【Home】   【日記メニュー】


2002/09/22
やっとP4システムに移行する準備が出来た(要は軍資金が出来た)ので大須に出かけて以下の物を仕入れて来ましたぁ。(詳細説明は後ほどまとめて出します、現時点で簡単に)

「選考条件」
●マザーボード
 EPOX/AOPEN などと見比べて色々悩んで、なんつうても予算に限りがあるもんねぇ。ってな事でまずはお値段を見て、仕様はその次でね。そして、私の使用環境は熱に対して条件が悪いからなぁ。(部屋の条件が悪い=夏場にエアコンを嫌うから/使用環境が悪い=複数の本体を横に並べて使用してて排熱環境が悪い)そんな、こんなの理由からAMDは最初から外してました。っと言うのは余談ですが。 (^.^)
 最近拡張スロットに何も差さない、つまりオンボードで全て間に合うと言う方向に気持ちが向きつつあるので、出来るだけ拡張スロットを使わないで済む物を選んだ。ほならなんでマイクロATXにしないってのは無しねぇ。

●CPU
 P3のシステムからの移行になるから、システム一式になるので、お値段が・・・・・
当節の厳しい社会情勢からお小遣いの・・・・・ って事で、一番お値段の張る、CPUをケチったろうって事になりました。もっとも、それほど高速なCPUが必要な程の事をやって無いと自覚してますし。
で、Celelon1.7Gに決めてお店に出かけたが、昨日店頭に回った2Gにふっと目がいって。

 Cel 2Gは現行のP4コア(NothWood)になったからそのCPUなら発熱も今までの1.8や1.7に比べてかなり押さえられていますよぉなんて店員の言葉についつい・・・・、若干高価なのを無視して熱対策と言う事で自分を納得させて・・・・
(ならば、P4の2Gでもにしたらええのにぃぃぃ・・・・・・ っと、思いつつも・・・・)

●メモリー
 正式対応はPC2100までですが、PC2700でもPC2100として動くから、どうせならって事でこっちを。DDRに付き物の相性と言うのを考慮して、512MB1枚にするか?256MB2枚にするか?っと悩んで一番被害が少なくて済む256MB1枚っと言うのにしました。
(こんじょ 無しぃぃ なさけなぁ〜〜あ?)
なんせ、一番安かった無印ノーブランド、チップのメーカー名も表示の無い、無印ってだけの物にしました。(Webで見る秋葉お値段などからすると、それでも1000円程度高いのは・・・ う〜〜ん)

 結論:なんの事は無い、あっさりとすんなりと動いてしまって、しもたぁ〜〜あ。512買えば良かったぁっと、ちょい悔やむ!


組立ての手順などは、また何かの時にとして。、ハードを組み上げて今度は今まで使ってたWindowsXPの入ったHDDをどうするか?っと言う事で。新規にクリーンインストール、つまりハードディスクをFDISK/Format(NTFS5.1でやるつもりやからCDブートして新規インストール)してのインストールした方が無難とわかってるのですが、折角システム構築した物を今さらすっぴんにしてしまって、また最初から時間を掛けて構築するのもシャクだし、ファイルやアプリのDLL等の問題もあって入れ直しして行かなくちゃならないし。

 ってな事で、無保証ですが、上書きで済ませてしまったろう!って結論になりましたぁ。でへへ
今まで使っていたハードディスク(HDD)をそのまま、新しいマザーボードに交換しても使うって事です。


「手順」(現時点では忘れない為に大まかな手順だけを)

●最初にそのままで起動するかチェックしました。(うまく行けば もうけもん!)
通常通りに電源を入れて起動すると、WindowsXPを読み込む時点(読み込みレベルゲージが表示される所)で思った通りにブルーバックになって、STOPエラーが出ます。致命的なエラーの為に起動出来ない系のエラーメッセージを出してます。 
STOP:0x0000007B(0xF9E50640,0xC0000034,0x00000000,0x00000000)
(思った通りで、まあぁ、当ったり前やなぁ。これで結構BBSなどで質問してる初心者の人も多いもんなぁ。でへへへ)
ってな事で、ほなどないしょ? 上書きで重ねて入れちゃえ! っと言う事にしました。

