タイトル用猫画像

   「watanabeyusuke's Page」タイトル画像
   2004/01/03 更新






雑文

 コ ラ ム ・ 評 論
現代社会に渦巻く、闇と混沌について考察。
モラルの拠り所
 "モラルに()る"という表現は、インモラルな管理者が管理手法を考案するのが面倒になったときに、管理放棄の責任転嫁の口実としてよく使う表現である。
2003/12/26

竹槍でB29爆撃機が落とせるか

 言うまでもなく、落とせない。昔の人も馬鹿じゃない。
 昔の人は竹槍でB29爆撃機を撃ち落とそうとしたとかいう話を本気で信じている人は、昔の人を馬鹿にしすぎだ。
2003/08/18

(日記) 空白の削除

 いつの間にか"
復元"(ゴミ箱から削除したファイルを復元するWindows用フリーソフト)がWindows NT/2000 (NTFS)に対応していた。

*

 削除で思い出したが、"誤って削除"よりも、"誤って上書き保存"の方が危険であることが多い。"誤って削除"なら復元ソフトを使えば復元できるかもしれないが、上書き保存の場合は同時に更新前のデータの上に上書きされるため、復元の見込みが薄い。しかも、上書き保存は編集作業中のキーボードショートカット操作で安易に、むしろ無意識に実行してしまいがちである。

 この事故に対してはアプリケーション側でフェールセーフな対策を施す事が可能である。方法として、例えば、上書き保存時には直接元のファイルに上書きする前に、まず元のファイルのバックアップをとってから上書きするなどの断衝処理を入れれば良い。複数世代のバックアップがとれると尚良い。

 この機能の実装自体は難しくない。問題なのは、一般にこの事故の脅威が大して認知されていないことである。だから、アプリケーション開発者は実装しようと思いつかないし、ユーザも要望を出さない。
 存在している事象を"存在している"と認知することは比較的容易である。しかし、存在していない事象を"存在していない"と認知する事は常人には難しい。
 常人に出来ることは、唯一、存在していないことによって生ずる存在を認知し、それをもって、存在していない事象の存在を類推するのみである。

----
 OS(ファイルシステム)レベルや(MFCなどの)開発用ライブラリレベルでこの機能が提供されるといいな。
2003/05/20

AltIMEのマイナー機能「クリップボードのLIFOスタック化」

 
AltIMEの機能の一つで、非常に便利だがあまり知られていないと思われる機能を紹介してみる。(以下、マニュアルより抜粋
 他のアプリケーション上でAlt+Shift+Insを押すとクリップボードの内容が貼り付け られ、履歴から削除されます。これを使うとクリップボード履歴をLIFOスタックとして 使用できます。
 秀丸の「追加切り取り」、「追加コピー」はスタック操作の「プッシュ」のみ実現していたが、AltIMEのこの機能は「プッシュ & ポップ」を実現する完全なスタックとして使える。
2002/12/07
-----
 秀丸でも「張り付け + 履歴戻し」で「ポップ」ができたことに今気付いた。
2003/01/11 訂正

フェールアウトなガスコンロのナゾ

 未だに非フェールセーフなガスコンロが販売されている理由がわからない。タイマーくらい簡単に付けられそうなものだが、何故かついていない。この裏には、何か素人には想像もつかない理由でも隠されているのではないか、と勘ぐってしまう。
2002/08/27

watanabe式高額懸賞必勝法(PAT.P)(マスコミは教えてくれない編)

 これは世間一般に大々的に発表するには、社会的影響があまりに大きすぎるので小さく書く。

 ここだけの話だが、雑誌などで見かける「モニター募集」は事実上「読者プレゼント」と同義であることがよくある。いわゆる懸賞法か何かの都合で、高価なモノはプレゼントしてはいけないらしく、形式的にモニターという事にしておくようだ。これに当選した場合、出版社からモノだけ送られてきて、レポート提出の要請はいつまで経っても来ない。この手のモニター募集はレポートをするのが面倒なので応募しない人が多いから、高価なモノがもられる割にかなり当選確率が高く、狙い目である。
 もちろん、本当にレポートを書かされる場合もあるので、書く気がないのなら応募すべきではないということは一応断っておく。
2002/04/30

テトリスの意味

 テト = tetra:4つの
 リス = lith(lithografの略):石版
 ようするに『2001年宇宙の旅』でおなじみのモノリスと同じ構造の言葉である。実は今頃気付いた筆者であった。
2002/04/18

三村つっこみの再帰性について

 A君:テロリストかと思ったらテトリスだった。
 B君:テトリスかよっ!
 A君:テトリスかよかよっ!
 B君:テトリスかよかよかよっ!
 A君:テトリスかよかよかよかよっ!!
 B君:テトリスかよかよかよかよかよっ!、か、かよっ?
 A君:一回多い。
 B君:ゴメン。
2002/04/18

日本の靴メーカーが米国で発売する靴のサイズはcm表示か

 日本人の平均的な足形と米国人のそれとは大きな違いがある。一部の気の利く海外メーカーは、日本に出荷する分は日本人向けの足形を使って製作しているが、多くの海外(特に米国)のメーカーは国内外関係なしに同じ製品を出荷していることが多い。
 海外メーカーは日本人の足に合わないことがわかっている(彼らもプロだ)のに、そのまま出荷するのは自動車に例えるならば左ハンドル車をそのまま日本に輸出する事と同じで、ようするに日本人をナメているのである。
2002/03/13

校則再考

 筆者が中学生の頃を思い出すと、愛情と思慮にあふれた素晴らしい校則があったものである。

 一つ例を挙げると、「マフラー着用禁止」。理由は引っかかって首が締まる危険性があるから、とかどうとか聞いたことがある。成る程、生徒の安全を第一に考えた素晴らしい校則である。
 どうせなら「教室のドアは閉めてはならない」も追加してもらいたい。理由は、ドアを閉めるときに手を挟んでケガをする危険があるから、である。
 その代わり、冬は生徒が寒い思いをするかもしれないが、生徒の安全には引き替えられない。
2002/02/18

キムチ風たくあんをキムタクと略していいか

 コンピュータを使っているとよく行う操作に「コピー&ペースト」というものがある。これを略して「コピペ」と呼ぶが、似たような操作である「カット&ペースト」を同じように略すと「カトペ」となり、加藤茶氏のギャグである「カトちゃんぺ」を略しているように聞こえる。
2002/02/04

人間は自分の損になると思ったことをすることができるか

 「人間は自分の損になると思ったことをすることができるか」。これは意外と結構考えてみないとわからない。自分で自分を殴ってみるなど簡単に実験できそうなものだが、それをやってしまうとこの命題の答えを知ることができるという重大な「得」をしてしまうので損する事にならない。だから実験をするなら、この命題を知らない者を観察することによって行うしかない。

 続く。
2002/01/30

INDEX  - バックナンバ
 注:netscape6ではリンクになりません。本文はスクロールしていくとあります。

● (日記) モラルの拠り所  NEW 2003/12/26
● (日記) 空白の削除  NEW 2002/05/20
● AltIMEのマイナー機能「クリップボードのLIFOスタック化」  NEW 2002/12/07
● フェールアウトなガスコンロのナゾ  NEW 2002/08/27
● (日記)社会思想社倒産  NEW 2002/06/30
● watanabe式高額懸賞必勝法(PAT.P)(マスコミは教えてくれない編)  NEW 2002/04/29
● テトリスの意味  NEW 2002/04/18
● 三村つっこみの再帰性について  NEW 2002/04/18
● 日本の靴メーカーが米国で発売する靴のサイズはcm表示か  NEW 2002/03/13
● 校則再考  NEW 2002/02/18
● キムチ風たくあんをキムタクと略していいか  NEW 2002/02/04
● 人間は自分の損になると思ったことをすることができるか  NEW 2002/01/30
● 今日の雑学(島の面積編)
● 羊の数を数えるよりも
● 眠れないときに羊の数を数えるのはなぜか
● 巳年の丑のナゾ
● 季節先取り予言(2001年冬編)
● 雪がとけたら水爆になるか
● ないものねだり
● (日記)無洗米使用感
● 米に関する予言
● 予言入門 〜 的中率100%への道 〜
● タバコの煙と屁の違い
● 喫煙と放屁の違い
● 便利サイトリンク(GIF編)
● (日記)この世には似た顔の人が3人はいるか
● サイババ的ゆとり教育手法(PAT.P.)(無から有は生まれるか編)
● watanabeyusuke式ジャンケン必勝法(PAT.P.) :夏休み準備特大号
● グーピーパー
● 秀逸なカップラーデザインに見るミズホ通信の精神性
● 駄洒落の麻雀的定量評価手法(PAT.P.)
● 理系人間は論理羊の夢をみるか(良く言えばカントのリゴリズム編)
● 格言リンク
● (日記)マウスポインタの大きさ
● (日記)日本橋探訪(フェラーリ編)
● テディベア再考
● リンクフリーを捨てて
● 焼きそばはホントに蕎麦か
● ギャンブラー適性検査
● 給食のソフト麺の正体
● 今日の雑学(ローマ字編)
● (日記)エリソンの予言
● たまにはITな予言
● 消費者金融のポケットティシュ考(絵柄の意味を考える編)
● 消費者金融のポケットティシュ考(上には上がいる編)
● 消費者金融のポケットティシュ考(歴史検証編)
● totoくじの未来を考える(この世には似た考えの人が3人はいる編)
● 絵の無い漫画のナゾ(折原みとは実はエンジニアか編)
● この世には似た声の人が3人はいるか
● 正しい女性の口説きかた。
● π:円周率再考
● このページの作者が利用したPCショップはつぶれる説
● 人はなぜ「気まずい」と思うか
● 消費者金融のポケットティシュ考
● 平等の国
● 日本に一機しかない信号機
● 「便所」→「トイレ」→「トワレッテ」
● 「仕事と私のどっちが大事なのよっ!!」
● なぜ銀メダリストは銅〜よりうれしそうでないか
● 公衆トワレッテの和式便器のレバーの正しい引き方
● ベンザブロックのCM
● ネットビジネスのカンブリア紀は終わった!
● おすすめメルマガ
● 飯を盛る食器は"茶碗"でいいのか
● 自由の国
● 自転車同士ですれ違うときは左右どっちによけるべきか
● totoくじの未来を考える
● 朝ちゃんと起きるコツ
● ゆめのいろ
● 夢の限界
● 現国の点の取り方
● ほのぼの君
● 輸入キャラクターについて
● 「逆オークション」が示唆する可能性
● 「逆オークション」が示唆する可能性 その2
● 国民の文化レベル向上に大いなる驚異
● 「ウェブブラウジング」のことを「インターネットをする」ということに反対、に反対
● 「ウェブページをホームページと呼ぶことに反対」に反対
● 書評

