鍵盤構造史


米国は世界最大のPC市場であるがゆえに,米国特許の歴史はそのままPC史を跡付ける。われわれはそこにIBMの巨大な寄与を改めて認めることができる。同時に,多くの場合われわれの目に直接は触れない多くの装置ベンダーが,それなりに工夫を凝らした特許を出願しているのを見るのは楽しい。
筆者の知る限り,鍵盤の特許について正確に言及した日本語資料は,少なくとも電網上には存在しない。本稿では,座屈ばね機構など,鍵盤を語る上で歴史的に重要な項目を,米国特許を中心に
して見てゆく。
なお,代表的な鍵盤機構を視覚的に理解できる素晴らしいサイト・Qwerters Clinicにあらかじめ目を通されると,本サイトの理解は大いに助けられると思われる。


「薄膜ばね」機構
Elastic Membrane Switches


座屈ばね機構
Buckling Spring Mechanisms



板ばね機構
Leaf Spring Mechanisms



ゴム椀機構
Rubber Dome Mechanisms

forward
backward
home