快適メーラーEdMaxの紹介

 EdMaxは設定項目が多く、最初はわかりにくいですが、その分、自分の手に馴染んだ形にカスタマイズが出来ます。
 設定項目がシンプルでわかりやすいソフトというのは、あくまで使い始めだけ便利、ともいえると思います。
 その辺りを考慮にいれ、長期的に使う電子メールソフトを選考してくれるとうれしく思います。


1.各ウィンドウ色のカスタマイズ、ツールバーのカスタマイズ等が可能



ツールバー、右クリック、キーボードのカスタマイズが可能で、種類も豊富。
フォルダツリーアイコン、一部のツールバーアイコンがカスタマイズ可能。ウィンドウの背景色も個別に設定。
緑色の部分は、任意のヘッダを常に表示するような設定にしています。カーソル行の背景色を水色にしています。
ドラッグ&ドロップによる、スレッドのつなぎ変えも可能になりました。

>>>この項目についての、詳細な解説を見る。

2.MDIインターフェイスでメールの複数作成が楽



EdMaxでは、メール作成も同一画面上で行います。
3つのウィンドウに分かれた冒頭の画面と、相手にメールを書く画面との切り替えを、このタブをクリックすることによって行います。
この部分がEdMaxの最大の特徴でしょう。

>>>実際に返信形式でメールを書く場合の流れを見る。

3.右下のメールビュー上での、ヘッダと本文の書き換えが可能


3画面中の右下のメールビュー上で、メールの書き換えを行うことも出来ます。

←これがメールビューでの書き換えを可能にするボタンです。
これを押すと、右下のメールビュー上での文字の書き込みが可能になります。
ちょっとした書き込みや文書校正は、メールを開いて編集せずにこの操作で行うとお手軽です。
メモ書き等にも効果を発揮します。

←こちらがヘッダの書き換えまでを可能にするボタンです。
(注意:ヘッダの書き換えには、注意が必要なので、心配な人はこのボタンはツールバーに入れないようにしておきましょう。)

またHTMLメールの表示も出来ます。通常はHTMLメールもテキストで表示するように設定しておいて、 ←このツールバーアイコンを押すとHTMLにワンタッチで切り替えることが出来ます。(HTMLメールの「作成」は出来ません。)


4.取って付けたマルチアカウント管理ではない

>>>この項目についての詳細な解説を見る。

5.フォルダプロパティー装備。テンプレートを呼び出す必要なし。



新規にメールを書く場合や、返信でメールを書く場合の、定型本文やCc、署名等をフォルダごとに設定できます。
またFrom行の指定も出来ますので、転送サービスを使用の場合も、1つのアカウントで返信作業を行えます。
フォルダごとに、本文の表示のフォントを変更したりすることも可能です。


6.EdTexベースの強力なメール作成環境



EdMaxの紹介文には、「EdTexベースの電子メールソフト」と記述されていることが多いです。
EdTexとは、Pemsoftのエディタですが、EdMaxはこれをベースに作成されていますので、エディタ部に関しての機能は安心できます。簡単なマクロ(キー記憶方式)も使えますので、引用符付き貼り付け等で、自分好みの細かな引用形式を右クリックに登録しておくことも可能です。
自動整形も引用部分が、がくがくになるということもありません。
英文スペルチェック、半角カナや機種依存文字チェック機能等の定番機能は、当然ついてます。

>>>エディタ部に関しての詳細な解説を見る。

7.関連のあるメールへのジャンプが強い

例えば、「このメールには返信が必ず必要だな」と思ってメールにカラーマークを付けておいたとします。
そして、このメールを後から探す場合の動作ですが、「どこのフォルダのメールであったか」を思い出せないと、このメールを探すのは面倒ではないでしょうか? また仮に、どのフォルダにしまっておいたかを思い出しても、その中からカラーマークを付けておいたメールを発見するのは、なかなか面倒な作業だと思います。マークしたメールの存在自体を忘れてしまうこともありえると思いますし。

EdMaxでは、このような場合の対策として、カラーマークの付いているメールを、ボタンクリック1発で探し出してくれるようになっています。また、カラーマークのついたメール以外に、下記のようなメールを探す場合も、ボタン1発で探し出してくれます。

ちなみに、名前が「ジャンプ」となっているのは、1つだけ探すのではなく、またボタンを押せば、次の対象メールへ飛んでくれることからこのような名前になっています。

また、これらのジャンプは全て、キーボードかツールバーアイコンのクリックで行えるようになっています。


8.料金体系とダウンロード先

■EdMaxシェアウエア版
   1年間コース  1000円
   永久ライセンス 3500円 (99/09/09、 5000円より値下げされました。)

■EdMaxフリー版  (99/08/10、Ver2.30.2Fより、マルチアカウント対応となりました。)
   0円(無料)

■フリー版の制限機能。
   ・英文スペルチェックなし
   ・ニュースリーダー、掲示板巡回機能なし
   ・Becky!タイプのマルチアカウント切り替え方式。(解説)
   ・Ver2.30.2F 以降の新規機能の追加はなし。バグ修正のみ。

■最新版のダウンロード
   EdMaxの正式なWeb からお願いします。


トップページへ戻る。