「更新の記録&覚え」2009年版
主にセキュリティ系のニュースだけを記録。 時々面倒で省略してますぅぅぅ。赤字はMS関連のニュース

2010/01/29
●「マイクロソフトアップデート
●「「匿名ネットサーフィン」うたうStartpageプロキシサービスが公開」
●「Flashインストーラはトロイの木馬? Symantecソフトが誤認識」
●「知能テストに見せかけた危険なワーム、BitDefenderが駆除ツール公開」
●「「iPad」発表に便乗したSEO攻撃、関連用語の検索結果を汚染」
2010/01/27
●「「DoCoMo歌手別倉庫」での違法音楽配信、掲示板の管理者ら逮捕」
●「2009年のフィッシング攻撃は16%増の16万件超−RSA調査」
●「セキュリティ対策の心得、基礎の基礎5カ条
番外編:P2Pファイル共有ソフトに潜む脅威」
●「ネットの利用時間やトラブル遭遇、保護者と子どもの意識に違い」
●「マイクロソフトアップデート
●「キヤノンITS、統合セキュリティソフト「ESET Smart Security V4.0」の限定パックを発売」
●「トレンドマイクロ、月額制「ウイルスバスター」Mac版の提供を開始」
●「TechCrunchでサイト改ざん、アダルトや海賊サイトへのリンク掲載」
●「知能テストに見せかけHDDのデータを破壊、危険なワームが拡大」
●「ユーザー心理に付け入る手口:
「ウイルスを検出したのでお金を払って」――偽ソフト詐欺の傾向と対策 (1/2)」
2010/01/26
●「「Adobe Illustrator 10」海賊版販売、男を逮捕 - 滋賀県警」
●「Kasperskyでサイト閲覧時にトロイの木馬が誤検知される現象」
●「「Sleipnir 2.9.3」が公開。データ実行防止機能に対応」
●「ダウンロード違法化で違法行為「減る」が6割、罰則は賛否両論」
●「Shareで入手のアニメを無断上映、千葉県警がネットカフェを捜索」
●「ヤフー、「Yahoo!ツールバー」などのフィッシング警告機能を強化」
●「Gumblarの新しい亜種が突出、感染サイトの4割で検出」
●「「Google Chrome 4」の安定版リリース 拡張機能とブックマーク同期に対応」
2010/01/25
●「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリの通知
●「インターネットを使った恐喝マルウェア「ランサムウェア」とは」
●「Google中国問題で、米中が大使レベルで協議を開始」
●「BitTorrent利用の授業配信実験、慶應義塾大学が実施」
●「IEに新たな脆弱性、セキュリティ企業が発見
2010/01/22
●「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリの通知
●「MSが定例外パッチ「MS10-002」公開、IEのゼロデイ脆弱性を修正
●「マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-002 - 緊急
●「イーバンク銀行、5月4日から「楽天銀行」に」
●「東京芸術劇場チケットサイト改ざん、運営のホリプロ事実公表せず 」
●「「Lunascape 6.0.2 β」、合わせてIEのパッチ適用を呼びかけ 」
●「「iPhoneの保証延長」をうたうスパムが出現」
●「最も安易なパスワードは? 流出情報の分析結果を発表」
●「Mozilla、「Firefox 3.6」正式版をリリース」
2010/01/21
●「今週の要注意ウイルス:「Exploit-Comele」 」
●「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリの通知
  Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される
●「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリの通知」
  Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される
●「マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2010年1月 (定例外)」
●「「ファンタシースターユニバース」かたるフィッシング、BBSで誘導」
●「「安全なウェブサイトの作り方」改訂、Webアプリの失敗例を拡充」
●「「無料試用から有料契約に自動移行」宅配DVDレンタルの苦情増加」
●「「Firefox 3.6」22日午前2時公開、プラグインチェックなど新機能」
●「「Thunderbird 3.0.1」公開、3件の脆弱性を修正」
●「Adobe Shockwave Playerの更新版リリース、深刻な脆弱性に対処」
●「IEの臨時パッチ公開は日本時間22日、MSが予告
2010/01/20
●「ヒューリスティックエンジンを搭載した「avast! Free Antivirus」v5.0が公開」
●「「Outlook Web Access」の更新を装う攻撃増加、BitDefenderが警告
●「MicrosoftがIEの臨時パッチを公開へ、脆弱性問題に対応
●「Windowsに新たな未修正の脆弱性、回避策の利用を
●「中国駐在ジャーナリストのGmailにハッキング攻撃」
●「アップル、Mac OS X用「セキュリティアップデート 2010-001」公開」
2010/01/19