一発ネタ
● 「バナナはおやつに入りますか」「入りません」
● ガレ展
● 玉葱の正しい切り方
● 「ベルリンの壁」がこういう場所にあったと思ってたヤツ!
● エレベーターに乗って「何かいですか?」と聞かれたときの応答法。

考察・批判
● ユーザインタフェース再考(デジタル時計編)  NEW 2002/04/18
● ユーザインタフェース再考(目覚まし時計編)  NEW 2002/04/16
● 一度自然に落ちた視力が元に戻ることはあるか  NEW 2002/04/02
● 名前という名前の呪文  NEW 2002/01/08
● 名前という名前の呪文(省略編)  NEW 2002/01/16
● 身長190cmの人に「チビ」と言って怒らせることができるか
● 鶏が先か卵が先か
● 予言者入門 〜 滅びの道を歩まないために 〜
● 受動者の優先
● 電車内での携帯電話使用の権利
● 対人用ノイズ除去フィルター
● 健康派キーボード&マウス
● テロに対する武力による反撃の正当性を論じることの正当性を論じる
● 募金詐欺の偽善
● 批判のコンフリクトモデル的定量評価手法(簡易版)
● 花粉症者は結束の時か(時代は追い風編)
● 林業者の危機管理を考える
● 日本で最もわかりづらいインタフェース
● (日記)近鉄アーバンライナーはホントにノンストップか(2度あることは3度あるか編)
● 人間の法則
● 形骸化した携帯電話使用に関する電車内アナウンス
● 電車内で携帯電話は使用しても良いハズ
● セコい名鉄の新名古屋駅のナゾ
● セコい名古屋の地下鉄のナゾ
● セコい大阪の地下鉄のナゾ
● 便器の無いトワレッテのナゾ
● 絵の無い漫画のナゾ
● トワレッテの手洗い場のナゾ
● 洗濯物・とりこみ後の靴下
● 高校生がタバコを吸いたがる理由

ゴミ箱
● 今日の雑学(NHKは国営放送か編)  NEW 2002/04/30
● タイムマシンにおける座標決定計算の困難性について  NEW 2002/02/04
Éclairエクレール
● ネズミ講必勝法
● 上手な鉄砲、数撃ちゃ外れる
● セキュリティに関する予言(鍵錠編)
● (日記)MaxPoint MX-106が直った話
● (日記)CDプレイヤーが直った話
● (日記)PC98の電源が入らないのが直った話
● 人はバナーを10回クリックする前に寿命が尽きる
● コンビニエンスストアーは軟弱か
● (日記)休止状態に入れないのが直った話
● スズメバチにさされたらトワレッテへ?(無知の罪編)
● カツでホントに勝てるか
● スクリーンセイバー再考
● ディスプレイの色温度調整のススメ
● 子供と遊ぶ
● オーディオマニアの悲壮
● 自分の血液型を知らない人は献血するとよいかも
● 簡単にCPU使用率を100%にする方法(Windows2000編)
● ビデオボードの進化の行方
● ビデオボードかビデオカードかアクセラレータかアリスか
● 「製品の品質の差というのは品質が高くなればなるほど、指数関数的にその価値は増大する」
  「性能/価格比が最も高い製品こそが得てして実用レベルのローエンドなのである」

● (日記)#9の亡霊
● 大阪の駅はこんなんや(鶴橋編)
● 近鉄特急のWEB予約は便利そうでそうでもない
● (日記)近鉄アーバンライナーはホントにノンストップか
● 万物を無料にする方法!!


今日の雑学(島の面積編)

面積(km2
グレートブリテン島(英)217,800
本州(日)227,895

 日本の本州が予想以上に広いと思った、というだけの話。
2001/12/17

羊の数を数えるよりも

 読売テレビ系の番組「特命リサーチ200X」には睡眠導入作用がある気がする。
2001/11/24

眠れないときに羊の数を数えるのはなぜか

 sheep(羊)とsleep(眠る)をかけているのだろう。だから日本語で羊を数えても仕方がない。かと言って、英語で数えても眠れるとはとても思えない。ということはこれは英国人一流のジョークなのだろうか。

ルーシー「私、最近眠れないの」
ジョン「そういうときは羊の数を数えるといいよ」
ルーシー「どうして?」
ジョン「one sheep, two・・・(略)・・・sleep、ばんざーい!」
ルーシー「あはは・・・」
 英語でもかなりサブイが、日本語ではシャレでも何でもないのにこれだけ広めてしまった日本人も重症である。
2001/11/24

巳年の丑のナゾ

 2001年はうし年でもないのに、"狂牛病"、"近鉄バファローズリーグ優勝"、"
吉野家牛丼280円"、"ゲートウェイ(PCメーカー)の日本撤退"、と牛の当たり年だった。これで、年末あたりに"モー娘。"に一騒ぎあると完璧カモ。(?)

---
 雪印はフライングで去年。
2001/11/19
-----
*後日談*
 読売テレビ系の番組『秘密の爆笑大問題』(2001/12/03放送)でこれとほぼ同じ話題が出た。さすがにゲートウェイの名は出なかったが、それ以外は太田の「モー娘。」のオチまで同じだった。人間、似たようなことを考えるものである。
追記:2001/12/04
-----
*後後日談*
 雪印はフライングで去年、と書いたが2001年をまたいでまたやってくれた。
追記:2002/02/04

季節先取り予言(2001年冬編)

 今年の冬は、「他人と同時に鼻をすすって気まずい思いをする風邪気味の人がのべ1千万人を超える」
2001/11/16

雪がとけたら水爆になるか

 一般に、「雪がとけたら何になるか」という問いの模範解答は「春になる」というものである。それではオリジナリティのかけらもないので、もうちょっと踏み込んで考えてみる。
  1. まず、雪(氷)を加熱すると、固体から液体(水)になる。
  2. 水をさらに加熱すると、液体から気体(水蒸気)になる。
  3. 水蒸気をさらに加熱すると、電子が原子核から離れて、電子とイオンの集合(プラズマ)になる。
  4. プラズマをさらに加熱すると(1億度くらい)、静電気力により反発しあっていたプラスの電荷をもつイオンが加速され、衝突を起こす。
  5. 核融合が起こる。
  6. 核融合によって減じた質量が他のエネルギーに変換される。
 結論:「雪がとけたらエネルギーになる」

 以上。かなり誤魔化しが入っている。現状で応用が期待される核融合反応は重水素と三重水素の反応(D-T反応)や、重水素と重水素の反応(D-D反応)あたりだが、重水素は水を構成する水素に含まれるが(難しくはないが)分離操作が必要であり、三重水素は天然には存在しないので、リチウム等から生成しなければならない。
 核融合が起こるとエネルギー以外に、中性子に加えてヘリウムもできる(D-T反応の場合)。

 核融合を「とける」とするのは無理があると言われたらおしまいな話ではある。
2001/11/16

ないものねだり

 上の続き。

 重水素と三重水素が計1グラム核融合すると、石油8トン分のエネルギーが得られる。海水など水から得られる水素から、公害を出さずに大量のエネルギーが取り出せる(推進派の売り文句)という、一種のロマンスである。ロシア(ソ連)が不凍港を求めたように、日本もまたエネルギーを求めるのである。(国の予算のつき方を見よ)

 核融合炉は100年後に実用化されるか、太陽光など他のエネルギー資源利用技術の発達により見捨てられるかはわからない。ただ今「原発反対」と叫ぶよりは、核融合炉実用化に協力する方が前向きではある。より良い代替案の提示も有効な非難の手法となり得るのである。

---
 実用化されたころには筆者はもう生きていなさそうなのが残念である。
2001/11/16

 ↓後で調べてみたら、特許関係などいろいろと疑惑が出てきたので無洗米に関するネタは取り消し。(2001/12/04)

(日記)無洗米使用感

 無洗米を買って食してみた。悪くない。通常米と比べて特に味に変わりはなく、見た目も変わらない。薬品を使ってぬかを取り去っているわけでもないので、健康にも問題なかろう。炊き方は水加減を多少多目にするとちょうど良いようだ。とぎ汁が出ないので自然環境にもよい(らしい)。

 研ぐ手間が省けるのに加え、これからの季節、冷たい水を触らなくても良いので助かりそうだ。

 価格は通常米より1割〜2割ほど高く、富山産新米コシヒカリ100%5kgで特価1,980円だった。価格差は利便性を考えると十分ペイするだろう。
2001/10/26

米に関する予言

 予言:「4年以内に無洗米の売上高が通常米のそれを上回る」

 自信があるので珍しく期限を限定した予言にした。
2001/10/26
---
 ネタ元は忘れたが、
WBSによると2001年時の無洗米のシェアは6.5%だそうだ。かなり大穴狙いな予言ではある。
追記:2001/11/26

予言入門 〜 的中率100%への道 〜

 予言は当たりはすれど絶対にハズレることがないものでなければならない。
 良い予言と悪い予言の例を挙げる。

良い予言の例:
 「次世代の洗濯機は"洗い"と"脱水"に加えて、"乾燥"まで全自動で行うようになる」

悪い予言の例:
 「2008年のオリンピックで"じゃんけん"が正式種目になる」

 良い例では"乾燥"まで全自動で行う機能を備えた洗濯機が発売された時点で当たりが確定となるが、逆にハズレが確定する要因は無い。"次世代"とはあいまいな表現であり、何をもって次世代が到来したか明確な判断がつかないので「ハズレ」と言われる時はいつまでたっても来ない。予言にとって都合の良い表現である。
 悪い例では、2008年のオリンピックが開催された時点で当たっていなければハズレが確定してしまう。

 期限を限定した予言は当てればデカイが、ハズせば予言者の評価を落とす。逆に期限をあいまいにした予言はそのリスクがほとんど無く、まずハズれない。だから期限をあいまいにした予言だけをすれば、的中数が増える一方で的中率は下がりようがない。(保留は増えるが。)

 つまりのところ、期限をあいまいにした予言はたくさんすればする程良いことになる。
2001/10/09

---
 乾燥までやってくれる洗濯機はもう15万円位で普通に売っているそうだ。予言でも何でもなかった。
追記:2001/11/15

タバコの煙と屁の違い

 タバコの煙はコロイドの粒子でできており、つまり個体の集まりだが、屁のガスは腸にたまった正真正銘のガスであり、つまり気体である。
2001/09/29

喫煙と放屁の違い

 「実のところ、人前で喫煙するという行為は、人前で屁をするという行為に極めて近い」
ヒィンカピー:哲学者

 だそうだ。
2001/09/29

便利サイトリンク(GIF編)

