PC日記
ピーシーにっき

PCinfo PCinfoトップページ Guest Book

2009年2月2日 (Googleでシステム障害)

1月31のあと少しで2月に変わりそうという0時近くの深夜、突如としてGoogle先生がバグりました。

グーグル、世界で55分間検索不能に

Google Blogでの説明

私は基本的に検索エンジンはGoogleを使っていまして、色々と調べものをしておりましたら突然検索したサイト全てに 「このサイトはコンピューターに損害を与える可能性があります」と表示されるじゃ ありませんか!んでそのサイトをクリックすると警告ページに飛んじゃうんです。

具体的にどんな状態になっちゃったかというと、例えば当サイトの「pcinfo」をググると、



というように、問答無用で危険サイト扱い。どんなキーワードで検索かけても同じ感じなわけです。

となると・・・当然あのキーワードを検索せざるを得ないでしょう( ̄ー ̄)b
で、その検索結果がこれ!



自虐的過ぎます!Google先生!!!

Googleでもこんな事故を起こすことがあるんだな〜と、いい勉強になりました。


2008年12月1日 (Google Analyticsを導入してみた)

皆様、本当にお久しぶりでございます。管理人のtaichiです。

数年に渡り完璧なまでの放置プレイをかましていたにも関わらず、アクセスして下さっていた皆様に感謝で ございます。

冨樫義博も真っ青のさぼりっぷりでしたが、今後は更新頻度を増やしていきますので どうぞこれからも末永くお付き合いくださいませ。 なお、直前の日記は5年以上前のものになります(´▽`*)うふっ

PCinfoにも、ついにGoogle Analyticsを導入したので、今回は簡単なレポートをば。



Google Analyticsはアクセス解析のための強力なツールなんですが、ジオシティやFC2のアクセス解析ツールより 性能が高いですね。Google Analyticsのレポート画面は上のような感じ。



ちなみにセッションのグラフが急激に伸びてるけど、これは単に昨日までトラッキングコードを全てのページに 貼り付けなくてはならないことを知らなくて、Topページにのみ貼ってたためです。だからデータ分析は昨日と今日の データのみを対象します。



昨日(11/30)今日(12/01)のユーザーアクセス状況はこんな感じで表示されます。 これはTopページのみではなくPCinfo全ページのトータルになります。

ユニークユーザーが299ってことは、一日150近くのアクセス?思ったより多いな。
でも直帰率84.80%・・・なんかヤナ予感が・・・



ちなみにこれらの情報って棒グラフ表示もされるので、日毎の変化を追いやすくていいね!



そういえば、平均サイト滞在時間なんてのも分かるんだね。こりゃ便利だぜGoogle Analytics!

えっと、で、私のサイトの場合は?・・・ん?・・・00:01:01

平均滞在時間 1分1秒? _| ̄|●、;.・ ゲフぉぉぉ

これって、一瞬でお帰りになられてるってことっすか・・・(T_T)ううっ・・・


気を取り直して・・・ちなみにGoogle Analyticsではページ別分析も当然のようにできるよ!



PCinfoのあるジオシティって、旧アドレスと新アドレスが未だに混在してんだよね。
PCinfoの新旧アドレスは以下の通り。

(新)http://www.geocities.jp/pcinfo_hp/
(旧)http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/3384/

ジオは新ページに移行して数年立つのにTopページへのアクセスは未だに旧アドレスからの方が多い。 というか「PCinfo」でググると旧アドレスの方がヒットするんだよね。

あと、Topページへのアクセスは実に少ない・・・。圧倒的に「Pixia講座」へのアクセスが群を抜いてる・・・。 新旧アドレス合算で230+41=271ページビューですね、2日間で。

アクセスは思った以上に多いけど、平均滞在時間を見る限り、素通りされている方が大多数って感じですね(T_T) 何にしても勉強になりました。今後もPCinfoではGoogle Analytics分析を継続していく予定です。


10月4日(忘れ去られていたマイゲームプロジェクト)

皆様、こんにちは、こんばんは、管理人のtaichiです。
Guest Bookの方に書き込もうと思いましたが長文になってしまったので、PC日記の方に書き込みです。

更新頻度を上げるよう努力するとのたまっておきながら、 努力の欠片も見れない現状に、もう申し訳無いやら申し訳無いやら。 それでも、なおも見捨てずに、いつ更新されるとも分からないPCinfoを 訪れてくださる皆様には感謝でございますm(__)m

で、久々に更新でもしようかな〜と自らのHPを発掘しておりましたら、
このようなモノ↓を発見いたしました。

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/3384/Project.html

はうぁ( ̄□ ̄;)、まさかこのようなことを過去に公言していようとは!

