SBマスターの
突撃悩み相談♪

夏の熱い夜、私はギルドについて悩んでいました。
「なんだか私の代になって活気が減ったような…;;」

なんとかしなきゃ…でもどうやって…?

私が悩んでいるときギルメンの一人が諭すように言いました

「他のマスターに聞いてみたら?」

その一言からこの突撃悩み相談がスタートしたのでした。

第一回目「DeadorAlive」
ゆーちーさん
第二回目「Always」
ムスタさん
第二回目「StellaMaris」
負け犬さん




2004/09/2
ギルド「StellaMaris」
マスター「負け犬」さん

名前とは裏腹に全然そんな感じでは無い負け犬さん。
(以降犬さんとお呼び致します><;)


私と似たような状況に置かれている犬さん。
聞けば聞くほど他人事では無いように思えていました・・・

先代マスターが諸事情で突然の引退の際に
解散の危機になった時に
自らマスターに立候補し現在まで支えておられるそうです。


「マスターとしての威厳も格もないママ、マスターになりましたw」
そう言う犬さん。
それを聞いた時に威厳や格だけでは無く
何か別の物がマスターには必要なのでは無いか・・・
その必要な物をもってるからこそ犬さんはギルドを盛りあげて
いけているのでは無いかと思いました。



「残ってたメンバーが頑張ってくれてメンバーも増えたのですが…」
そう言って笑いながら話す犬さん。

苦労人…
そういう言葉がひどく似合うと思いました。
苦労を経験して、世の中の事や人情に通じている人の事です


「まだまだ考え不足ですから…」
そう言う犬さんですが、ギルドを盛り上げるために
ギルド規約の変更やイベント等を積極的に考えていらっしゃるそうです。
その行動力には感銘を受けました。


最後の質問の「ご自分のギルドは好きですか?」でも

即答で「好きですw」と仰られ
ギルドへの愛情の深さを知りました。


今回の相談では私達がマシンガントークをしてしまった為
じっくりとお話をお聞きすることが出来ず申し訳ありませんでした。
苦しい場面ですがお互いに頑張ってギルドを盛り上げていきましょ〜♪

マスターに大切なこと
第三カ条
「変革を恐れず実行すること」


2004/07/25
ギルド「Always」
マスター「ムスタ」さん


昨年の夏に結成されたという「Always」の
ご本人はなんちゃってマスターだと言う彼。

一時期、解散もやむなしと言う事態に陥りながらも
選挙によりムスタさんがマスターになりギルドを盛り上げていっているようです。


「最近ギルメンの人数が少なくて…」
という私の相談に

「初めはギルメン少なくて、ギルチャも返ってこない事もあった
今は、ムードメーカーになる人が入ってギルチャも賑やかになってきた。
でも、その人が出てくるまでつらいw」


と言うムスタさん。
会話の端々で、本当にギルメンを大事にしているのがとても分かり、



「みんなが喜ぶことなら何でもしますって感じだよw」

と、積極的に模擬戦やGリーグに参加しギルメンに喜んでもらう努力をしてうる姿に
何気に感動してしまったりしました。


「基本は家族的なギルド目指してますからw」
笑いながらそう言うムスタさん。

その言葉を物語るようなエピソードもお聞きし…
悩みとかやっぱりあるんのかなと思い、



「マスターとして悩んでる事とかありますか?」
と聞いたところ

「マスターなら皆な責任があって、人が少なくなると
つらいw
でも人が多くなれば良かったって思う。」



と、言い
「良い人ばかり集まってるよ」
と仰られていましたが、それはマスターが良い人だから周りにも
良い人が集まるのだと思って聞いていました。





最後の質問で「ご自分のギルドは好きですか?」という質問に対し
「大好きですよw

みんながねw

ギルド自体にはこだわってないです」

という答えを返したムスタさん。


最初から最後までギルドの方々を大事になさっているのがヒシヒシと
伝わってくるマスターでした。

マスターはどんな人が適任ですか?
と聞かれたら

ムスタさんのような人

と答えれそうな程、丁寧ですごいと思わせる人でした。



マスターに大切なこと
第ニカ条
「ギルド員を大切する事」


2004/07/23
ギルド「DeadorAlive」
マスター「ゆーちー」さん


ゆーちーさんごめんなさい;;
この時はまだ企画とかそんな事考えてなくて
本当に悩みを聞いて欲しくて話かけてて
SSとかメモとか殆ど取ってなく…
ただただ納得、共感できるお話を噛締めて聞いていました;;


レビュー書けなくて本当に申し訳ありません;;

貴重なお時間を割いていただいてありがとうございました。

八月のベース争奪戦に出られると言うことで頑張ってください♪
影ながら応援させていただきますです。

マスターに大切なこと
第一カ条
「ギルドに愛着を持ち、骨を埋める覚悟で挑む事」