 今回は他サイトの紹介のみ。

 →
Uchi氏のサイト

 米UNiSYS社のLZW関連特許に抵触せずに、GIF画像を展開するSusieプラグインを公開しているサイト。
2001/09/14

(日記)この世には似た顔の人が3人はいるか

 最近、榎本温子かと思ったら安達由美もしくは観月ありさだったということが、よくある。
2001/08/18

サイババ的ゆとり教育手法(PAT.P.)(無から有は生まれるか編)

 現在の高校の授業時間は、一日につき50分*6時限で計300分である。これを60分*5時限の計300分にすれば、授業間の10分休み(名古屋圏で言う"放課")が一つ減るのでその分(10分)帰宅時間が早くなり、ゆとりができる。こうすると、総授業時間を減らさずに済むので学力の低下も無い。
2001/07/30

● watanabeyusuke式ジャンケン必勝法(PAT.P.)  (やや長文)

 ジャンケンは運ではない。ここでは誰にでもできるジャンケン必勝法について書く。
 これは禁忌である。世間の秩序を乱す恐れがある。よって、良識ある人しか読んではいけない。それ以外の者から本質を隠蔽するために、今回はワザと長文にした。
2001/07/14

グーピーパー

 ジャンケンのことをジャイケンという人はたぶん関東人。
 ジャンケンのチョキのことをピーという人はたぶん名古屋圏人。
 グーチョキパーというとアニゲでポン!という人はたぶんラジオ愛好家の関西人。
--
 (一部の人しかわからないネタで申し訳ない。数年前にそういう番組がMBSラジオ(大阪)で放送されていた。)
2001/07/14

秀逸なカップラーデザインに見るミズホ通信の精神性

ミズホ無線UZ-8DXのカップラー(ワニさん)画像  右の画像はミズホ通信社の中波(AMラジオ)用アンテナ・UZ-8DXのカップラーの写真である。中には結合コイルが入っており、主にラジオ本体の上に置いて使用する。

 説明書では「ワニさん」「可愛らしいワニ君のカップラー」などと呼称されている。
 サイズ(幅*高さ*奥行き):95*35*20mm  材質:天然木
2001/07/07

駄洒落の麻雀的定量評価手法(PAT.P.)

 駄洒落にも高級な駄洒落と低級な駄洒落(=親父ギャグ)があり、それを定量的に評価・区別できれば、「駄洒落=親父ギャグ」で一蹴されることもない。
 ここでは簡単に誰にでもできる駄洒落の定量評価手法として、麻雀を範とした手法を提案する。

翻数解説等
あいまい一致-1ふとんが
ふっとんだ
"っ"が入るなど厳密に一致しないもの。
ローカルルールで「音、もしくは筆記で一致すれば良し」としてもいい。(「ノートの音」、「葉書はガキ」など)
この役は役と言うより「鳴き」であり、翻を下げるものであるから極力使わない方がよい。
無駄文字無し1扉とビラ重なっている文字以外が出てこないもの。
単語の頭文字を"が", "と", "の","に", "わ(は)", "お(を)"などの助詞の類にすると作りやすい。
必ず完全一致と重複する。
複数一致1箸が橋の柱の
端を走った
重なる文字列が三つ以上あるもの。
必ず他の役と重複する。
他言語一致1本をやぶっく
(本を破く)
七対子のような例外的な役。
日本にはまだ使い手が少ないため、開拓の余地は大きい。ただ、田中麗奈のCMの「(騎士の格好で)入らナイト(だったか?)」やラジオ番組の「(夜の番組で)〜のがんばらナイト」など"ナイト"という単語は好んで使用されてきた歴史がある。
他の役との重複が難しいのが難点。左の例の場合はあいまい一致と合わせて役無しとなる。
前方一致1メジロが目白押し最も作りやすいと思われる基本的な役。
完全一致2カレーはカレーこれぞ王道。もう出尽くした感があるので3翻でもいいかもしれない。
後方一致3靴下を発掘した意外に完全一致より難しい。他に「タバコと下駄箱」(©極楽とんぼ加藤)など。
長文3アルミ缶の上に
あるミカン
5文字以上を長文とする。
他に「大学生の台がくせえ(臭い)」など。
回文役満トマトと的駄洒落を回文構造にすることは理論的に極めて困難であり、高度なアウフヘーベンが要求される。これはもはやレトリックであり、もう親父ギャグとは言わせない。
基本ルール:
 ・もし誰かが聞いたことのあるネタだったら、その場にいた人の中で聞いたことのある人の割合分だけ翻数は下がるとする。小数点以下は切り捨て。(恐らく「カレーはカレー」は常に「役無し」まで下がると思われる)
 ・下ネタは無条件で「役無し」。
 ・3文字以上のみ有効とする。2文字以下は「役無し」。(上の例は2文字のものもあるが3文字以上のものを思いつかないのでかんべんしてほしい)

 ☆ 用語解説 ☆
 「役」:ポーカーのスリーカードやフラッシュなどのようなものであり、麻雀では複数の役が重複できる。
 「翻数」:役の得点。当然、高度な役ほど翻数も高いが、翻数の低い役を複数重複させても翻数の合計は高くなる。

 というわけでこれだけで何が言いたいかは大体わかったと思う。麻雀を知らない人は隣の人にでも聞いて欲しい。
 もちろん、ここに掲載した手法による評価が駄洒落の全てではないことは一応断っておく。

 これはそのうち学会に発表するので転載・転用は禁ず。
2001/07/06

理系人間は論理羊の夢をみるか(良く言えばカントのリゴリズム編)

 「信ずる」という言葉は一般によく使用される言葉である。
 しかし、筆者はここ何年か、自分が何かを信じていると言った覚えがない。
 その理由を考えると、「信ずる」という言葉が「理解する」「認識する」という言葉から、それに必要な「根拠」を取り去った言葉のように思えてしまうからかもしれない。それから、「信ずる」とは、理系として使用するのが恥ずかしい言葉なのではないか、と考えるようになり自然とこの言葉と疎遠になったのだと思う。
---
 というか「思う」も同罪。
2001/07/03

格言リンク

 今回は他サイトの紹介のみ。

 →
先週までの格言 (フィンローダ氏のサイト内)

 リンク先に掲載されている格言とコメントを以下に一つ抜粋する。
1999-01-05
What's New:
1999-01-05: 更新日時を更新しました。

この格言は割と感動できます。筋は通っていると思う。NIFTY SERVEのボキャ天という噂もあったりする FPROGORG「ROM墓場からの声」より。
 筆者はかなり感動した。確かに筋は通っている。ただ、ボキャ天というかVOWな気もする。
2001/06/29

(日記)マウスポインタの大きさ

 何となくマウスポインタのサイズを「大きい」から「特大」に変えたらずいぶん見やすくなった。画面の解像度を1280*1024以上にして使用している方で「大きい」に設定している方は、一度「特大」を試してみる価値はあるかも。(筆者の老眼が進んできただけかもしれない)
2001/06/21

(日記)日本橋探訪(フェラーリ編)

 今日、初めて大阪・日本橋の10円ゲーセン「フェラーリ」に入った。
 1階はクレーンゲーム専門フロアーであるが、ここで「To Heart」の制服のコスプレをした女性店員の姿を発見した。一瞬、間違えて隣にできた「
とらのあな」に入ってしまったのかと思った。日本橋の秋葉原化を感じた一時であった。
2001/06/09

テディベア再考

 テディベアの「テディ」とは元米国大統領セオドア・ルーズベルトの愛称からとったものである。
 例のルーズベルトが小熊を撃たなかったエピソードを気に入られて命名されたようだが、あの話はどうも納得行かないところがある。あの話を聞いて、
 「撃つ気がないなら最初からハンティングなんかに行くなよ!
 と思ってしまったのは私だけではあるまい。
2001/06/08

リンクフリーを捨てて

 WEBページで「リンクフリー(LINK FREE)」といえば「リンクはご自由に」とかいった意味で使われる事が多い。ご存じのようにこれは和製英語?であり、英語としては意味が違ってくる。(「リンク無料」とか「リンク解放」というような意味だろうか)。

 というわけで、私は「リンクフリー」に代わる言葉として「リンクどうぞ」の使用を提唱している。短さ(簡略さ)において「リンクフリー」と同順、わずかに「リンク自由」には負けるが、「どうぞ」のほうが気遣いが見られて良い。

----
 と言うかWEBで一般に公開されているページへリンクするのにいちいち許可を求めるのもどうかと思うが。
2001/06/06

焼きそばはホントに蕎麦か

 そばは蕎麦粉が入っているからそばである。そう考えると、「焼きそば」は「焼き麺」にしたほうが自然ではないか? 中華そばも同様。
2001/06/04

● ギャンブラー適性検査  (短文)

 この問題の答えがわからない人はギャンブルをしないほうがいいかも。
2001/05/21

● 給食のソフト麺の正体  (短文)

 意外と知られていないソフト麺の誕生秘話。
2001/05/11

今日の雑学(ローマ字編)

 現在、日本で一般的に使用されているローマ字は"ヘボン式"と呼ばれるモノである。
 この"ヘボン"とは、ローマ字を日本に伝えた西洋の宣教師の名前だということはよく知られている。
 しかし、その"ヘボン"は現在で言う"ヘップバーン"を当時の感覚でカタカナ化したものであるということは意外と知られていない。
 事によっては『ローマの休日』もオードリー・ヘボンになっていたのカモ。
2001/05/11

(日記)エリソンの予言

 「世界丸見えテレビ特捜部」(2001/05/07放送)という読売テレビ系の番組で、
オラクルのラリー・エリソンがヨットの船長としてインタビューに答えているのを見た。死人が出たヨットレースに参加していた彼(日本びいきは有名)のヨットの名前は「SAYONARA」号だった。自分がサヨナラしていたら洒落にならなかったところである。

 (念のために断って置くが、自分じゃなければ洒落になると言っているわけではない)
2001/05/08

● たまにはITな予言  (短文)

 インターネットに関する分野で今後ますます発展するのはこの2つだ。
  1. iDC
  2. セキュリティ関連
2001/05/08

消費者金融のポケットティシュ考(絵柄の意味を考える編)

 下で紹介した3つの柄は全ての写真である。
 TVCMを見てもわかるように、この業界はイメージ向上に躍起であるから、これもその一環だとすると、に二つの業者の最適解が一致したことは十分考えられる。

 とりあえずこれは今後の研究課題にしておく。全てはサンプルが十分採れてからだ。 
2001/05/03

消費者金融のポケットティシュ考(上には上がいる編)