ゲームプロジェクト…"製作予定期間、約1年"とか書いてありますが、1年どころか約2年間程 全く手も付けておりません。というかこんなページがあったということ自体、全く忘れておりました。

シミュレーション1号、アドベンチャー1号、シミュレーション2号と3つも計画されていたようですが、 どれ1つとして…ごほごほっ(-o-;)。特にシミュ2号に(タイトルはもう決まってます)とか 書かれてますが、何てタイトルを付けるつもりだったのか私自身もう分かりません(TOT);

ちなみにシミュ1号のとこに書かれている卒論はですね、ゲーム市場で消費者購買行動がどうしたの、 マルチエージェントがどうしたのって内容だったのです。ジャンル的には今トレンドの複雑系ってヤツです。 で、その卒論で作ったプログラムをゲーム開発に生かそうとしたのですが、どうもそのプログラムがそのままでは ゲームに適応できない感じになってしまったのです。

シミュ1号ってのは、実はゲーム市場のハード、ソフトの開発・販売に 関するシミュレーションゲームだったのですよ。詳しくはゲームの企画を書いたノートがどこかに あるはずなんですが発見できません。どこいった〜(TOT)。まぁでも、このゲームは企画から練り直したいと 思います。練り直し次第ご報告したいと思います。期待しないで待っていてくださいませm(__)m

あとアド1号ってのは何だったのか全く思い出せませんが、シミュ2号は カクテルを作るシミュレーションだったのですよ。タイトルは思い出せませんが。背景がバーっぽい 雰囲気になってるでしょ?ただ、当時はカクテルに興味があったのですが今はもう興味が薄らいで しまいましたので、アド1号、シミュ2号の企画は凍結の方向で…。

ただ、私は只今漫画家を目指している身でありますので、本来ゲームどころではない、というのが 実情でございます。私の周りでは受賞したのデビューしたのと次から次に話が舞い込んできておりまして、 正直少々焦っております。それでも、ゲームは作っていきたいので何とか頑張ってみようと思います。

ただ、完成を待って公開だと、何時の話になるやら分かりませんので、システムがキリのいいとこまで 出来次第公開という形にしようかと思っています。まずは企画、インターフェイス関連が決まり次第ご報告ということで。 ということで、このPC日記は当分ゲーム制作日誌となりますのでよろしくお願い致しますm(__)m。


3月28日(webデザイナーの就職事情)

先日、大学の卒業式があった。着物姿の女性はうつくしゅうございました。パーティーでの おばはんのトーク・・・やかましゅうございました。その後、先生の驕りで飲む酒は、おいしゅうございました。

終わった・・・終わり申した・・・何もかも終わり申した・・・。大学生としての甘美なるモラトリアム期間は 終焉を迎え、社会という荒波に放り出された今の私の心境は、飢えた猛獣の檻の中に投げ込まれた子ねずみのごとく・・・(以下略)


まぁそんな冗談はどうでもいいとして、現在私は就職活動中なわけです。聞いた話によると、就職活動で 60社ほど回ったというツワモノもおられるようでして、いやはや何とも大変なものですな〜〜(^^)

本来、就職活動は3年次から始めるのが普通でありますが、「ど〜でもいいべ(-.-)」と呑気こいてた私などは 今ごろになって「やべっ!」っとなるわけです。もっとも、このようないい加減な生活でいられたのも、 「別にアルバイターでもいいや」というお気楽人間であればこそと申せましょう。


ただ、金を得るために同じ時間を費やすのなら、くだらない退屈なことよりは興味のあること、自分の精神的・技術的資産と なり得る仕事に就きたいと思うのは誰しも同様でありましょう。で、現在私はwebデザイナーの仕事を探して 会社を回っている訳ですが、今後webデザイナーを目指している方のためにも、この業界の就職事情の話を今回はしましょう。


皆さんご存知のように、今は不況の時代ですのでバブル期の就職状況とは全く異なっています。バブル期は 企業にも金が有り余ってましたので、新入社員を育てていく余裕がありました。しかし、不況となった今、 企業にも社員を使い物になるまで育てていけるだけの余裕がありませんので、現在では、大企業・中小零細問わず 即戦力を求める傾向にあります。大学卒業後に専門学校に入りなおす方が増えていますが、これもそのような時代背景 があってのことなのです。