  1. CD-ROMドライブにWindowsXPのCD-ROMを入れて起動させます。勿論、ブート順位は
    FDD
    CD-ROM
    HDD 
    と BIOS設定を変更してあります。
  2. CD-ROMドライブにアクセスして起動出来るメディアがあるか調べています。そして起動出来るとPCが判断したら、 英語で「CDブートするなら何かキーを押してください」 と、言うメッセージが出ます。これを見逃さないようにして、「Enterキー」でも押します。余裕時間は3秒程度です。
  3. CDから起動して、WIndowsXPのインストーラーが起動して来ます。
  4. インストールするか?または回復コンソールを使って修復するのなら Rキー を押して。などの選択画面になります。ここでは、そのままインストールを選びます。ここで修復を選ばないように気をつけてください。
  5. そのまま、「暫くお待ちください」なんて言うメッセージが出てファイルを探しています。じっと待ちます。(約3〜5秒程度)
  6. ここで再度、新規にインストールするか? それとも今入ってるWindowsを修復するか?っと聞いて来ます。選択画面になって止まります。 ここで 修復を選んで Rキーを押します。この2回目の修復を求める時にRキーを押すことによって、今入ってるWindowsXPの環境を保持したままで上書きインストール(セットアップ)が出来ます。
  7. ファイルのコピーが始ってインストールが開始されます。
  8. そのまま黙って見てるしか無いから見てます。マシン性能などの違いにより若干の差はありますが、30〜40分程度掛かります。
  9. 最終の設定で再起動します。
  10. 見つけたドライバーなどをインストールしています。
  11. 【注意事項】
    項途中で、Aドライブにディスクを入れろ!っと言うメッセージが出ます。 何かのDLLが無いと言うメッセージで数回同じ事を聞いて来ますから、キャンセルをクリックしました。これは私の環境内の事だけかも判りませんが、この手の要求メッセージが出て意味が不明な場合はキャンセルをしてインストールを続行してください。 後で、マザーボード付属のCD-ROMから必要なドライバーなどをインストールしてしまえば問題は回避出来ます。セーフモードでもドライバー等のインストールは可能です。
  12. 全てのファイルがコピーされてインストールが終わると、いよいよ問題のWindowsXPの再起動になります。

    (おいっおい、頼むからうまく起動してくれよぉぉ!っと半分祈って。内心はこれで絶対に起動するはず、うまく出来ない場合にはインストールの最中に止まってしまうからなぁ、このマザーに必要な全部のファイルが入ったから起動するはず! っとね。)

    前のシステムで設定してあった壁紙が表示されました。(でへへへ うまくいったね。)
  13. が、しかし、ログイン時に 「認証を受けてください!」っとメッセージが出ます。これを回避するわけには行きません。キャンセルすると、同じログイン画面への繰り返しになるだけです。
  14. インターネットに接続して認証を選んでクリックしましたが接続出来なかったので電話での認証をしてください。なんてメッセージが出た。

     LANカードのドライバーもまだ入っていないし、マザーオンボードに付いて来たドライバーを入れて無いと言うか、入れる機会がまだ無いし、入れる場面が無いのに、インターネットに接続出来るはずが無いやろがぁ!っと思いつつもこれを選んでしまった。でへへへ 楽だもんね。ダイヤルアップ接続の人の場合にはどうなるんだろう?ダイヤルアップ接続でモデム関連はこの時点でうまく設定が出来てる事になるのだろうか?っと素朴な疑問をもちつつ・・・・・

  15. 仕方がないので、電話での認証を選らんでクリック。
  16. 新しいインストールIDが作成させて、画面に表示されています。そして電話番号も出ていますし、認証コードを入力する箇所も出ています。
  17. 電話します。
  18. お決まりのコンピューター音声での応答になります。メッセージのやりとりは口頭では無くて、電話機の番号ボタンを使っての応答になります。電子音声の為によく聞き取れない時もありますが、再確認ように 「1のボタンを押してください」 などの応答になりますから、何度でも同じ箇所を聞く事が出来ますから、安心して。しかし、電話機を手元に置いて置く事を忘れないように、そして出来るなら、コードレスの子機でプッシュボタンが本体に付いてるのは、耳から放してボタンを押して返事をする事になりますから、聞き逃す場合もあるかも知れませんが、まあこのへんは慣れでしょうね。
  19. 全ての認証コードを入力し終わると、ログインする事になります。ログイン出来なかった場合には電話機のボタンなになにを押してください。っと言う最終のメッセージが出ますが、ログイン出来た場合には、そのまま電話を切ります。

