ランダムリンク・ランダムギャラリー(確率設定版)

 リロードするたびに違うリンク先・画像がランダムに表示されます。変数を変えることで選択肢の出現確率を決めることができます。
 サンプルではリンク先も設定していますが、imgタグのみにすればランダムギャラリーになります。




押してみて

(画像は「牛飼いとアイコンの部屋」からお借りしました)


HEADタグの中に記入
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
var max = 5; //表示数設定
var ban;

link = new Array(max);
link[0] = '<A href="jump1.html"><img src="banana.gif" alt="ばなな" border="0"></A>';
link[1] = '<A href="jump2.html"><img src="muscut.gif" alt="ますかっと" border="0"></A>';
link[2] = '<A href="jump3.html"><img src="pine.gif" alt="ぱいなっぷる" border="0"></A>';
link[3] = '<A href="jump4.html"><img src="tomato.gif" alt="とまと" border="0"></A>';
link[4] = '<A href="jump5.html">画像なしもOK</A>';

function links(){
num = Math.random();
if(num<0.4){ban = 0;}
else if(num>= 0.4 && num<0.65){ban = 1;}
else if(num>=0.65 && num<0.85){ban = 2;}
else if(num>=0.85 && num<0.95){ban = 3;}
else{ban = 4;}
document.write(link[ban]);
}
//-->
</SCRIPT>
配列を0から連番で作成。タグは普通のHTMLと同じように自由に書いてください
if(num>=** && num<**)の部分で、0から1の範囲内で出現確率を設定してください。
サンプルでは、リンク1=40%、リンク2=25%、リンク3=20%、リンク4=10%、リンク5=5%に設定してあります。


BODYのリンク・画像を表示したいところへ挿入
<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
links();
//-->
</SCRIPT>



BACK