これも全て、いつまでたっても不況を脱出できない小泉と竹中のせいでありまして、苦情のメールを大量に 送ってやるのがよろしいかと思います。何にせよ、小泉を潰したところで他に適任者がいない現在においては 当分この状況が続くことは覚悟せねばなりません。運命と思ってあきらめましょう。つーか、さっさと 紙幣増発で経済対策せいや!国債なんか発行しとるからいつまでたっても借金消えへんねん!デフレ下の 現状でハイパーインフレはありえんって!やれ〜〜〜!!\(゚o゚)


従って、webデザイナーなど技術屋には特に即戦力が求められることになります。ですので、企業としては 実務経験を持つ人材を欲していることになります。しかし、どのような人であれ最初は未経験者なのです。 企業が実務経験者しか雇わないというのであれば、今後webデザイナーを目指す人は独立開業する以外に道はない ことになってしまいます。

ですので、企業側もある程度は未経験者に対して門戸を開けていることろもあります。求人広告などでも 未経験者OK!やら未経験者歓迎!と書いてあるのを見かけた ことがあるでしょ?ただ、ここで気をつけないといけないことは、この言葉には重要な部分が省略されているということです。 この言葉の正体を以下に示しましょう。


2・3年の実務経験を積んだ者に相当する技術・知識を有し、即戦力として 活躍できる未経験者OK!歓迎!


なのである。

これがwebデザインの専門学校が存在している理由でありましょう。はっきり言って、webデザイナーとして就活している 連中は、このような専門学校を出ている奴や実務経験を積んだ奴らでウジャウジャである。そんな中で「独学で趣味で HP作ったことありま〜す!」なんて奴が競争に打ち勝つことが出来ると思いますか?

自分が面接官であると 想像した場合、[3年の実務経験を持つデザイナー][趣味でHP作ってるデザイナーもどき]のどちらを雇いたいと 思うかは明白でしょう。因みに、厳しいことをいうとHTML、Flash、PhotoShopがある程度使えるというレベルでは 全くお話にならないということを覚悟した方がよいです。これらが一通り使えることはwebデザイナーとして最低限というか 前提条件であって、大したアピールポイントにはなりません。基本的にHPはビルダーで作ってるんで、HTMLは分かりません というのは論外であると理解しましょう。


特にwebデザイナーは初期の頃は重宝されてたんだけど、最近じゃ完全にだぶついていて供給過剰 の状態にあります。こう言うと夢も希望も無い!ってな感じになりますが、需要1に対して供給10・20って世界ですよ。 「HP作るの好きだからwebデザイナーになりたいな〜」なんて気楽な考えでなれる職でないことだけは確かです。

ただし、このような供給超過のwebデザインの世界の中でも完全に供給不足にある部分があります 。それがWebプログラマーです。最近のHPは単純にHTMLでレイアウトを作ればそれで終わりって話ではなくて、 telnet、DB管理など、インタラクティブな要素が求められているのです。


そんな中、企業側がのどから手が出るほど欲しがっているのが「サーバーサイドプログラムが出来る人材」、 特にJava、サーブレット、Unixに関する知識を有している人材は欲しくて欲しくてたまらないのです。ですので、 webデザイナーでは「1週間待って電話が無ければあきらめよ」となる訳ですが、webプログラマーでは 「ぜひウチで働いてください!今日から!」と即日採用になった挙句、給与も優遇されたりするわけです。

企業としてはwebプログラマーを手放したくはありませんので、「webデザインもやりたいんだけどな〜」と 言ってもNOとは言えませんのでWebプログラマーとして就職してWebデザイナーとして働くことも可能になるのです。 比重はどうか知りませんが・・・。従って、実務経験無しで専門学校も出ていないヤローがWebデザイナー となるための近道はWebプログラミング技術を身につける!これだ!!!


