I18N Book Overview


[from book cover]

In the age of globalization, software products must be made to be able to run anywhere in the world. The linguistic and cultural conventions are the major factors to be considered when developing this type of software. "Internationalization" or "I18N" is the process to produce generalized, commonly-used software which can easily adapt to multiple local markets. INTERNATIONAL PROGRAMMING helps readers understand the idea of internationalizing software and learn the techniques of writing internationalized programs.

This book covers:

[裏表紙の解説より]

グローバル化の時代においては, コンピュータ・ソフトウエアは世界中の どこに住んでいるユーザでも使えるように作られていることが求められます. その際に考慮しなければならないのは, 言語や文化・習慣などの要因です. コンピュータ分野における「国際化」は「I18N」とも呼ばれ, 複数の異なった マーケットに容易に適合できるように, ソフトウェアをできるだけ汎用化・共通化 するためのプロセスといえます. 本書『国際化プログラミング』では, ソフト ウェアの国際化の考え方を紹介し, 国際化プログラミングのための技術について 解説します.

本書は次のような内容になっています.


I18N Book ホームページに戻る