のんびりlinux

linuxで、webゲーム



 市販されているゲームや、雑誌についているゲームは、残念ながら、ほとんどがwindows専用になっています。linuxにも、遊べるゲームが最初からついてないわけではないですが、物足りないと感じる人もいるでしょう。それがもとでlinuxから離れていくのは残念です。
 しかし、ブラウザから楽しめるwebゲームなら、OSに関係なく楽しめるのではないか(ただwebゲームは、常時接続環境でないとつらいですが)と思い、私がチャレンジしてみたwebゲームを報告致します。使っているブラウザは、galeonですが、mozillaやnetscapeでも基本的に問題無いと思います。
 
 

聖石大戦

 やはり、ゲーム好きならば、RPGをやってみたいと思うもの!ということで、お手軽にできるRPGを御紹介。
 まずは、トップページから一通り説明を読んで、参加登録へ。ウェブケームには、メールアドレスが必要な場合が多いので、公開しても良いメールアドレスを持ってない人は、フリーのメールアドレスを取得しておくことが必要です。
 参加名は、「さるぷー」で登録。linuxでは、もしかしたら文字化けする可能性があるが、実験の意味も兼ねて、平仮名を使った。他のウェブゲームをするときは、心配な人は、半角英数で登録したほうが良い。BGMをならすという設定は、OFFにする。「IEとDCをお使いの方のみ有効」と書いてるし。(しかし、DCって何だろう。)(DCはドリームキャストのこと)。
 BGMも鳴らさないということなので、このゲームは、プラグインの必要もなくできる。ほんとお手軽。途中で、javaかなんかのプラグインのインストールを求めるダイアログが出るかも知れないが、ゲームにはプラグインは必要無いので、インストールの必要は無い。
 届いたメールの、ユーザーIDと、パスワードを使ってなんなくログイン、ゲームもできた。

序盤のプレイ

とりあえず、町にはいって、酒場で自己紹介。「はじめまして、linux でやってます。」と。
 しかし、何をしようか。もうちょっとゲームの説明を見てからログインすれば良かったと思いつつ、町の回りを歩いていると、敵に遭遇。あっけ無くやられてしまった
 死んでも、お金を持ってかれるだけで、そのままプレイできる。とりあえず宿屋に戻る。スイートに止まってもただなんて親切。
 このゲームは、町を他のプレイヤーが経営している。他の町にいって、道具屋に入ってみて気づいたが、道具の値段が違う。しかも、買値より売値のほうが高いものがある!?良く分からないけど、ちょっとだけ売り買いをしてお金を上げ、棍棒を買って装備。
 敵が出てきたが、今度は何とか勝利。お金がかなり入ったので、また道具屋で装備を少しずつ充実させていく。
 最初のレベルアップはすぐだった。レベルアップも町でするシステムになっている。そろそろ遠出してみようか...。
 
 

 御紹介するのは、「ReFlash time」という、クールなページです。リナックスでフラッシュのページで、フラッシュを導入したら、このページの「ゲームタイム」で遊んでみよう! (このページがリンクしているFLASHムービーのページもクール!)
 このゲームは、ユーザー登録などは一切いらない。超気軽にできます。
 今回遊んだのは、「TAIMAN BOARDERS」という、カードゲームだ。1対1の対戦形式。カードを出して、技をきめて相手のHPを0にしたほうが勝ち。ルールをのみこんだらかなり遊べる。

序盤のプレイ

 最初はトリックカードを5枚しか持ってないので、トリックカードは選べない。そのままNEXT。「ジャンプカード」は、相手がグラブ系なので、ノーマルのトリックカードをたくさん持っているとふんで、逆にこっちは、グラブ系を2減らし、スピン系とフリップ系に1ずつ加えた。
 いよいよ対戦。ジャンプカードを引くと、ハイだったので、バックフリップに挑戦。見事成功。40ポイントのダメージを与えた。いえーい。


galeonでのゲーム画面。きれいでしょ。

 相手の攻撃の番。思った通りノーマルのリーンエア。ダメージ半分。やりーー。
 スクリーンショットその2

 自分のターン。ここで一気に勝負を決めにいく。ロングの180度でジエンド。
 スクリーンショットその3

 よっしゃこの調子でどんどんいくぞ!
 

戻る