     この認証コードをキーボードから入力する時に間違えて入れても、ちゃんと相手が間違った可能性がありますっとゆうて修正出来ます。でね、ここで思ったね、こっちから入力してる番号がわかるって事は、マイクロソフトからキーボードをハックする何かを入れたなぁ! なんて思ったが、言うことを聞かないと、WindowsXPが使えなくなるから、仕方なしに・・・・・・
  20. これで、マザーボードを交換して、XPがブルーバックで起動不可になったのを回避して今まで通りの環境で再起動してログイン出来ました。

「参考資料」

修復セットアップの仕方はMSからも出ていますから、ここを参照してね。修復セットアップしても自分で作ったデーター等は消えません。
http://www.microsoft.com/japan/enable/training/kblight/T007/7/40.htm


ここで、問題になったのが、XPのセキュリティ修正パッチとかで今までに当ててあったのが全て最初の状態に戻ってしまったと言う事です。しかし、幸いにもXPにはSP1が出ましたから、これを入れる事で2002年9月半ばまでの修正パッチ、不都合修正差分などはインストールが出来ます。足らない分は個別で入れてしまえばええだけやし。 それも早急にね。

 起動するようになったから、なんちゅうても最初にやる事は、マザーボードに付属のドライバーCDから専用の対応ドライバーを入れる事です。CD-ROMに付属のCDを入れるとインストールメニューが出ますから、基本的にはメニューのリストの一番上から順番に入れて行きます。

  1. チップセットドライバー
  2. このマザーにUSB2のドライバーと、修正差分ドライバーが入ってたのでそれも。
  3. 音源ドライバー
  4. LANドライバー
  5. マザーボード専用のユーティリティ類

と言う順序になります。

【注意事項と反省点】
 USB2ドライバーを入れる場合にはキーボード及びマウスはPS/2にしておきましょう。通常使ってるのがUSBのマウスやキーボードでも、このドライバーを入れなくても問題なく操作可能でしたが、(私はUSBマウスとキーボードを使っています。起動時のBIOS設定も今のマザーは全て対応していますから、あえてドライバーをいれなくても動きます)このドライバーを入れた瞬間にキーボード&マウスが動かなくなりました。

 仕方が無いので本体の電源ボタンを押して強制終了させて後にPS/2マウスを取り付けて再起動して完全終了していないUSB2ドライバーのインストールを続行します。このドライバーが入ってしまうとUSBキーボードもマウスも今まで通りにちゃんと使えています。USB2ポートに差しても、USB1.1ポートに差してもどちらでも作動しています。

この時にマニュアルでは、 USBの修正差分ドライバーのみを入れるとなっていましたが、自分はUSBドライバーも入れました。その時には、WindowsXPの認証を受けていないドライバーです。Windowsが動かなくなる可能性もありますから、キャンセルしてください。なんて言う警告メッセージも出ましたが、無視して入れました。それで良かったのかどうかは今は不明です。次回に検証してみます。(宿題!)


付属のCDから全てのドライバーやユーティリティを入れたらインターネットに接続してみました。私の接続環境はYahooBBですが、LANカードの変更などの設定は一切無しにそのままインターネットに接続出来て、今まで通りにWeb巡回も出来ました。 面倒なくてこりゃええわいわい。


【最後に】
この状態で使用してまだ2日ですが、時間にすると20時間以上、前の環境での操作と同じ事をしています。アプリを起動して使ったり、インターネットしたり、ホームページをアップしたり、書き換えたりとね。問題は今の所出ていません。(その後、現在2003年4月17日ですが、システムに異常は出ません。以下の「念を入れるなら」を含めてこのやり方で全てOKと言う事になっります)