さて、昨日面接に行ってきた訳だが、CとJavaの知識だけではやや不利だと言われた。Unixの知識でもあればだいぶ 違ったんだろうが、何にせよ俺を雇うということになると多少将来性に賭けることになる。ただ、面接予約が入ってた 人でプログラム能力のあるのは俺だけらしいので、その点がどれだけ評価されるかは微妙だ。勝率は3割弱ってとこだな・・・。


11月3日(CD-RW+DVD買っちゃった)

先月メルコ製のCD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブUSB2.0インターフェースボードを購入して 2万ほど吹っ飛んだので今月の生活費が危ぶまれる今日この頃です。

近頃ではDVDドライブもすっかり安くなってしまって、読み取り専用だったら7000円を切ってるものも ありますよね。DVD低価格化の始まりはPS2にDVD機能が搭載されたことにありますが、おかげで 私もDVDドライブを安価に入手することが出来ましたので、ここはソニーに感謝せねばなりません。

今回は別にDVDが欲しかった訳ではなく、パソコンの動作が不安定になりだしたため一度ハードディスクを フォーマットしたいと思いまして、それに伴うデータ退避のためにCD-RWが欲しかっただけなのですが、 実際に秋葉原をうろついてみますと、CD-RWのみのドライブとDVDコンボドライブの値段差がさほど なかったので後者を選ぶことにした訳です。

現在我が家ではビデオデッキが完全にいかれてますので日常の風景参照)、DVDは大活躍です。 PentiumU400Mでメモリ64M、ビデオカードは4年前のオンボードタイプですのでかなりロースペック なのですが、DVD鑑賞に全く支障をきたすことはありません。

もっとも1時間半程連続で使いつづけますと、どうも動作が不安定になってきますがこれは スペックのせいというよりOSのせいと言えましょう。私の使用OSがなんたら98であると いえば御納得頂けるのではないかと思います。


とりあえず、今回はこれからCD-RWの購入を考えている人のためにいくつか注意点を お話しておきたいと思います。

まず、CD-RWドライブには外付け型内蔵型の2種類があります。外付けの場合は内蔵型に 比べてどうしても値段が高くなってしまいますので、コストパフォーマンスを優先する場合は 内蔵型をチョイスすることをお薦めします。

平均的には内蔵型の方が外付けよりも4〜5000円程安くなるようです。ただ、外付けにする と複数のパソコンでドライブを共有出来るのがメリットと言えましょう。もっとも、5インチベイに 残りがない方、メーカー品のためパソコンに拡張用のベイがそもそも無い方は外付けドライブ以外に 選択肢はありません。ちなみに私が外付けを選ばざるを得なかった理由もそれ!VAIOのバカヤロー!!


次に外付けのパソコンへの接続に関してお話します。


今回私の購入したドライブはUSB2.0USB1.1 の両方に対応しています。ドライブは最高でCD-R 32倍速 DVD 16倍速 CD-RW 10倍速 CD-ROM 40倍速 のパフォーマンスを持っており、USB2.0で接続した場合 にはそのパフォーマンスを引き出すことが出来ます。しかし、USB1.1で接続した場合、それら全てが最高で 8倍速にしかならず、DVDにいたってはシーンが飛びまくります。

USB2.0は最近できた新しい規格ですので、古いパソコンでは当然対応していません。ですから、 パソコンが古い場合はUSB2.0インターフェースボードを買って拡張する必要があります。値段は4000円 程しますが買わざるを得ないでしょう。ちなみに、USB2.0とUSB1.1では性能にどれほど差があるかというと、 前者が480Mbpsに対し、後者は12Mbpsの性能となり圧倒的な差があることが分かります。

さて、ここで注意点です。安いCD-R/RWドライブですと1万円を切ったりするものなども中にはあります。 パフォーマンスもCD-R 32倍 だったり RWも16倍 だったり1万円以下のドライブとは思えないような 性能をもっているものもあります。しかしちょっと待ってください!そのドライブにはUSB1.1対応としか 書いてないのではありませんか?

先程も言いましたが、USB1.1では最大で8倍速しかそのパフォーマンスを発揮することができません。 仮にドライブが最大100倍速の性能を持っていたとしてもUSB1.1では8倍速に制限されてしまうのです。

USB1.1の規格にしか対応できないくせに、堂々と32倍速などとほざいている商品ども・・・はっきり言ってサギです!


ウソ、大げさ、まぎらわしい・・・皆さんJAROに電話をしましょう!


次に型落ち商品を買うときの注意点です。新商品が発売された直前・直後は以前の型の商品は非常に 安くなりますね!これは消費者としてはうれしい限りです。中には型落ち商品こそ買い時商品である と考えている方も多いのではないでしょうか?

