セルフ開発環境

とりあえず。

今回のソース。 simpleapp.cpp, simpleqpeapp.cpp, simpleqpeapp.desktop を 固めたもの。

まず dev_img-1.3 .

なんとなく cramfs がいやなので 母艦上で tar.gz にして samba でマイクロドライブへ。 mkdir /mnt/cf/Dev して展開(symlink でエラーあり)。 忘れないうちに swap を作っておく。

  dd if=/dev/zero of=/mnt/cf/swapfile
  mkswap /mnt/cf/swapfile
  swapon /mnt/cf/swapfile
なんかマイクロドライブがかさかさいってるけど気にしない。

/mnt/cf/Dev/bin/compiler_setup.sh の MOUNT_DIR を編集、実行。 hello world も通る。素晴しい。

Qt: simpleapp

  c++ -c -pipe -DQT_QWS_EBX -DQT_QWS_CUSTOM -DQWS -fno-exceptions -fno-rtti -Wall -W -DNO_DEBUG -I/opt/Qtopia/include simpleapp.cpp     
コンパイルオプションはよくわからないんで tmake の吐いたものを拾ってきた。
  c++ -o simpleapp simpleapp.o -L/opt/Qtopia/lib -lqpe -lqte
コンパイル、リンクに 30 秒、10 秒といったところ。 -lqpe しているのは(神木さんが書かれてた通り) 何故か QLibrary が libqte に無いため。

Qtopia: simpleqpeapp

ヘッダ をいれるだけ。

tar zxf include_qpe.tar.gz -C /opt/Qtopia/include
あとは同様。

moc とか uic とか tmake とかはまた今度。

RunIt

実用っぽいアプリも作ってみよう、ということで、 バイナリソース。 ((2002.12.25) ちょっと改良。 0.0.1 バイナリ ソース) Configure ボタンを押して各ボタンのラベルと 実行するスクリプトを指定します。 ただし、確実に終了するスクリプトでないと このアプリケーションもフリーズします。 多分ターミナルで killall runit とすればいいと思いますが、 初心者お断りと言っておきましょう。 ちなみに私は su -c 'swapon /mnt/cf/swapfile' とかやってます。 なんか役に立つ使い方ってあるかなあ。 そのうち引数も入力できるようにしようと思ってます。

ソースは、まあ何と言うか頑張って書きました。 dev_img には Qt のドキュメントも入ってます。 でも面倒臭くなってちょっとだけ PC 上でも見たかも。 コンパイルは

  source devel.sh
  cd RunIt
  make
このくらいのサイズなら運がよければ swap なしで コンパイルできる。警告が 2 回出たけど。 当然高速起動は全部切ってます。

今回の Makefile のポイント:

  -DQT_NO_DRAGANDDROP -DQT_NO_PROPERTIES                   

ipk の作成は、まず
  strip runit
  su
  cp -f runit /opt/Qtopia/bin/
  cp -f runit.desktop /opt/Qtopia/apps/Applications/
  cp -f RunIt.png /opt/Qtopia/pics                         
として、ちょっとだけ書き換えた mkipks を使う。
  mkipks runit.control                                     
面倒臭いのは事実です。