[Home] Last modified : 2002/05/18


Red Hat Linux 7.2 のハードディスクインストールについて


以下はインストールディスク(フロッピーディスク)で起動した場合を前提にしています。他の方法(PCG-CRWD1等)で起動した場合については未確認です。
実際に最後までインストールしたのは B's Recorder Gold を利用した場合だけで、それ以外はイメージの読み込みがうまくいくかを確認しただけです。もしかするとインストールに失敗するかもしれません。

[参考] Linux on VAIO PCG-SRX3E/BD (Janus Home Page)

■ ディスクイメージの作成

Red Hat Linux 7.2 のハードディスクインストールでは、インストール CD の中身のコピーではなく、ディスクイメージ(ISO イメージ)が必要です。 (Red Hat Linux 7.2 オフィシャルインストールガイド

ディスクイメージの作成方法

■ インストール

  1. Windows XP 上で FAT32 でフォーマットされたドライブに2つのディスクイメージを置きます。(NTFS ドライブは不可)
    ディスクイメージのファイル名は何でもいいようです。ab という名前(拡張子なし)をつけてみましたが問題ありませんでした。
  2. インストーラを起動し、boot: linux nousb と入力します。
  3. 言語とキーボードを選んだ後、インストール元としてハードディスクを選択します。
  4. ディスクイメージのあるパーティション /dev/hda* を選択します。 フォルダの中にディスクイメージを置いた場合は、そのフォルダ名も指定します。
  5. インストールはテキストモードになりますが、選択肢はグラフィカル モードと同じなので、こちらを参考にしてくだ さい。

[Home] [Top]