ただ、今回思ったのはCD-RWはドライブそのものは型落ちでもさほど問題ないのだけれども、付属の ソフトまで型落ちになってしまうのはいかがなものか・・・と思ったのです。

古いソフトですと、少なくともバージョンアップして新たに加わった分の機能ってのは無い訳です。 ついでに言うとエラーなんかもバージョンアップで対応してきたりする訳ですよ。そこでもし、 その古いバージョンに不満を持ってしまった場合、新しいソフトを買えばよいのですが、ライティングソフトと いう奴は結構高くて、新しい型のドライブを買うよりも総合的に損をする可能性が出てきてしまいます。

もちろん、それを覚悟で型落ち商品を買うのであれば問題ありませんが、安いからという安易な判断で 型落ち商品を買うと後々後悔する羽目になるかもしれませんので、ドライブの購入はくれぐれも慎重に!

なお、メルコ製のドライブはなかなかイイですよ!お薦めです!


9月23日(東京ゲームショウ2002)

今年もゲームショウに行ってまいりました。目的は去年と同じくゲーム白書の入手だったんですが、 去年はゼミ費で落とすことができた。でも今年は・・・自腹か?チクショウ!(T0T)

入場料1200円もぼられてゲーム白書だけ買ってさようならじゃ元が取れませんので、 今年も各ブースをぐるぐると回ってきましたのでどんなもんだったかレポートします。


去年は正面入り口真正面に陣取っていたマイクロソフトですが、今年はやや控えめだったような気がします。 まぁX-BOXがあの惨状でしたから、予算を縮小したんでしょうか?

キラーソフトの存在が無いとはいえ、ソフトタイトル数が100を超えるハードがこれほどまでに 売れないという現象は非常に興味深いものです。X-BOXの今後の目立つタイトルといえば、 「プレンクス・ザ・タイムスイーパー」と「N.U.D.E.@」でしょうか。キラーとしては 何とも心許ないですな。やはりマイクロソフトはネットゲームに掛けるしかなさそうです。

SCEは今年は何故か端っこの方にいました。何でしょうか?王者の貫禄なのでしょうか?

今回はNTTドコモの参加もありました。まぁiアプリの宣伝なんですが、私はPHSユーザーなんで iアプリに関しては全く分らないのですが、ソフトメーカーのiアプリに対する期待は それなりにあるようです。やはり低コストでの開発が可能という点が1番の魅力なのでしょう。

家庭用ゲームではありませんが盛り上がっていたのが、ポトリス2リネージュ2のブースですね。 この2つはご存知の様に韓国で開発されたPC用のオンラインゲームです。ゲーム白書にも 韓国のゲーム市場のマーケティングデータが載ってますし、どうやら韓国に注目が集まっているようですね。 何にしてもゲームは日本が世界に誇れる数少ない分野なんですから、他国に負けない様に頑張って欲しいものです。

今年の傾向はとにかくオンラインゲームを前面に押し出したPRが多かったということでしょうか。 現時点において、日本はネットゲームに関してはほとんど未開であるといってよいでしょう。つい最近になって パソコンの世界でネットゲームが流行り出した傾向はありますが、その規模は韓国やアメリカに比べると 実に小さいものです。

しかし、日本にはオンラインゲームが普及する地盤は十分にあります。インフラ面はどうか知りませんが、 ここ数年のインターネット加入者の増加、プロバイダ料金の低価格化(世界的にみても安い)などに加え、 コンシューマ機においてはゲームにお金を払うのは当たり前という傾向があり、ネット料金の支払いに対する 抵抗が少ないように思えます。

この点からいうと、家庭用ゲームよりPCゲームをメインとする韓国では、コンシューマ市場でのオンラインゲーム は受け入れづらいのではないかと思われます。それはPCにおけるフリーウェアの影響で、ゲームは無料でするもの という感覚が強くなってしまっている可能性があるためです。ですがここ2〜3年の韓国の変貌ぶりには目を見張るものがあります。 今後の展開に注目です。


まぁ何にせよ、7ヶ月ぶりにPC日記が更新できてよかったです。今後はもう少し頻繁に更新するよう 心掛けますので、これからもお付き合いくださいませ。m(__)m

にしても、あのカメラ小僧どもはどうにかならんか・・・全く(-_-;)


過去ログはこちら→ 2月20日〜10月15日までの分  9月28日〜4月7日までの分



HOME