 消費者金融業者が街頭で配布しているポケットティシュについては、
以前一度書いている。そこでは「街頭配布用」と印字した意図について考察した。

消費者金融ポケットティシュ画像(写真)消費者金融ポケットティシュ画像(写真)の「街頭配布用」部分を拡大した画像(写真) ←2001年(愛知・金山街頭で入手)

 最近、他社のモノを入手したので追記しておく。こちらにも「街頭配布用」の文字列がみられる。

消費者金融ポケットティシュ画像(写真)2消費者金融ポケットティシュ画像(写真)2の「街頭配布用」部分を拡大した画像(写真) ←2001年版(大阪・鶴橋街頭で入手)

 で、こちらの他の部分もよく見てみたら「水に流せるティッシュです。外袋・台紙はくずかごへ」とまで書いてあることに気づいてしまった。

消費者金融ポケットティシュ画像(写真)2消費者金融ポケットティシュ画像(写真)2の「街頭配布用」部分を拡大した画像(写真)

 以前、このページで「地下鉄のトワレッテには紙が置いてないから、水に流れるティッシュが欲しい」というようなことを書いたばかりである。
 ますます気が利きすぎていて恐い
2001/05/03

消費者金融のポケットティシュ考(歴史検証編)

 上との関連である。これの昔のバージョンが、このページの作者の部屋から発掘されたので掲載しておく。これは大阪の難波・心斎橋辺りの街頭で入手したものである。

消費者金融ポケットティシュ画像(写真)1 ←1999年か2000年頃版

 この頃のモノには「街頭配布用」も「水に流せるティッシュです」も無い。ということは1年かそこらでこの二つの機能を搭載したことになる。恐るべき進歩速度である。このペースで進歩し続けると、来年にはこのポケットティシュでWEBブラウジングができるようになったりするのかもしれない。

 さし当たって私が望むのは、お肌に優しいタイプ(花粉症の人向け)である。業者は読んでいるだろうか。
2001/05/03

totoくじの未来を考える(この世には似た考えの人が3人はいる編)

 サッカーのtotoくじと陶器の
TOTO(東陶)をかけたジョークを以前一度書いている。
 これと同じ様なネタが、MBSラジオおれたちXXXやってまーす水曜」(2000/05/02放送)で読まれた。
 自分のネタの独創性に自信を落とした一瞬であったが、半年以上の時間的優位により先見性で勝ったのでよしとする。
2001/05/03

絵の無い漫画のナゾ(折原みとは実はエンジニアか編)

 
以前、「絵の無い漫画」について書いた。それの続きである。

 折原みとはもともと漫画家だったので、漫画と小説、両方の消費者ニーズの本質を見抜くことができた。そして、漫画と小説の(生産者にとって)都合のいい部分に着目して、二つをアウフヘーベン&リエンジニアリング(もしくはリストラクチャリング)して、極めて生産性の高い「絵の無いない漫画」を構築したとしたら、彼女は作家というよりエンジニアと呼ぶ方が適切かもしれない。

 (コバルト文庫の小説は折原みとに限らず、みんなこんな感じなのかもしれないが。)
2001/05/04

この世には似た声の人が3人はいるか

 つボイノリオ氏の声は島田敏しまだびん氏の声に似ていなくもない。
2001/05/04

● 正しい女性の口説きかた。  (短文)

飯塚雅弓画像(写真)  女性を口説く上で、もっとも基本的かつ重要なのは相手を褒めることだが、このときの"褒めかた"が肝心である。

 (写真はパイオニアLDC社へのリンク) 
2001/04/29


π:円周率再考

 私は"円周率は3.14"と教えられた。これがそのうち"円周率はおよそ3"になるらしいので、これを機会に「円周率の意味」について再考してみることにする。

 円周"率"というからには、何かが"1"の時に円周が"3.14"になるはずである。
 では聞くが。

  Q:何が1の時に円周が3.14になるのか?

 正解は「円の直径」である。つまり円の直径と円周の比率が常に1:3.14という訳である。答えられなかった人は「およそ3」化に文句は言えまい。
2001/04/19
---
 蛇足:米国での話
 1897年にインディアナ州議会の議案番号246で、今後πの値を「3」にするという法案が提出されたことがある。そのときは、2回目のヒアリングでこういった法案の効力が自然の法則にまで及ばないという数学者の指摘によって無期限留保となった、らしい。
 日本は「およそ」をつけたのがよかったのカモ。
2001/09/17

このページの作者が利用したPCショップはつぶれる説

買ったもの ショップ その後
本体・メモリ STEP(通販) 倒産
本体・CPUファン TWOTOP(日本橋) 民事再生法申請
ソフト(12,000円)
ソフト(10,000円)
FREETIME(浦和・通販) 閉店
ソフト(10,000円)
外付けモデム(5,200円)
マイコンテック(大須)  
ソフト ジョーシン〜(日本橋)  
ソフト ソフマップ(日本橋ザウルス)  
マウス ファナティック(日本橋1号店) 移転
CPU DOS/パラ(難波店) 移転
シリコーングリス T-ZONEアウトレット(日本橋) 閉店
2ndCacheボード(7,000円)
ソフト(1,800円)
グッドウィル(大須)  
メモリ(5,300円)
ビデオボード(2,000円)
キーボード(4,000円)
キーボード(7,700円)
ギガパレ(日本橋)  
ハードディスク(17,000円)
分岐電源ケーブル(500円)
ソフトアイランド(大須店) 閉店
ハードディスク(12,700円)
メモリ(5,300円)
DOS/パラ(日本橋店)  
スキャナ 八千代ムセン(家電屋)  
コンパクトフラッシュ
CF<->PCカードアダプタ
コンプマート(名古屋)  
ビデオボード(2,200円)
マザーボード(8,800円)
LANケーブル(700円)
PC One's(日本橋)  
CPU(9,900円)
LANケーブル(400円)
ミック(日本橋)  
電源付PCケース(9,800円) J&P(日本橋)  

 計2万円以上使ったショップはすべてつぶれている
 断っておくが、大須のダイナの店舗閉店は私のせいではない。次の買い物で2万円越えそうなのがギガパレとマイコンテック、DOS/パラ日本橋である。
2001/04/16
追記:
 5月くらいに秋葉からギガパレが撤退したそうだ。
2001/06/21

人はなぜ「気まずい」と思うか

 例えば二人で歩いているとき、会話が無くなると「気まずい」と思うだろう。
 なぜ気まずいのか。それは、相手も気まずいと思っているだろうと予想してしまうからである。多くの場合、それ以外の理由は存在しない。だから、最初から「自分は気まずいと感じない人である」と宣言しておけば、気まずい事態は滅多に発生しない。二人はただ会話無く歩き続けるだけである。
2001/04/16

消費者金融のポケットティシュ考
 消費者金融業者が街頭で配布しているポケットティシュをよく見てみると「街頭配布用」と印字されている。これを印字した意図を考えると、気が利きすぎていてちょっと恐くなる。
2001/04/15
消費者金融ポケットティシュ画像(写真) 消費者金融ポケットティシュ画像(写真)の「街頭配布用」部分を拡大した画像(写真)

平等の国

 最近の小学校の運動会では、徒競走などで順位をつけない学校があるらしい。
 何事も「平等」であることが良いかららしいが、勉強は苦手だが運動は得意という者の存在意義を認めないつもりだろうか。
 この例に見られる「平等」は、最近よく言われる「機会の平等」と「結果の平等」の履き違えの典型例であって、努力した者、能力のある者を正当に評価しない極めて不平等な制度である。
 皆に同じモノを与えるのが平等という考えをしているうちは、日本は平等発展途上国から抜け出せないであろう。
2001/03/13

日本に一機しかない信号機

大須の信号機画像(写真)  大須(名古屋の電気街)の
DOS/パラ付近に車用の信号機と歩行者用の信号機(人の絵が描いてあるやつ)の複合型信号機がある。
 このタイプの信号機は日本でここにしかない、と「笑っていいとも」で話題になっていた覚えがある。

 (単に大須自慢がしたかっただけです。写真のリソースはこちら 
2001/03/09


「便所」→「トイレ」→「トワレッテ」

 はっきり覚えていないが、以前、以下のようなことを書いた人がいた。
外国語は先入観のない「白い言葉」であるから、日本語のイメージの悪い言葉は、外国語とすり替えることでそれを払拭できる。
真っ先に外国語化されたのが「便所→トイレ」であるが、その「トイレ」ももはや"臭く"なってしまった。
 つまり、そろそろ「トイレ」に替わるコトバを考える必要が出てきたというわけである。
 そこで、私は以下のような予言をすることにした。
 日本では近年中に「トイレ」のことを「トワレッテ」と呼ぶようになる
 トワレッテ(toilette)とは仏語で便所の意味である。ドイツで使われる「0号室」などの表現も考えたが、意味を連想しづらいので微妙に「トイレ」に近い「トワレッテ」と予測した。仏語は何となくおしゃれなイメージがあるからおあつらえ向きだろう。
2001/02/16

「仕事と私のどっちが大事なのよっ!!」

 という質問は論点のすり替えであり、詐欺である。
 正しくは「今しなければ今後一生の仕事に影響の出るかもしれない残業と、次の日に振り替え可能な私とのデートのどっちが大事なのよっ!!」だ。
 (*注* それを実際に指摘してフラれても当方は一切の責任を負いかねます。)
2001/02/12

なぜ銀メダリストは銅〜よりうれしそうでないか

 理由は明白なので省略する。銅メダルは幸せである。名古屋人も同様。
(名古屋圏出身の作者が、大阪に来て思ったことである)
2001/02/12

● 公衆トワレッテの和式便器のレバーの正しい引き方  (短文)

 汚れているかもしれないので手で引く(押す)のはイヤ、かといって足で踏むと手で引く人の迷惑になる。
2001/02/07

ベンザブロックのCM

 ベンザブロック
タケダ社の風邪薬)のCMの人が一瞬、丹下桜に見える。病気かも。
2001/02/05

ネットビジネスのカンブリア紀は終わった!

