SEffect

SEffectは動画に効果を付けてAVI形式で保存できます>
   画面の一部にモザイク・ぼかしを入れる
   矢印を入れる
   字幕を入れる
   静止画や動画を重ね合わせる
   スローモーションや逆転ムービーを作る


<更新情報>

動作について
 ムービーを表示しない
   DivXは読み込み・表示できません。
   別のCODECまたは、MPEGフォーマットに変換して読み込んでください。
   書き出しの際にDivXのこーデックがある場合は書き出しできますが、十分な確認はできていません。
   DivX読み込みに対応するためには大幅な変更が必要なため、対応予定はありません。
 音の書き出しができない
   Win7で一部動作しましたが、音声の書き出しができません。解決についてはこれから取り組む予定です。

1.はじめに

2.できること、できないこと

3.注意していただきたいこと
    ショートカット一覧

4.マニュアル(Ver. 1.51)

5.便利な使い方

6.ソフトのダウンロード
   Ver.1.53のダウンロード  (173KB)
     MPEGやDV-AVIを読めますが、カットアンドペーストが出来ません。
     MPEG2のムービーも扱えますが、マシンパワーが必要です。
    <修正点>
      1.数字で指定したフレームにジャンプできます。
         フレームNo.に数字を入れEnterキーを押してください。
    <バグ修正>
      1.32000フレーム以上の長いムービーでエラーが出るバグを修正。
      2.画面サイズにより正常にエフェクトをかけられないバグを修正。

   Ver.1.34のダウンロード  (133KB)
       簡単な編集(カットアンドペースト)が出来ますが、MPEGやDV-AVIを読めません。

   古いバージョンについては更新情報のページからダウンロードできます。

7.チュートリアル
   サンプルムービーを使用して使い方を説明します。
   その他のサンプルムービーのダウンロード
    (1)矢印と画像重ね合わせの紹介(1.1MB)

8.動作しない場合は 
     ランタイムソフトの入手

9.FAQ(よくある質問)

10.おしらせ

11.雑記帳

12.リンク
     使い方・紹介記事など


ご意見ご感想をお寄せください
   もりのぱぱ
       forespa@yahoo.co.jp

Counter