感があります。
プログラミング初心者にも理解できるように書いてありますが、プログラムの予備知識を持っているのといないのとでは 理解の程度に違いが出てくるでしょう。
第8章のブラウザの作成なんかは良いです。(説明は少ないですが・・・・)


AIの基礎を知る事典

(和多田作一郎 著, 実務教育出版)

なんだか事典っぽくない事典です。
事典というと用語解説的なものを想像してしまいますが、この本は普通の専門本のように扱うこともできます。
最初から読んでいくとAIの基礎から理解できますし、用語事典的に使用することも可能です。
値段も1800円と手ごろですし、一石三鳥ですね。


初心者のためのSQL入門@

(北本隆+渋井俊昭 著, 翔泳社)

タイトルに”初心者のための”とある通り、非常に初心者にやさしい本です。
CD-ROMに収録されたOracle8トライアル版を使って実践的にSQLを学べるようになっています。
リレーショナルデータベースの基礎を学ぶのに適した本だと思います。
また、シスアド対策のSQL本としてはこれ一冊で十分でしょう。


Cプログラマのためのアルゴリズムとデータ構造

(近藤嘉雪 著, ソフトバンク)

内容に誤魔化しがなく、しっかり書かれた本です。そのためか教科書的な印象を受けます。
話が少し堅苦しいものになってますので初心者にはキツイかもしれません。
ですから趣味程度にプログラムを楽しんでいる方にはあまりお薦めできません。
ただしプログラマ志望の方にとってはぜひとも一冊手元に置いておくべき本です。
もう少しやさしく書かれた本を一冊買って、それと併用する形でこの本を利用すると良いと思います。


CG入門セミナー

(今間俊博 著 , 日経BP)

本一冊カラー仕上げで非常に読みやすくなっています。はじめてCGを学ぼうとする人にとって 手頃な入門書ではないかと思います。この手の本は内容を広く浅く扱ってますので、少々 大雑把な解説になっていますが、次ぎの本に進むためのステップと考えれば丁度いいと言えるでしょう。


CG制作工房

(野地朱真 著, ムイスリ出版)

この本は私がCGを学び始めるときに最初に手に取った本です。非常にシンプルな構成になっていて 読みやすくできています。ただし、行列の計算のところが交換法則が成り立たないことを無視した 表記になっていますのでそこは注意しましょう。


3次元コンピュータグラフィックス

(ANDREWS.GLASSNER 著 白田耕作 監訳, アスキー出版局)

やや堅苦しい感じのする本です。分量も結構あって、正直いって読む苦労の割には得られるものが少ない といった感が否めません。この手の本には数式をバリバリ出してもらって具体的な話を期待するのですが 残念ながら言葉での解説に終始しています。ただし、多くのCG用語や概念を学ぶことができますので 上記の2つの本では物足りないといった人向きでしょう。


対策CG検定

(コンピュータイメージ研究所 著, 新紀元社)

CG検定の2級を想定した内容になっています。問題なのは初版が1994年になっており古すぎることです。 よってCG検定を目指す方は新しい本を買いましょう。


AT互換機完全自作ガイド

(岡崎覚, 尾崎行雄, 菅原清文, 辻秀典, 藤田伸二 著, ソフトバンク)

自作関係の本は結構出回ってますけど、これはその中でもかなりお薦めできる本だと思います。 基本的にこの本1冊読めば、自作に関して大体のことは理解できます。後は実践あるのみってとこでしょう。
内容はパーツの基本的な説明から、組み立て方、BIOSの設定など一通りのことは書かれてあります。


AT互換機拡張ガイド

(阿部信行 著, ソフトバンク)

上の本と内容的にかなり被るところがあります。上の本の関連本ですが、特に拡張に焦点を当てた 内容になっています。この2冊を併読することにより、より知識が深くなるでしょう。


AT互換機を256倍使うための本

(志村拓, 波木由起夫, 榊隆 著, 新紀元社)

本が古すぎて現在のパソコンを理解するには使えませんが、8年前のパソコンの事情が少し分ります。 本屋に問い合わせてもたぶん入手できないと思います。古本屋で探しましょう。
ちなみに個人的に256倍シリーズは好きですね。何か書いてる側も楽しんでそうだし・・・


マッチ箱の脳

(森川幸人 著, 新紀元社)

人工知能について文系の人向けに分りやすく解説しています。
遺伝的アルゴリズムやニューラルネットワーク などをマッチ箱を使って説明しています。数式などは一切出て来ません。人工知能に興味があるんだけど 専門書は難しいし・・・と思っている人向きですね。


easy PCs, Sixth Edition

(Nat Gartler 著, QUE)

パソコン関連の英単語を身に付けるのにうってつけの本です。
中卒レベルの英語力があれば特に問題無く読めると思います。内容はパソコンの入門書といった感じで、パソコンの解説から Windowsの使い方、インターネットの説明まであります。





HOME