 という比喩を思いついた。なかなかいい出来だ。(自画自賛)
 (一応:カンブリア紀は生物の歴史の中で、種が爆発的に増えた時期である。その後、自然淘汰が進んだ。)
2000/12/22

おすすめメルマガ

 このページの作者にとって読者が増えると都合のいいメルマガともいう。
 これらは共に出版クォリティ以上のものがある。(読み方次第ではあるが)
田中宇の国際ニュース解説   →まぐまぐで登録
ワールド コンフリクト 〜世界の紛争〜  →まぐまぐで登録
2000/12/20
 *追記:後者は廃刊になった。なぜかわたしの評価するものはすぐ消える。バックナンバーはこちら
2001/1

飯を盛る食器は"茶碗"でいいのか

 茶を入れるから茶碗である。そう考えると、飯を盛るのは飯碗になる。
2000/12/9

自由の国

 もし人を殺す自由があるとすれば、逆に生きる自由は無い。
2000/11/27

自転車同士ですれ違うときは左右どっちによけるべきか

 当然、左のはずである。自転車は左側通行が常識だ。
2000/11/18

totoくじの未来を考える

 "サッカーのtotoくじは陶器の
TOTO(東陶)に訴えられる"に100ペセタ。
2000/10/30

● 朝ちゃんと起きるコツ  (短文)

 朝自然と起きられる方法を教えます。
2000/10/17

● ゆめのいろ  (短文)

 「私は白黒」、「私はカラー」とか言っている人がいるが、本当はこんな感じ。
2000/10/17

夢の限界

 夢の中でオセロはぎりぎりできるが、将棋は無理。駒の位置を忘れてしまう。
2000/10/17

● 現国の点の取り方  (短文)

 以外と知られていないが、現国は勉強しなくともだれでもセンター試験で偏差値60はいく。
2000/10/03

ほのぼの君

 中日新聞の3コマ漫画「ほのぼの君」は最近漫画として成立していない。
2000/8/24

輸入キャラクターについて

 マクド○ルドのキャラクターであるドナルドは見た目が怖すぎる。ついでに書いとくと、ファ○ビーの目つきも怖い。
「逆オークション」が示唆する可能性

 本当の意味での「買い手主体」がみえた!
「逆オークション」が示唆する可能性 その2

 このシステムは米
Priceline.com社がビジネスモデル特許を保有しているが、これは単に昔からあった「入札」に別の名前を付けただけである。
● 国民の文化レベル向上に大いなる驚異  (中文)

 「新潮文庫の100冊」中のカフカの「変身」とカミュの「異邦人」に隠された巧妙な罠。
「ウェブブラウジング」のことを「インターネットをする」ということに反対、に反対

 テレビをみるだってあやしいものである。
2001/01/06

● 「ウェブページをホームページと呼ぶことに反対」に反対  (短文)

 何となく反抗してみた。
2000/5/11更新

● 書評  (短文)

 最近読んだ、きのこの本についての評論。
2000/9/28微更新



 一発ネタ
 冗談なのか何なのかはっきりしないコーナーです。

● 「バナナはおやつに入りますか」「入りません」  (短文)

 バナナはフルーツでありデザートである。我々はバナナに気を取られて大切なことを忘れている。
2000/11/03以前

● ガレ展  (短文)

 大阪・天保山のサントリーミュージアムにガレ(ガラスで有名なフランス人)展を見に行った話。
2001/02/05

● 玉葱の正しい切り方  (短文)

 玉葱を刻むときに涙を出さなくても済む方法を教えます。
2000/5/26

● 「ベルリンの壁」がこういう場所にあったと思ってたヤツ!  (短文)

 すでに風化したネタかも。
1999/9/20

● エレベーターに乗って「何かいですか?」と聞かれたときの応答法。  (短文)

 ・・・


 考 察 ・ 批 判
批判は相対的自己利益中心主義の産物である。
批判はその逆より遙かに簡単であるので、能力のない人はこれを多用する。
人は利益を得るために批判をするが、得てしてその逆の効果しか得られない。
ヒィンカピー:哲学者

ユーザインタフェース再考(デジタル時計編)

 デジタル時計で、一日がAM12:00〜PM11:59までのタイプは非常に見づらい。これだとPM11:59の一分後がAM12:00となり、AM12:59の一分後がAM01:00になる。非常に違和感があり、混乱する。AM00:00〜PM11:59か00:00〜23:59であってほしい(勝手な要望)
2002/04/18

ユーザインタフェース再考(目覚まし時計編)

 目覚まし時計(アナログ)で、目覚まし時刻を設定するための針専用の目盛り(10分刻み)が無いタイプのものは非常に設定しづらい。目覚まし時刻を設定するための針のセットに分針用の目盛りを流用したものだと、12分刻みという妙に中途半端な単位でセットする羽目になる。
2002/04/16

一度自然に落ちた視力が元に戻ることはあるか

 小学生の頃、視力検査で結果がふるわないと眼科へ通うよう指導される。病気等でないか検査をするために診察するだけならいいが、そうでもないのに治療(あのCの字が近づいたり遠ざかったりするいかにも安価な視力回復トレーニング)をするために何度も通院する必然性には疑問が残る。あれで視力を回復した者などわたしは一人も知らない。これは厚生省と眼科連の癒着に起因するシステムなのではないかと勘ぐってしまう。

 ところで、もしあのトレーニングマシーンが5,000円位でホームセンターで売られていたらどうか。効果を信じて買おうとする者はそうそう居はしないだろう。
2002/04/02

名前という名前の呪文

 あらゆる対象に言えることだが、対象に「"名前"が与えられているか、いないか」だけでその対象の「重んじられ具合」が違ってくる。これを利用して、労せずして価値を高めている対象が多々ある。

 通常は「重んじられる対象に"名前"が与えられる」ものであるので、"名前"が与えられている対象は「"名前"が与えられている」という事実によって、その時点ですでに重んじられていることが推測される。一方、"名前"が与えられていない対象は、"名前"を与える必要がない程度に、重んじられていないから"名前"が与えられていないと推測される。
 このような理由から、"名前"を聞いた者は対象に対してそれなりの扱いをすることになる。

 例外として、"名前"が与えられている対象の中には「重んじられている対象に見せるために"名前"が与えられている」ものもある。
 名前の与えられていない対象を探してきて、自ら名付け親となるか或いは同業者の名付けた"名前"を巧みに操ることを生業としているのが、いわゆる「コンサルタント」と呼ばれる人種である。コンサルタントが発する(他では聞いたことのない)"名前"は、その発生がいかなる起因によるものか十分に注意する必要がある。

 "名前"は対象の本質を名付け親の意図した方向にねじ曲げようとする、一種の呪文である。ほとんどの者は本人の意思に関わらずそれを与えられているが、その呪縛を受け入れるか否かは個人の勝手ではある。

 関連:● 「便所」→「トイレ」→「トワレッテ」
2002/01/08

名前という名前の呪文(省略編)

 上の補足。

 同様にして、"略した名前"(ドラクエ、キムタクなど)を与えられた対象はより重んじられていることが推測され、それなりの扱いを受ける。
2002/01/16

身長190cmの人に「チビ」と言って怒らせることができるか

 人は自分に不利益をもたらす対象に対して「怒る」のであり、逆に言うと、何かに対して「怒る」という事の意味は、その何かが「自分の不利益になる」という意思表明に他ならない。
 古代では「威嚇」や「闘争のための生理学的準備」という意味合いも強かったが、もはやそれが通じる時代ではないのである。
2001/12/05

鶏が先か卵が先か

 「鶏が先か卵が先か」どうだか知らないが、「鳥が先派」と「卵が先派」の対立は、古今東西よく見かける景色ではある。
ヒィンカピー:哲学者
 だそうだ。
2001/12/03

予言者入門 〜 滅びの道を歩まないために 〜

 予言者は仮に、10年後を「予見」し、他に先んじて「実行」できる立場に立ったとしても、その時点では決して実行してはいけない
 「予見」は何年前にしてもよいが、「実行」の最適タイミングは常に他者の一歩手前にある。10年後を見越した「実行」は、得てしてそれを支える環境の不備のために失敗するものである。
 賢い予言者であるためには機が熟すまで「待つ」ことを覚えねばならない。

----
 SEGAが時代を10年先取りした「ゲーム図書館」(電話回線によるTVゲーム配信サービス)を思いだした筆者であった。
2001/10/21

受動者の優先

 一般に、能動者の利益が受動者の不利益になる時、受動者の利益が優先される傾向がある。
 例を挙げるならば、「喫煙者の権利」の弱体化や「電車内での携帯電話使用の権利」の否定などである。これには例外もあり、例えば「電車内で会話する権利」がある。これはうるさく感じる受動者もいるが、時として受動者が能動者に転じる事もあることや、割合として能動者もかなり多い事、受動者の不利益の度合いが比較的小さいことから、能動者の権利がある程度認められている。

 このようにどこまで受動者の権利を優先するかの線引きは簡単ではなく、考慮する要素として「受動者が能動者に転じる可能性」「能動者と受動者の比」「受動者の不利益の度合い」などがあり、またその各要素の度合いも時代と共に変化するから、線を引く権利(もしくは義務)を持つ者はそれに対応できる力量のある者でなければならない。
2001/10/12

電車内での携帯電話使用の権利

 今回は、「
形骸化した携帯電話使用に関する電車内アナウンス」「電車内で携帯電話は使用しても良いハズ」「受動者の優先」の続きというか発展というか統合である。
---

 「受動者の優先」の続き。

 現状で線引き者の力量が足りていないために線が妥当な位置に引けていない例として、先に挙げた「電車内での携帯電話の使用に関する権利」がある。

 最初に線が引かれたのは携帯電話が普及し始めた頃で、現在もその線の位置は変わりがない。当時、電車内での携帯電話の使用が「他のお客様の迷惑になる」と言われたのは、着信音が耳障りだったり、ユーザーが携帯電話慣れしていないことから必要以上に大きな声で話してしまったことや、そもそも携帯電話自体が物珍しくて受動者が必要以上に気にしてしまったからであろう。
 また、当時は受動者が能動者に転じる割合が少なかったから、より受動者は受動者の権利を主張したがる傾向があった。

 しかし、昨今のように携帯電話使用の受け取られ方が当時と同じではなくなってきた時、本来ならば、線を引き直す必要があった。
 にもかかわらず、鉄道会社は線を引き直すよりは、それを決定する「要素」の一つである「受動者の不利益の度合い」を操作して従来の線の位置に近づける方が楽だと考えてそれをしなかった。その考から引っぱり出された口実が「医療機器を誤動作させる恐れがある」だ。実際のところは、そんなものは「工夫次第でどうにでもなる問題」であり、携帯電話の使用を禁じまでしなくともよい。

 つまり、鉄道会社はするべき仕事をせず、自らの手抜きをとったわけで、客はそれを黙認している、もしくは力量の無さに愛想を尽かしているのが現状である。

---
 とか書きつつも、筆者は列車内で話さなければならないほど携帯電話を使う頻度が高くないからどうでもよかったりする
2001/10/12

対人用ノイズ除去フィルター

 世間に存在する情報の大半がゴミである。人の情報処理能力には限界があるから、処理すべき情報を限定して、S/N比を高めてから処理に取りかかるべきである。
 人の「意見」や「主張」についてもこれに当てはまる。この場合、耳を傾けるべき情報を限定するためのフィルタとして使えるのが「質問」である。
 例えば、今回の米国テロ事件について意見する者がいたら、その意見がSignalであるかNoiseであるか判断するには本人にこう質問してみればよい。

