自己紹介



ハンドル
さるぷー。
このちょっとふざけたハンドルの由来は、学生時代にサークルの会報用に書いた四コマ漫画「さるぷー」にある。

趣味

パソコン。
パソコンとは長いつき合いになる。知る人ぞ知る、MSXユーザーだった。(MSXネタだったら、かなりついていけるので、掲示板でふってみてください。)
そのころは、プログラミングなんぞもしていた。BASIC、マシン語。今はとんとやってません。
最近LINUXを使いだし、常時接続環境になったので、ホームページを作ってみようと思い立ってこのページができて来ている。

ゲーム。
これまでのゲーム人生(?)において、最高作が、chun softの、「かまいたちの夜」だ。私は、スーファミでやった。何を血迷ったのか、気分を盛り上げていこうと、部屋の電器を消して、ヘッドホンをつけてやったのだ。あのときの恐怖といったら。「ゲームをしたことが無い人も、ミステリー好きならばあのゲームはやっとけ。」と、声を大にしていいたい。
最近はあまりゲームをしてない。特に、チンタラ長いだけのゲームをする気力は無くなってしまった。

読書(主にミステリー)。
むかしから、本ばっかり読んでいたが、最近の(ちょっと前だが)ヒット作は、貴志裕介の、「クリムゾンの迷宮」角川ホラー。とある地におりたった数人の男女が、救われない殺しあいのサバイバルゲームをするという話だ。恐い。バトルロワイヤルも面白かったが、こちらのほうが上だと思う。貴志裕介の本は全部面白い。面白い順に、「クリムゾンの迷宮」「十三番目の人格-ISOLA」「黒い家」「天使のさえずり」「青の炎」
最近読んだ漫画のヒット作は、「ヒカルの碁」。ものすごくいい。15巻を読んで涙が止まらなかった。
 

戻る