振り分けの設定 <その2> 



1.振り分け条件の変更の仕方
2.振り分けがうまくいかない場合に考えられること


※Aで複写ボタンを押しても、移動先のフォルダ名は複写されないので、Bで再度選び直して下さい。



優先順位が後ろである 例えば、振り分け条件が、
○差出人がmoritaのメールは「友達」フォルダに移動
○差出人がmoritaのメールは赤マークを付ける

と2つの条件がある場合は「上に書いてある条件」が優先されてしまう
ので、この例だとmoritaメールは「友達フォルダに移動されるだけで、
赤マークが付かない」となってしまいます。

で、順序が逆で、
○差出人がmoritaのメールは赤マークを付ける
○差出人がmoritaのメールは「友達」フォルダに移動

こうなっている場合は、「赤マークが付くだけで、移動はされない」
となってしまいます。

===================================================
振り分け設定の画面の右の方に「上へ移動」とかいうボタンがあり
ますが、これはその優先順序を変えるためについているのです。

振り分け条件名が違う これは言葉の通りですが、その名のとおり「スペルミス」かもしれない
ということです。一応ありがちなものを下に挙げておきます。

・大文字小文字が違う。
・書き込んだ後に「追加ボタン」を押さずに「OKボタン」を押している。
・左下の方にある「有効/無効」ボタンで無効にしてしまっている。
(無効にすると、条件一覧の先頭に×がつきます。有効の時は○)

あと、↓これの勘違いをよくやります。
・差出人: メールをくれた相手の名前です。
・件名: subjectのことです。タイトル。
・宛先: morita <mail2@post.office.ne.jp> ←この部分全てが対象。
前仕分けになっていない 振り分けは、
・受信して即振り分け=「前仕分け」
・受信は普通で、振り分けコマンド実行で振り分け=「後仕分け」
という2つのタイプがあります。

前仕分けの場合は、
オプション→アカウント設定→拡張(タブ)と進み、右側の上から3番目の
「受信メールを自動振り分けする」という項目にチェックマークを入れます。

後仕分けの場合は、振り分けボタンを押すと、マークを付けるかとかを
聞いてきますので、指示にしたがってからOKボタンを押します。
「かつ・または」の間違い 例えば、わたしの場合はアドレスを複数持っていますが、受信する側で
わたしからのメールを判別し振り分けするには

差出人が mail2@post.office.ne.jp     または
差出人が morita-geo@geocities.co.jp

というように条件を設定することになります。
「かつ・または」を使っている場合は、そのへんが違っていないか確認して
みてください。




メールはこちらへ

トップページへ