 「なぜかつて日本は米国と戦争をしたか知っているか」

 まともに返事ができない者の言うことは、今回のテロに関しても大方、背景も考えていない当てずっぽうであり、相手にしないようにするとスループット(単位時間当たりに処理できる仕事量)が上がる。

----
ただし、その場の雰囲気を悪くする危険も伴う諸刃の剣だったりする。
2001/10/11

健康派キーボード&マウス

 安価なメカニカルタイプによくある底打ち感が硬いキーボードはタイプする度に指の関節に衝撃を与え、腱鞘炎けんしょうえんになりやすい。また、マウスを持つときに手首を机に置いて持つ人は、硬い机の上で直接使うよりも100円くらいのふかふかマウスパッドを使った方が手首に優しい。

 ここに書いたことは医学的根拠など確認しておらず、筆者の経験からそのように感じているに過ぎない。ただ、入力デバイスを考えるとき、入力の速度や効率以外の要素も考慮に入れるのが自分の身のためであることは間違いない。
2001/10/10

テロに対する武力による反撃の正当性を論じることの正当性を論じる

 テロ組織のテロ攻撃が不当なものだとしたら、米国の武力による反撃は正当だろう。(武力以外に裁判で決着が付けばそれに越したことはないが、テロ組織が応じるはずはない。)

 しかし、テロ組織がテロ攻撃を米国に行った理由が、米国がテロ組織に対して不当な先制攻撃(テロでも何でも)を行った反撃としてだとしたら、このテロ組織のテロ攻撃は正当だろう。米国は反撃を受けて自業自得であり、そのテロ組織による正当なテロ反撃に対する米国の武力による更なる反撃は不当と言える。

 つまりは、このテロの背景を知らぬ者がこの問題(テロ攻撃に武力で反撃するのは正当か)について論じること自体が無意味であり、論じても得られる解はロクなものではない。「正しい出力」は、「正しい入力」と「正しい処理」によって得られるのが常である。
2001/10/09

募金詐欺の偽善

 TVワイドショーで米テロ事件の募金詐欺について報道していた。よくある話である。
 募金詐欺は無知によって善が偽善となる典型例である。得体の知れない人間に金を渡す事はあまりに無謀であり、実質犯罪を助長----更に厳しく言えば犯罪に荷担しているといっても良い(被害者がいなければ詐欺は成立し得ないのだ)
 募金詐欺について、騙された方を一方的に擁護するのは全くの偽善であり、問題の認識と解析が甘いと言える。WEBの掲示板で荒らしに対して善人ぶった反応をして、それ自体が荒らしになっていることに気付かないのと同じである。(こういった世情が「日本人は水と安全は只と思っている」と言われる性質をつくる温床にもなっている。)

 真の善人は自らの力量に応じた善行のみを行う。自らの力量を過剰評価したりはしない。

---
 強く書きすぎたが、何もしないよりは何かした方がよい事が多い。偉そうに書く筆者も善人ではない。
2001/10/05

批判のコンフリクトモデル的定量評価手法(簡易版)

 「批判」にも良い批判と悪い批判があり、それを容易に判別できれば対応もし易い。(ここでは「批判」とは「非難」の類義語としての意味とする。
 ここでは例として、新しく発案されたある案件(以後、"新案"と略す)に対する批判の善し悪しの見分け方について書く。  
考察・批判のコーナーのコーナー頭も参照。
2001/07/12

花粉症者は結束の時か(時代は追い風編)

 なぜかこの時期に花粉症ネタ連発である。

 某新聞によると、某機関(メモするのを忘れた)が行った実験によると、ある種の植物成長調整剤(マレイン酸)をスギに注射することで、花粉をつける量が96%減少するそうだ。
 ただ、毎年一本一本に注射するのは大変という問題点もあるとのことなので、やはり品種改良の方に期待するのが良いかもしれない。(ダメじゃん)
2001/05/19

林業者の危機管理を考える

 見方によってはスギ・ヒノキの花粉飛散は公害である。
 もし私(花粉症)がアメリカ人だったらスギ・ヒノキを植林する林業者を告訴するかもしれない。

 自動車業界ではマスキー法などの経験もあり、環境問題対策がイメージだけのものでなく、企業の生死に関わる問題であることを認識している。林業者もそれを見習って、そろそろ考えたほうがいいかもしれない。現在、日本に花粉症者は1,300万人いるから敵に回すとやっかいである。
 (林業は森林の保全に貢献しているという見方もあるし、グリーン購入法など追い風もあるので強く言えないのだが。)

 スギ・ヒノキの植林をやめるとスギ・ヒノキ材が使えなくなって困ると思われるかもしれないが、最近では花粉を作らないスギの品種なども開発されているので、どうにもならない問題ではない。
 しかし、この問題が広く意識されなければ、その普及も期待できないだろう。人は自分の得になると見込んだことしかしようとしないのが常である。
2001/05/17

日本で最もわかりづらいインタフェース

 公共性の高いマン・マシンインタフェースのなかで最も劣悪なモノはなんだろうか。
 私は銀行ATMの通帳の入れ口に一票入れる。

 あれは初めてでは入れ方が絶対わからない。通帳を開いて入れればいいのか、どこを開いてどっち向きに入れればいいのか、十分な説明書きは全くない。最初は1ページ目を開いて入れる人が10人中8人くらいはいるのではなかろうか。しかも、そうするとエラーメッセージで「この通帳は使えません」と出るだけときた。これでは何が悪いのかさっぱり理解できない。私は銀行の人に聞いてやっと正しい入れ方がわかった。(私の名誉のために断っておくが、私がわからなかったということを正当化するためにこれを書いているわけではない。断じてないのだ。うん。)

 で、エラー対策の問題はもう一つある。
 試しに通帳を閉じた状態で入れてみたら、飲み込んだきり2度と出てこなかった。ATMはあっさり「取引停止」状態に陥ってしまったのである。(銀行の人には迷惑をかけて申し訳ない)。
 これは、あまりに脆弱なシステムと言わざるを得まい。取引停止(フェールセーフ)は最悪の場合にのみ発動すべきである。そうなる前に、なんらかの物理的ギミックによって、間違った方向には入れようとしても入らないように作る(フールプルーフ)のが正しいエンジニアリングというものだろう。

 世の中には高度なシステムを見ると、ワザと間違った手順で操作してみて、そのエラー処理を見たがる人種も存在する。世にいうエンジニアである。
 その手の人間は、正しい処理が高度であればあるほど、エラー処理にも期待してしまうのである。

----
 ユーザインタフェース方面で有名なニールセン・ノーマン・グループ(NN/g)のブルース・トグナツィーニ氏が
AskTog(英語)で、身の回りにある情報の使い勝手を評価している。ユーザインタフェースに興味がある方は一読の価値はある。
2001/05/15

(日記)近鉄アーバンライナーはホントにノンストップか(2度あることは3度あるか編)

 このネタは
以前、一度書いている。今回は、その補完である。

 今日も、津の一つ前の駅(江戸橋)で一度止まった。止まりすぎである。
 客が乗り間違えないような、適切な対策が望まれるところだ。
 (次回は乗り間違える原因について考察してみたいと思う。)

 前回は、間違えて乗った客と車掌?のやりとりを近くで聞いていたので、途中で停車した意図は明らかだったが、今回については確認できていないということは断っておく。
2001/05/14

人間の法則

 「人は自分の得になると見込んだことしかしない
ヒィンカピー:哲学者

 だそうだ。
2001/05/13

形骸化した携帯電話使用に関する電車内アナウンス

 「医療機器の誤動作の危険がありますので〜」とかいうのは車内での携帯電話使用禁止の口実にすぎない。
 乗客に占める「携帯電話ユーザ数」と「医療機器ユーザー数」の比率を考えれば、携帯電話の使用禁止は先頭一車両だけに限るのが妥当である。
 現状のままでは、禁止されていても携帯電話を使う人が絶えることはないだろう。すぐ近くに医療機器ユーザいる可能性があまりに低いのに自粛しろというのは無理がある。
 鉄道会社も、本気で医療機器ユーザを護る気があるなら上記のようにすることも考えて欲しい。

----
 というか携帯オーディオプレイヤーの音漏れの方が10倍鬱陶しい。
2001/03/15

電車内で携帯電話は使用しても良いハズ

 上との関連だが、以下をまもれば電車内での携帯電話の使用は許可されるのが妥当である。
  1. 着信音をならさない
  2. 大きな声で話さない(隣の人と普通に話すのと同程度で話す)
  3. 鉄道会社が指定した携帯電話使用禁止車両以外で使用する
 (公共の場で)銃刀を使用するだけでなく所持するだけで刑罰の対象とするのと同じと考えるのも一つの良識と言えるかもしれないが。
2001/03/15

セコい名鉄の新名古屋駅のナゾ

 名鉄(名古屋鉄道)の新名古屋駅と近鉄名古屋駅の間にある
トワレッテには紙が置かれていない。代わりに40円で「化粧紙(お肌に優しい)」を売っている。一見、下に書いた大阪・名古屋の地下鉄と比較すると、最も気が利いているように思えるが、いざ買おうとすると10円専用機なので10円を4個用意しなければならず、運が悪いと買えない。

---
 近鉄名古屋駅内のトワレッテもこれと同じだった。
2001/03/23

セコい名古屋の地下鉄のナゾ

 名古屋の地下鉄の
トワレッテには紙が置かれていない。代わりに100円でちり紙を売っている。100円はちと高いが、大阪のティシュと違って「ちり紙」な分、安心して使える。
2001/03/06

セコい大阪の地下鉄のナゾ

 大阪の地下鉄の
トワレッテには紙が置かれていない。代わりに50円でポケットティッシュを売っている。しかし、それは水に流してよいものなのかわからないため、結局買えない。
2001/02/25

便器の無いトワレッテのナゾ

 男子トワレッテの話である。古い駅や高速道路のSAには"便器の無いトワレッテ"がある。正確には"大"の方の便器はあるのだが、小便器が無い。その代わりに壁と溝がある。それが小便気の代わりになっているわけだが、実用上の不便はない。
 素朴だがシンプルで本質的なエンジニアリングとは、既成概念を超越したところにあるのかもしれない。(ものは言いようである)
2001/02/16
追記:よく考えてみると上記の方式は水が流れないから掃除がたいへんかもしれない。
2001/02/17

