このページの趣旨

 敷居が高いといわれるリナックスですが、最近になって、インストーラーのGUI化や、話題性とともに、リナックスをとりあえずインストールしてみるという人がいるのではないかと思います。
 しかし、私も含めて、インストールしてみたものの、どうも使い方が分からない。うまく動かないという人が多いのではないかと思います。
  世の中には、多くのリナックスユーザーのための、すばらしいホームページが存在しますが、そういったページを活用する段階にも至らない人達のために、同レベルの私が、ちょっとずつ話題を提供していこうと思います。
  一応、インストールについては、本屋にいけば、インストールガイドといった本が乱立していると思うので(というか、そればっかし)、インストールについてはこれ以上は書かず、インストールができた人を対象にしていこうと思います。もちろん、こちらからはそういったことは書かないということで、このページを訪れた人が質問などをすることは構いません。

 私が使っているのは、redhat linux 7.2 です(理由は、本屋さんにあったのがそれだったから(笑))。ワークステーションでインストールしました。それ以外のディストリビューションを使っている人は、微妙に違ってくるかもしれません。
 > redhat linux 7.3に、バージョンアップしました。
 

 CPUは、celelonの、500メガヘルツ。メモリは、320メガ。ハードディスクは、リナックスには、3ギガ。ウインドウズ98との、デュアルブート環境。
 ページの作成は、htmlタグの直接編集と、ネットスケープコンポーザーの、両使用。ページの閲覧は、galeonを基本としています。
 
 

リナックスについての私の考え

 リナックスって何?と言う人も多いかと思いますが、私はあえて、windowsやmachintoshと同じOSの一つだよと簡単に答えたいと思います。
 確かに、リナックスは、サーバーのための機能に強いOSという特徴がありますが、それを、ゲームや音楽だけに使っても、何ら悪いことではないと思います。むしろ、オープンソースのOSとして、これから、サーバー以外でも、デスクトップの標準OSとなることを私は期待しています。
 次々と新しいOSを出すたびに、何万円も支出が必要なOSがある一方で、ひと世代前のパソコンでも利用ができる、原則として無料なOSがあってもいいじゃないですか。
 もしも、これからリナックスがデスクトップOSとして広まって、サーバーOSとして不適切になって来たとしても、そのときはそのときで、サーバーのためのリナックスという専門的なOSが生き残っていくだろうと思います。だから、私は、敢えてリナックスをゲーム、音楽、お絵書き(?)といった俗物的な事のために使っていきたいと思っています。(ただ、将来は、サーバーとしても活用はしていきたいと思っていますが)
 
 

注意事項

 このページは、リナックスの初心者が書いたものなので、当然誤字脱字のみならず、いろいろな間違いが存在すると思います。このページから得た情報を実践するときは、バックアップをとるなどして不測の事態に備えて、自己責任でお願い致します。また、もしも、間違いや、古くなった情報にお気づきになられたら、メールや、掲示板にてお知らせくださると嬉しいです。
 また、このページは(もしもリンクをしてくださるというかたがいらっしゃったらですが)、リンクを自由にしてくださって結構です。連絡をしていただけると嬉しいですが、無くても結構です。ただ、私はリンク元の内容に付いても責任を負いません。

バナーは、
200*40
88*31
を、お使いください。

管理人:さるぷー

戻る