【念を入れるなら】
 1週間程使用して後に、セーフモードで起動して、デバイスを表示して前のマザーボード関連のチップセットドライバーLANカード類のドライバーなどを削除してみようと思っています。今までのWin9x系ではこの手段でいくつものマザーを同じHDDでクリーンインストールする事無しに渡って来ましたから、きっとXPでもそう問題は起きないと思う。


「要約」

この作業全体は、メーカー製のWindowsXPが最初から入って売られてる物に対して実行したのではありません。一般的に言われる「自作マシン」にお店で売ってるパッケージ入りのWindowsXPを使って上書きのインストールをやった物です。

  1. 新規のマザーに前のHDD、スロットに各種カードなど前と同じように取り付ける。
  2. 一応そのまま電源を入れて起動して見る。
  3. うまく起動するなら、それでよし。念を入れるのなら、以下の上書きインストールをやっておく。
  4. BIOS表示や、使用機器の一覧表示(POST表示)が終わって、一旦真っ黒の画面になった後にWindowsXPのドライバー類の読み込み画面(レベルメーターが出る画面)でブルーの背景に白字でエラーメッセージが出るなら。
  5. WindowsXPのCD-ROMから起動して
    一度目に表示される インストールか修正か と言うのは、そのままインストールを選ぶ。
  6. 2度目に表示される  インストールか、今入ってるWindowsを修正するか? っと言う問い合わせ画面が出た時に Rキー を押す。この画面での Rキー です。
    (一度目のRキーではない!)
  7. そのままインストールされるのを待つ。
  8. 起動したら「マイクロソフトの認証作業」に入る
  9. LAN設定ができていたらインターネットで、(それでも電話による認証となると思う)
    LAN設定が未完なら電話での認証に入る。
  10. 認証が完了すると、前のWindowsXPの環境設定等を引き継いだままで起動する。
  11. マザーボード付属のCDからチップセットドライバーなどを順次インストールする。
  12. セキュリティの修正差分などが奇麗にクリアーされてしまっていますから、SP1などの修正差分を早急に入れる。
    (マイクロソフトの WindowsUpdateでOKだし、セキュリティ情報から でもOK
  13. 使用中に周辺機器によっては、初めて使う時に「新規のハードウェアーを発見」なんて言うメッセージが出て、ドライバーを勝手に見つけて再起動なんてシーンも出ますが、指示通りにするとOK。

っと、言うような手順になりますぅぅ。 って事で、ほなねぇ。


この手順とかの報告は、忘れてしまわない内にっと言う事でざっとあらましを書いてあります。そしてこの方法でやると確実で絶対です。なんて事じゃありません。幸いにも私の環境ではOKだったのかも知れません。が、Win9x系でやって来た事が、ここでも生かされたっと思っています。何か不都合が出た場合には、また報告ってな事で、この日記に追加しますぅぅぅぅ。

2003/04/17
一応この手順で前のシステム構成のまま、マザーボードを交換して使用して来ましたが、問題は起きません。その後、メモリーとHDDを交換しましたが、それはまた別の日記として書いてあります。やっぱし、なんだかんだゆうても、WindowsはWindowsで、今までの98系と同様の方法っでもなんとかなるもんです。やり方に若干の違いはありますが・・・


お遊び時間:
新規のケースにマザーを取り付ける。から始って、前のマザーからカード類を外す、ドライブ類を付け替える。そしてWindowsXPの上書き再インストール。最終的にマザー付属のドライバー類をインストール、今まで通りに起動してインターネット。

夕方4時頃から始めて終了は7時過ぎでした。ちょいっと迷った部分もあって少し手間取ったかな?
ってな事で、3時間半〜4時間ぐらいでした。


「追記」
その後:2003/10/04現在まで使用していますが、問題は起きていません。私の環境だけの事の可能性もありますが、一部で言われるクリーンインストールしないと駄目!と言う訳でも無い。XPでは初めての事でしたが、Windows9x系では、常時この方法でHDD(構築した環境を維持したまま)を使い回しして来ました。

ただし、再認証しないとあかんってのは面倒ですねぇ。何回でも認証出来るってのはわかっていてもやっぱし、何となく嫌気がする。ちゃんとお金出して買ってきたソフトやのに、なんかマイクロソフトに対して違法なコピー物は使っていません。なんて言い訳してるみたいでしゃくにさわる。

【Home】   【日記メニュー】