絵の無い漫画のナゾ

 "漫画に絵は必要か?"と問われれば、"絵があるから漫画だろ"と答えるかもしれない。しかし、漫画の絵はほとんどの読者が目の隅でちらっと見るだけで、実際にはセリフにしか注目していない。多くの漫画はセリフだけの小説として消費されているのである。
 その逆も存在する。折原みとの小説は、本文の大半が会話(心の声含む)と擬音であって、内容としては絵の無い漫画に近い。極めて生産性の高い漫画である。
2001/02/13

トワレッテの手洗い場のナゾ

 トワレッテの手洗い場の蛇口というかバルブは手を洗う前に触るため、極めて不潔である。しかも、手を洗った後にそのままバルブを触るとまた汚れてしまい、手を洗う意味がない。

 と、ここまで書いて、最近は自動(センサー式)のやつが多いことに気付いた。これによって得られるメリットは三つある。
  1. 上記のように汚れない
  2. 水の出しっ放しを防ぐ
 なるほど一石三鳥の正しいエンジニアリングである。
2001/02/07

洗濯物・とりこみ後の靴下

 靴下は同じ種類を2足揃える必要があり面倒であるが、全て
ユニクロ(黒)で統一するとその手間が省け、且つ安定した供給を受けられる。
2001/01/25

高校生がタバコを吸いたがる理由

 「タバコを吸うことが大人っぽく、かつ不良っぽくて格好いいと思っているようだが、その考えそのものが子供である。」
ヒィンカピー:哲学者

 だそうだ。
2001/01/22



 ゴミ箱
いまいちだったネタ置き場。
今日の雑学(NHKは国営放送か編)

 
NHKの事を「某国営放送」と呼ぶ人がいるが、(細かいことだが)正しくは「某公共放送」である。
 国営放送は日本には無いことになっている。海外では米国のVOAなどがこれに当たり、国のやることに従順な放送内容を主としている。財源は国の税金。
 一方、公共放送は英国のBBCなどが有名であり、割と中立な放送内容で信頼性も国営よりは高いと思われている。財源は視聴者が払う受信料となる。

 まあ、NHKの放送内容を皮肉ってワザと国営と言っている人もいるのかもしれないが。

---
 今更という気のするネタではある。
2002/04/29

タイムマシンにおける座標決定計算の困難性について

 仮に、24時間前の「今現在、自分がいる場所(座標)」にタイムトラベルしようとすると、地球の公転と自転を考慮に入れないと宇宙空間に放り出されてしまう。更に、宇宙の膨張やそれ以外の「何か」も考慮に入れる必要があり、安全なトラベルには宇宙の解明が先決となる。

----
 今回はただの素人考えの域を出ずに終わってしまった。
2002/02/05

Éclairエクレール

 "エクレア"は"激レア"より気品で勝っている、と思うことがある。
2001/12/10

ネズミ講必勝法

 ネズミ講に合法的に参加しつつ損をしない方法について書いてみる。ここでは、以下のようなケースを想定する。
 5人の住所・氏名が記載されている電子メールをもらった。5人にお金を送金し、第1番目の人の名を消し、最後に自分を加え、他の人に勧誘の電子メールを送れば自分の名がいちばん上に来るまで多額の現金が送られてくるという。
 このシステムの場合、自分は5人にお金を送金してもしないでも自分の下位n(n=1,2,3)位の人が自分の上位4-n位以内の人にそのメールを送らない限り、バレない。バレたところで、民間人が個人的にどうこうできるものではない。送金しないでメールを送る手順だけ踏めば、投資分を取り返せないリスクを犯すことなくネズミ講に参加できる。
 このネズミ講の首謀者(最初に始めた者)はいつか逮捕されるかもしれないが、自分は被害者扱いになり、罪には問われない。

---
 いないと思うが、この文章を信じた人は本当に気をつけた方がいいカモ。
2001/12/07

上手な鉄砲、数撃ちゃ外れる

 ということわざがあってもいい。
2001/12/01

(日記)MaxPoint MX-106が直った話

 MaxPoint社のMX-106というキーボードが直った話。

症状:
 どのキーを押しても無反応。LEDもつかない。PCの起動時には何も言われない。PCとの接続(PS/2)の接触不良でない事は何度も確認した。

対処法:
 ネジを開けてガワと基板を分離。このときにケーブルと基板をつないでいるコネクタが大した力もかけずに自然に抜けたのが不審に思われたので、コネクタをしっかりと差し込み直してキーボードのテストをしてみたら直ってしまっていた。

 コネクタはガワ内部にあるから全く開けずに差し直すことはたぶん無理だが、ファンクションキー側のツメ3つか、スペースキー側のツメ4つのどちらかを全てはずせばたぶんアクセスできる。

閑話:
 特定のキーのみが反応しないなどの症状の場合では今回のようにはいかないかもしれないが、これとよく似た症状の時はメーカーを問わず、一度開けてみる価値はあることは覚えておいて損はない。

 筆者が使っているLogitech社(日本ではLogicoolという名前を使っている方)のマウスを開けてみると、ケーブルに加えられた力が直接ケーブルと基板との接続点には伝わりにくい構造になっていることが分かる。
 しかし、今回取り上げたキーボードにはそういった細工が無く、コードを引っ張るとその力が直接内部のコネクタに伝わってしまい、抜けやすくなる。このような手抜きが故障とは言えないような故障を招き、製品に低品質のレッテルを貼られる要因になるというよい見本である。

---
 ついでに書いておくと、LEDがつかなくなった場合でもLEDの根本をぐりぐりとするだけで接触不良が直って復帰する場合も多い。
 更に蛇足だが、筆者がこれを購入したときは3,980円だったのだが、今では同じ店で4,980円で売られているから得した気分だ。
2001/10/10

(日記)CDプレイヤーが直った話

 CDプレイヤーはPIONEERの安物コンポXR-P240C。日記といっても半年前の話。

症状:
 CDの再生ボタンを押してもチュルチュルとシーク音を立てるだけでそれが(通常は2,3秒のところが)いつまでも続いて再生できない。

対処法:
 CDプレイヤーのピックアップを移動させるためのギアに機械油を注したら直った。ギアまでのアクセスはガワを開けなくても、小布に油をしみこませてピンセットでつかんでつっこんだら届いた。

閑話:
 もしやるなら、レンズを汚さないように注意されたい。今回は操作の都合上、油を塗ったが通常はグリスを塗る方が保ちがよい。もし、油を注すなら滴るほど注さないように注意されたい。関係ないがビデオデッキとかだと下手に油をさすとヘッドがすぐ死ぬ。
2001/09/11

(日記)PC98の電源が入らないのが直った話

 NECのPC-9821Cx2の話。

症状:
 電源スイッチを押しても、電源ファンとCPUクーラーファンが一瞬回るだけですぐ電源が切れる。起動画面も出ない。電源オフ時にもついているべきLEDも消える。もう一度電源スイッチを押してもウンともスンとも言わない。電源プラグを一度抜いて、再び挿してから電源スイッチを押すとまた文頭の症状に戻る。

対処法:
 メインメモリ(SIMM)を全て抜いてその状態で一度電源オン。電源が入り、マシンチェックに入るが(メモリが無いので)途中でエラーになるので、電源を切ってメモリを挿して再び電源オン、で復帰した。

閑話:
 電源が死んだのかと思った。PC-98の場合、電源が機種によって違ったりするので買い換えには注意を要する。特にコネクタの形状にも色々あるので注意。
 で、普通はメモリに問題があるときは起動時のメモリチェックのカウント時にエラーメッセージが出るものなのだが、今回のようにそこまで行かない場合にも疑うべき場合もあるということを教訓としておく。
2001/09/05

人はバナーを10回クリックする前に寿命が尽きる

平均的インターネットユーザのバナークリック歴(予想)のグラフ画像  平均的インターネットユーザのバナークリック歴(予想)は左図の通り。

 タイトルに上げた、「一生の内に10回クリックできるかどうか」は微妙である。中年からインターネットを利用し始めた者には厳しいかも知れない。
 というか、誰かのインターネット使用歴が10000日に達した頃には、バナー広告という広告手段自体の寿命が尽きていると思われるから、結果的にこのネタは看板に偽りは無い。

 最近、バナー広告のクリック率が下がっているとよく耳にするが、インターネット(WEB)初心者が減った証拠かもしれない。
2001/07/25

コンビニエンスストアーは軟弱か

 世の中には「初心者向きの製品」と「中級者以上向きの商品」とがある。この判別法を書いてみる。

 とりあえず、コンビニエンスストアーで販売されているのが「初心者向きの製品」で、専門店でしか販売されていないのが「中級者以上向けの商品」だと思って間違いない。
 これはある意味、初心者にとって都合の良い構造である。

 例えば、パソコン初心者がパソコンを購入するために雑誌で情報を仕入れようとしたとする。普通ならまず書店に行くが、雑誌の種類が多すぎて初心者にはどれを買っていいのか分からない。
 そこでコンビニエンスストアーに行く。コンビニエンスストアーには初心者向き雑誌しか置いていないから、どれを買っても問題無い。安心である。

 反面、中級以上な人種の目には、コンビニエンスストアーは軟弱な製品しか置いていない、自分には無関係な店に写る。
 この思想が発展すると、今度は「コンビニエンスストアーに入り浸る者」に軟弱者の烙印を押すようになる。

 こうして人は偏狭になっていくのだろうか。
2001/08/04

(日記)休止状態に入れないのが直った話

 筆者のマシン(Windows2000機)は以前から休止状態に入れなくなっていたのだが、A-TrendのHardware Monitor(CPU温度、ファン回転数等監視ツール)をアンインストールしたら直った。これのドライバが休止状態に対応していなかったと思われる。ハードウェアという認識がなかったから盲点だった。マザーボードはFREEWAY FW-6400/150/WOS。
2001/07/21

スズメバチにさされたらトワレッテへ?(無知の罪編)


 「蜂に刺されたら、その箇所に小便をかけろ」という民間療法があるが、これは迷信である。
 この対処法の根拠は、虫が持つ毒の多くは酸性であるから、小便に含まれるアルカリ性のアンモニアで中和すればよい、という一見論理的なものだ。しかし、後で医者に行って、これをやったということを話すと、間違いなく馬鹿にされるからやめておくのが吉である。

 以下に、例としてスズメバチに刺されたときにこの対処法を用いるとした場合の実際の効果の程を書いてみる。
  1. 皮膚の上からアンモニアを塗ったところで毒のある皮膚の下には達しない。
     蜂の針によって皮膚の下に毒が打ち込まれるため、塗っただけではそこまで浸透しないのが実際である。
     逆に害になることもあり、目の近くにアンモニアを塗ると失明する危険があるので絶対してはいけない。無知な母親が迷信を信じて蜂に刺された子供にこれをやってしまうともはや愛ではなく虐待である。(一般家庭にアンモニアがあるのも謎だが)

