ベンチャー革命2006323

                           山本尚利

タイトル:日本政治の親米化促進:偽メール事件の意味

 

1.民主党偽メール事件の意味

 2006322日、民主党偽メール事件の張本人、永田寿康衆院議員が、ライブドア堀江氏と武部自民党幹事長をめぐる選挙資金スキャンダルにかかわる偽メール事件で釈明会見を行いました。予想通り、新しい内容はなく民主党の威信をさらに失墜させています。反小泉の急先鋒、政治評論家の森田実氏は、小泉一派により自民党から追い出された亀井静香氏の発言を引用し、民主党偽メール事件の闇について徹底究明を叫んでいます。(注1)

 この偽メール事件で、もっとも恩恵を受けたのは、結局、小泉政権でした。前原民主党執行部は、意図的か、結果論かを別にして、「敵に塩を贈った」のは確かでした。

 筆者が、偽メール事件の顛末をみて直感したことは、日本政治の対立軸が、もはや自民党vs民主党ではなく、実質、親米派と愛国派に明確に分断されることが鮮明になった、ということです。(注2)

 小泉・前原両氏が親米派のシンボルだとすれば、亀井・森田両氏は愛国派のシンボルでしょう。小泉氏は20014月に総理大臣に任命されましたが、当時の自民党はまだ亀井氏のような愛国派(ただし、単なる利権主義者を含む)が過半数を占めていました。自民党をぶっ壊すと叫んで首相の座を射止めた小泉氏は、自民党内では異端政治家であり、まさに獅子身中の虫のような存在でした。当時の自民党主流であった愛国派は国民から利権主義者とみなされ毛嫌いされていました。この国民感情を巧みに利用して米国覇権主義者は、森氏(愛国派寄り)をワンポイント・リリーフにして森派の小泉氏(親米派)に見事、バトンタッチさせたのです。この首相交代サプライズの流れを実現するのに、200129日に起こった愛媛丸事件(注3)が間接的にかかわっているのではないかと、筆者は個人的に感じています。愛媛丸事件は森首相を短命で失脚させ、結果的に親米小泉首相誕生のトリガーとなりました。

 ところで、2005年末に立て続けに勃発した耐震偽装事件、ライブドア事件で窮地に陥った小泉内閣を救ったのが2006216日に勃発した民主党偽メール事件ではないか、というのが反小泉の愛国派の一致した見方です。

 この見方が正しいとすれば、耐震偽装事件やライブドア粉飾決算事件は、反小泉の愛国派官僚が、小泉親米一派にリベンジするために仕掛けた陰謀的事件ということになります。一方、民主党偽メール事件は、小泉一派が、九死に一生を得るために仕掛けた危険承知の大バクチであったということになります。この陰謀事件説が正しければ、その効果は絶大であったといえます。なお、筆者はこれらの見方にまだ一抹の疑問をもっていますが・・。

 しかしながら、耐震偽装事件もライブドア事件も、偶然起きた事件ではないのも確かです。なぜなら、両事件とも、事件そのものは過去に起きており、何者かが、タイミングを見計らって、公にした国策捜査的事件だからです。その効果は絶大で、一時、小泉政権が確かに危うくなりました。この事件で、2005年、9.11郵政民営化選挙で大勝利した小泉政権は決して磐石の独裁政権ではないことが露呈されました。

 

2.レームダック小泉親米党を蘇生させた前原民主党への疑惑

 偽メール事件は、発表されている内容(要するに永田議員がフリージャーナリストにだまされた)が正しいならば、誰が何のために、永田議員をだましたのかさっぱりわかりません。このまま、この事件をうやむやにしたら、今後、民主党を支持する国民は大幅に減るはずです。このままでは民主党は再起不能です。前原執行部はなぜこんなミエミエの必殺オウンゴール(自殺点)を放ったか?そこで、うがった見方が成立するのです。(注4)

 この事件は、小泉一派の仕掛けた大バクチの陰謀に、民主党若手が意図的に乗っかったものであり、結局、前原執行部は小泉政権の窮地を救った。その反動で、これほどまでに恥さらしものにされた前原・永田両議員は、小泉首相に大きな貸しをつくったといえます。前原・永田両氏は、しばらく針のむしろで我慢してくれ、いずれキミタチの骨は拾うよと、誰かに闇から囁かれているにちがいありません。

 偽メール事件における前原民主党執行部の一連の対処から類推するに、近未来、日本政治に大再編が起きるのではないかという予感がします。いよいよ、親米二大政党時代が到来するのではないでしょうか。自民党も民主党もいったん分裂・再編されるはずです。その結果、新たに生まれるニュー自民党もニュー民主党も親米派主流となって、米国覇権主義者の手のひらの中で、茶番劇を繰り返すパターンです。

 

