BTRONプログラミング課外授業

【最近の更新情報】
・簡易文章編集を追加。('02/04/10)
・バイナリダンプの.bzファイルと付箋を詰め直して追加。('02/03/27)
・バイナリダンプを追加。('02/03/24)
・このページを作成。('02/03/24)


● はじめに

このページの内容は超漢字開発環境についてある程度知識のある人を対象にしています。
またmake環境は超漢字セルフ開発環境用のものです。(超漢字3 ucli環境で確認)

make の際に .k ファイルを .c ファイルに変換する。mkp という perlスクリプトを 使いますのでこのmkp.txt(387バイト)をダウンロードし 名前を mkp に変更し $(BD)/etc の下に置いてください。
(mkp は自由に利用/修正/配布して結構です。連絡もいりません。)

「BTRONプログラミング道場」「超漢字プログラミング道場」とも、連載の サンプルプログラムのソースの取り扱いは、以下のようになっています。

| 連載のサンプルプログラムのソースは、全部または一部を複写した
| り、改造したり、配布したりすることができます(内容までは保証され
| ませんので、ご注意ください)。みなさんが作成するアプリケーション
| などで、自由に利用していただいて構いません。配布などの際にも、
| 著作権表示等は必要ありません。ただし、この記事そのものなど、サ
| ンプルプログラム以外のものについては、無断で配布等はおこなわな
| いでください。個人の範囲を超えて利用する場合には、TRONWARE編集
| 部(tronware@personal-media.co.jp)にお問い合わせください。

このページのソースも同じ取り扱いとします。

● 超漢字で動かすために行なった修正

・ソースの修正した場所にはどこを修正したすぐわかるように #if 0 /* @@@ */, #else /* @@@ */, #endif /* @@@ */ が入っています。
・修正量が少なくてすむように #define WORD W 的方法をとっています。


● バイナリダンプ

「BTRONプログラミング道場」第5回、6回、7回(TRONWARE Vol 38,39,40)で取り上げられたバイナリダンプを超漢字で動くようにしたものです。

ソースおよびmake環境prac05b.tgz(7,330バイト)。
実用にも役立ちそうなのでソースとは別に .bzファイルと付箋も置いておきます。書庫bdump_bpk.bin(8,835バイト)。


● 簡易文章編集

「BTRONプログラミング道場」第25回、26回(TRONWARE Vol 60,61)で取り上げられた簡易文章編集を超漢字で動くようにしたものです。このエディタは機能付箋をおける点が興味深いです。
このエディタは(オリジナルから)実験レベルのもので実用レベルではありません。添付されているノートはこちらです。

ソースおよびmake環境textedit.tgz(24,711バイト)。
これはBTRONのフリーソフトウェアから入手したソースをもとにしています。この版はTRONWAREに載っていたそのものではなく改良版のようです

この中のfile.kを次のfile_k.txt(6,311バイト)に置き換えると TAD文章ではなく UNIX/DOS系文章(レコードタイプ31番に文章が入っている)を編集の対象とします。これも実用レベルではありません。

今回の超漢字用の修正のうち PNT型からPOINT型への変更に関しては変更個所がかなり多かったので /* @@@ */ のコメントなしに修正しました。

【今後やりたいこと】(ただし本当にやるか、いつになるかはわかりません)
・オープンソースのエディタ(例えば ari)と組み合わせる。
・SKK内蔵にする。(仮身にも対応)