  2. 体内から排出した直後の小便にはアンモニアはほとんど含まれていない。
     アンモニアは猛毒であるから、人の体内では他の物質に変えられた状態で保存されている。これが空気に触れると化学変化によってアンモニアになるとかどうとか、中学校くらいで習った気がするだけでハッキリ覚えていないがたぶんそうだったと思う。
     (正直言ってこれは自信がない)。

  3. スズメバチの毒は酸性ではない。
     アシナガバチは酸性毒なので効果はあるかもしれないが、ミツバチやスズメバチの毒は酸性ではないので全く効果がない(神経毒だった気がする)
 と、まあ、ここまでくると迷信と言うより、もはやジョークの域に達してくる。
 世の中、根拠もなく信じる人が多い。それを利用して商売にする者もまた多いが、それが一番頭が良いやりかたかもしれない。カントじゃないが善ではない幸福もある。

---
 正しい処置としては、まず針を抜いて抗ヒスタミン剤含有の軟膏を塗り、早めに病院に行けばよい。
 *注:筆者は医者ではないので今回はウソを書いたかもしれないということは断っておく。

 似たような迷信民間療法に関する話はこちらにもいくつかあったので興味のある方はどうぞ。
 「常識のウソ」池永英恒(池永外科医院院長):著
2001/07/20

カツでホントに勝てるか

 験担げんかつぎに勝負の前にカツを食す者がいる。
 しかし、カツは消化が良くないのでエネルギーになりにくく、逆に胃にもたれるだけで体にはよろしくない。特にスポーツ競技の前に食すべきはうどんやパスタなどの炭水化物であり、カツでは勝てない。
2001/07/19

スクリーンセイバー再考

 スクリーンセイバーの種類によっては結構CPUを使って電力を食うものがある。スクリーンセイバーを動かすくらいなら、ディスプレイを省電力モードにする方が省エネになるし、焼き付きにも強い(と言うか焼き付きようがない)

---
 "何を今更"と言われそうなネタな気もする。
2001/07/21

ディスプレイの色温度調整のススメ

 ディスプレイの設定項目の一つに「色温度(color tempareture)」がある。
 一般的なWindows用ディスプレイではデフォルト設定が9300Kになっているが、蛍光灯の下で使うにはこれでは青すぎる。これを、全体的に少し下げてRED側の割合を上げると、ディスプレイの品質が上がったと思えるほど自然な発色になる。
 USER設定で細かく設定できるので、最初は6500Kと9300Kの中間か9300Kに近いくらいの設定にしてしばらく使ってみると良い。最初は赤っぽく感じるかもしれないが、慣れると9300Kの方が青く見えるようになる。

一応:
 ・色温度の設定はディスプレイ下部のボタンでできる(OSで行うものではない)。
 ・Kはケルビン温度(Kelvin tempareture)の略。ケルビン温度は絶対温度(absolute tempareture)ともいう。
2001/07/19

子供と遊ぶ

 今の小学校低学年の児童に懐かしの10回クイズをやるとバカウケする

(一応:10回クイズとは「シャンデリアって10回言って」「シャンデリア、シャンデリア、、(略)、、シャンデリア!」「毒林檎を食べて死んだのは?」「シンデレラ!」「ぶー!」というやつの事)
2001/07/11

オーディオマニアの悲壮

 当たり前だが、10億円の録音装置で10万円の記録媒体に録音した曲を1億円の再生装置で再生したとしても、生音には絶対勝てない(アンプ類を通さないと音が出ない楽器を使用した曲を除く)
2001/07/07

自分の血液型を知らない人は献血するとよいかも

 「自分の血液型が何型か知らない」という情報の意味することはいろいろあり、下に列挙したようなことが推測される。(重要なものは太字にした)。
  • 血液型を誰も教えてくれない環境に生まれた。
    • そういう気の利かない?病院で生まれた。
    • 生まれた病院で血液型を教えてもらった人と同じ病院では生まれていない、もしくは先生が違う。
    • 病院以外で生まれた。
    • 知ろうとすると親に妨害される。
      • 血がつながっていないことを隠している。
      • その親から生まれる確率が極めて低い血液型であるため、誤解を防ごうとしている。
  • 献血をしたことがない。
    • 献血する気がない、もしくは常に忙しい、もしくは献血ルームに行くほど熱心ではない。
    • 学校・会社に献血車が来なかった、もしく学校・会社に行っていない。
    • 注射が怖い。
      • 先端恐怖症。
      • 根性無し。
    • 貧血気味、血管が細い等、身体的理由。
    • カロリーメイトが欲しくない。
  • 輸血されたことがない。
    • 大きな事故、傷害事件等にあったことがない。
    • 輸血されたことはあるが、前後の意識がないほど大出血した経験がある。
    • 輸血されたことはあるが、自分に輸血される血液について把握していない。
    • 輸血されたことはあるが、その血液について詳しく知り得ない環境・状態で輸血された経験がある。
  • 自分の血液型を知ろうと努力していない。
    • 知らなくても困っていない。
      • 血液型を書かされるような機関に出向いていない。
      • 友人に聞かれない、もしくは友達がいない。
    • 血液型に興味がない。
    • 占いに興味がない。
      • 論理主義者。
      • 無宗教者。
  • 自分の血液型を知ろうと努力しているが方法がわからない。
    • あとは省略
 とにかくそういうわけである。

 *注1:上記の項目はAND、OR、NORが混ざっており、全てが当てはまるわけではない。
 *注2:医者ではないので詳しくは知らないということは断っておく。
2001/07/06

簡単にCPU使用率を100%にする方法(Windows2000編)

タスクバー近くのキャプチャ画像
 右の画像のように、デスクトップをクリック&ドラッグしてタスクバー上にカーソルを持って来るとCPU使用率が100%になる。
 ちなみにCPUを使うのはexplorer.exe。
2001/06/30

ビデオボードの進化の行方

 3D以外に関しては、そのうちかつてのサウンドカードの様に市場が縮小して行くことは確実。
2001/06/25

ビデオボードかビデオカードかアクセラレータかアリスか

 別に何でもでも良いが、タイトルに上げた最初の3つの呼び方の中で一般に多く使われているのは「ビデオカード」な気がする。一度、WEBで検索してどれがヒット数が多いか試してみるといいカモ。

 さて、このサイトでは「ビデオボード」を採用しているが大した根拠はない。
 昔、私が使っていたイスラエル国Trifler社の独自アーキテクチャ仕様Cypher機(IBM互換機と違い、NECのPC-98同様にビデオカード無しでも通常の表示だけはできた)では、ビデオカードの事を「Gpaphic Acceleration Board(GAB:ぎゃぶ)と呼んでいた。当時、GABはとても高価($2000以上)だったので個人的に使ったことはないが、憧れはあった。思えばレイトレーシングが発明された頃だったろうか。あのころは2週間かけてレンダリングしたとかいう話を聞いたことがある。たぶん、その間オペレータは延々と無駄話をして過ごしたのだろう。

 Cypher機の印刷コマンドには「-BO(BOARD ORDER)」というオプションがあり、それを実行するとGABのオーダーシートが印刷される仕組みになっていた覚えがある。紙で保存しておくと臭いが染み付くからだろう。

 ・・・そんなことを懐かしんで「ボード」と言ってしまうのかもしれない。


 *人は半年に一度は寒さを通り越して痛い文章を書くことがある。今回がその典型だろう。

---
 そう言えば、NECの98では「Gpaphic(s) Accelerater (GA)」と「Window(s) Accelerater」の二通りの呼び名があった気がする。金沢では前者だった。名古屋では後者だったような気がするが、記憶が定かではない。
 IBM互換機では、ビデオカード無しでは表示自体ができないからAccelerateという言葉は出てこない。(VGA登場以前の話)

 ↑このコラムは筆者が夢現(ユメウツツ)の状態で書いたので、現実と妄想が入り乱れています。信じないで下さい。
2001/06/25

● 「製品の品質の差というのは品質が高くなればなるほど、指数関数的にその価値は増大する」
 「性能/価格比が最も高い製品こそが得てして実用レベルのローエンドなのである」
 (中文)

 ここでは、下の話の続きというかタイトルにある法則について、ビデオボード以外の実例を挙げて検証してみる。(一般に知られた話なので敢えて検証するまでもないと言われればそれまでだが)。
2001/06/29

● (日記)#9の亡霊  (中文)

 筆者はローエンド志向である。ただし、安物買いの銭失いレベルのことでは無い。性能/価格比が最も高い製品こそが得てして実用レベルのローエンドなのである。  
2001/06/21

大阪の駅はこんなんや(鶴橋編)

 鶴橋と言えば焼き肉のメッカであり、ガード下の焼き肉屋密集度は凄まじいものがある。
 駅マニアには割と知られた話であるが、この駅(近鉄)は夕方過ぎになるとトイレまで焼き肉臭くなる。希有な駅である。
2001/05/03

近鉄特急のWEB予約は便利そうでそうでもない

 予約は1ヶ月前からできるが、乗車前日までに特急券を受け取りに行かねばならないため、普段駅に用がない人にとっては不便である。というかWEBで予約しなくても、取りに行くときに一緒に予約すれば十分じゃん、と思ってしまうが。
2001/05/03
---
 追記:
 JAL(航空)もこれと同じように、
予約する日→代金の支払い&チケットを受け取る日→乗る日
 と別々になっていたが、TVCMによるとこれからは、
予約する日→代金の支払い&チケットの受け取り&乗る日
 になるようだ。ある意味予言だったのかも。
2001/06/06
---
 追追記:
 ANA(航空)もTVCMによるとJALに追随したようだ。
2001/10/26

(日記)近鉄アーバンライナーはホントにノンストップか

 アーバンライナーとは
近畿日本鉄道の名古屋←→大阪間を2時間かそこらで結ぶノンストップ特急のことである。
 が、ストップする事もたまにはあるらしい。三重の津で降りたいのに、これ(名古屋発)に間違えて乗ってしまった人が、津の一つ前の駅(江戸橋)で止めて降ろしてもらっていた。わりと融通が利くモノである。

 ちなみに今日はこれのデラックス席(通常より一割高)に乗った。普通席が満席だったから仕方なくこれにしたわけだが、普通席とたいして変わらなくて萎えた。
2001/05/01

● 万物を無料にする方法!!  (中文)
 テレビ、車、パソコン、その他全てのものを無料にする方法を教えます! 合法です!!




連絡先 watanabe_hp@mail.goo.ne.jp  Copyright ©1999-2003 by watanabeyusuke All Rights Reserved リンクどうぞ

ここはhttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/1737/index.htmlです。





Coppi's . 隠しページ