3.小泉親米党のミッションとは

 2006323日の新聞では、王ジャパンの日本プロ野球世界一のビッグニュースの影で、日本政府の資産圧縮112兆円の記事がコッソリ載っています。政府資産売却は、小泉親米党のミッションのひとつです。米国覇権主義者にとって、日本の郵政民営化が日本攻略の第一ステップだとすれば、日本政府の資産売却は、日本攻略の第二ステップです。愛国派からみて案の定、予想通りの展開です。この記事はわれわれ日本国民にとって極めて重要です。プロ野球の王ジャパンの優勝に酔っている場合ではありません。自民党政権の傀儡化に成功した米国覇権主義者の対日攻略の最終ターゲットは自民党の親米化ではなく、実は、愛国派の日本官僚集団の攻略でしょう。現在、日本の官僚トップ集団の一部で親米化は実現していますが、愛国派官僚もまだ相当数、潜在していると思われます。

 2006116日、東京地検特捜部によるライブドアへの強制捜査は小泉政権への打撃を織り込み済みで実行されており、米国覇権主義者の対日攻略に対する、愛国派日本官僚の反撃とみなせないこともありません。一方、2006322日発表の、日本政府の資産売却計画は、米国覇権主義者が、小泉親米政権を介して、日本官僚の既得権益の奪取を開始した兆候とみなせないこともありません。

 さて、日本国民は今後、売国的な小泉・前原親米派を応援すればよいのでしょうか、それとも、米国覇権主義者による巧妙な対日攻略に抵抗する愛国派の政治家や官僚を応援すればよいのでしょうか。前者を応援すれば、日本はいったん崩壊する危険が大です。しかしながら、後者を応援したからといって、日本国民が救われるとは限りません。米国覇権主義者に抵抗する愛国派の本質は、国民の利益を守るためではなく、所詮、勝ち組の彼らの既得権益の死守にすぎない、という側面が潜むのを否定できないからです。したがって、小泉 親米党が日本政府の資産を売却しようとしまいと、どっちにころんでも日本国民は「抑圧の委譲」によって犠牲にされることに変わりありません。要するに、最後のツケはすべて国民に回されるでしょう。

 

4.甘くない日米関係

 2006312日、山口県岩国市で米軍基地再編をめぐる住民投票が行われ、日本国民が米軍の日本駐留に本音では強く反対していることが露見しました。そこですかさず、316日、シーファー米国大使が、横田めぐみさんの拉致された現場視察を行い、日本国民の反米化傾斜に待ったをかけました。米国覇権主義者の見事な采配です。彼らは、日本国民が米国覇権主義者の魂胆に気づくのを何より恐れていることの証です。日本国民が能天気でいてくれれば、日本と戦争せずに、日本が保有する4兆ドル相当の米国債権を奪取できるからです。ケネディ暗殺すら厭わない非情な米国覇権主義者とて、できるなら日本国民を殺したくはないのです。戦前の日本のように、彼らに徹底的に抵抗すれば、わけなく戦争にまで発展するでしょう。

 たとえば2006318日、マイク・ジョハンズ米国農務長官が、日本が米国産牛肉輸入の再開をしないなら、とんでもないことが起きると恐喝的声明を出しました。この発言は要注意です。日本の愛国派農林官僚が徹底的に抵抗すれば、米国は対抗措置として、日本の自動車メーカーや電機メーカーの米国内ビジネスに深刻な打撃を加えるでしょう。日米関係は決して甘くない。この点をすべての日本国民は深く認識すべきです。

 ところで、米国においてプロのスポーツゲームは一種の擬似暴力と位置づけられています。とりわけプロ野球は、低所得者層や虐げられたマイノリティの暴動を防止する安全弁とみなされています。WBC(World Baseball Classic)は環太平洋地域での米国のヘゲモニーを既成事実化するために米国覇権主義者が企画したのでしょうが、その意図に反して、日本の王ジャパンが奇跡の優勝を成し遂げました。変わり身の早い彼らは、早速、ニューヨークタイムズ2006322日号に祝勝日本ヨイショの全面広告を掲載しているそうです。米国覇権主義者は、国内におけるマイノリティのマインドコントロールと同じ感覚で、WBCでの日本優勝を、日本国民のマインドコントロールに早速、利用しています。プロ野球世界一と日本国民が能天気で喜んでい る間も、米国覇権主義者は常に冷静に計算して対応してきます。

 

注1:森田実日記

http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/

注2:ベンチャー革命No.89「親米党と愛国党の対立軸の提案」2004623

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/mvr089.htm

注3:えひめ丸事件

http://www.shinnihon-net.co.jp/catalog/product_info.php?products_id=1584

注4:ベンチャー革命No.187「堀江メール事件:民主党若手の少年探偵団ごっこ?」2006226

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 

山本尚利(ヤマモトヒサトシ)

hisa_yamamoto@mug.biglobe.ne.jp

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/magazine-menus.htm