●「脆弱なWindows 2000がネットに放り出される--保護製品を提供するFFRの意図
●「Googleなどを狙った攻撃はIE6のみ標的、IE8へのアップグレードを
●「Adobeの修正パッチ適用で、Mac版InDesign/Illustratorに不具合」
●「ファーストサーバ、Webページ改ざん検知サービスを提供」
●「OpenOffice.org、Wordの倍近くのあいさつ文を挿入できる拡張機能」
●「イーフロンティア、更新料0円のウイルス対策ソフト「ウイルスキラーゼロ」2010年度版」
●「Googleを狙った中国のサイバー攻撃、内部に協力者の可能性も」
●「QuickTimeの脆弱性情報、セキュリティ企業が報告」
●「Microsoft、IEのパッチをリリースへ
2010/01/18
●「ダウンロード違法化、Winnyノード数に影響なし Shareは減少」
●「デジタルアーツ、テレビ向けフィルタリングサービスの最新版」
●「映画「アバター」の検索結果に不正リンク、偽ウイルス対策ソフトに感染」
●「IEの脆弱性を狙うコードが出回る、Google攻撃にも利用
●「Firefox 3.6、完成に近づく RC2がリリース」
2010/01/16
●「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリの公開通知」
   Internet Explorer の脆弱性により、リモートでコードが実行される
2010/01/15
●「Yahoo!ジオシティーズでもホームページ改ざん事例」
●「「Java 6 Update 18」が公開、セキュリティ修正は含まれず」
●「米Intego、Mac用ウイルス対策ソフト最新版「VirusBarrier X6」」
●「ハイチ大地震に便乗のSEOポイズニング、検索結果の上位に不正リンク」
●「Googleへのサイバー攻撃はIEの脆弱性を悪用――McAfeeが調査
●「MicrosoftがIEの脆弱性を報告 IE 6狙った攻撃も
2010/01/14
●「今週の要注意ウイルス:「Downloader-CCY」」
●「マイクロソフト セキュリティ情報 MS09-073 更新
●「1月のMS・Adobeのセキュリティ更新を確認する
●「スパムは10年間で8%から90%に、Symantecが動向報告」
●「中国Baiduがアクセス不能に、Twitterハッキングと酷似」
●「Adobeもサイバー攻撃の標的に、ネットワークに組織的な攻撃か」
2010/01/13
●「マイクロソフト セキュリティ情報 MS09-035 更新
●「2010 年 1 月のセキュリティ情報
●「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリの公開通知
●「Flash Player 6に脆弱性、MSがバージョンアップ呼びかけ 」
●「MS月例パッチ1件を公開、Flash Playerの更新情報も
●「「Adobe Reader」v9.3.0が公開、任意コードの実行を許す致命的な脆弱性を9件修正」
●「フィッシング詐欺グループを逮捕、約2700人分の情報を不正入手」
2010/01/12
●「「Yahoo!占い」内の一部ページにGumblar、2009年10月末から」
●「シマンテック、「Gumblar」攻撃の新しいスクリプトを注意喚起」
●「マイクロソフトアップデート
●「12月は中国発のスパムが急増――McAfee報告書」
●「Androidアプリに不正ソフト、パスワード盗難の恐れ」
●「Office公式サイトの検索結果に不正なリンク、「ユーザーは注意すべし」と専門家
●「Mozilla、「Firefox 3.6」のRC1をリリース」
●「シマンテック、Amebaのウイルス問題で「ノートン」90日体験版を無料配布」
●「Gumblar対策を再チェック 基本的な作業で感染防止を」
2010/01/08
●「今週の要注意ウイルス:「WinCE/Sejweek.A」」
●「新ウイルスGumblar(ガンブラー)について」
●「マカフィー、メール/Webセキュリティアプライアンスの新製品発表」
●「欧州におけるIEのシェアが63.6%に低下、ADTECHが調査
●「So-net、「So-net 光 with フレッツ」解約時処理で誤請求が発生」
●「ダウンロード違法化、どこまで合法? 福井弁護士に聞く」
●「Adobe Illustratorのアップデート公開、深刻な脆弱性を修正」
●「AdobeがReaderとAcrobatのアップデートを予告」
●「「Gumblar」はAdobeのゼロデイ脆弱性も使用、ユーザーは対策を」
●「今度はハウス食品 採用サイト改ざん、閲覧者1万2000人にGumblarウイルス感染の恐れ」
●「Amebaのブログパーツ「ノートン警察」閲覧者にトロイの木馬感染のおそれ」
●「1月のMS月例パッチは1件のみ、Windows 2000に深刻な影響
2010/01/07
●「;違法ダウンロード規制"こそ違法? HADOPIスタートで幕を開けた2010年」
●「USBウイルスが常套化、「Gumblar」などWebからの脅威も続く」
●「海の向こうの“セキュリティ” 第40回:2009年のセキュリティを振り返る」
●「米ソフト企業、コードの盗用で中国を提訴」
●「ローソンの採用サイト改ざん 閲覧者にGumblarウイルス感染の恐れ」
2010/01/06
●「「アメブロ」芸能人ブログのアカウント情報約450件が流出」
●「「モバゲータウン」など携帯サイトを装うフィッシングサイトに注意」
●「KAGOYAのレンタルサーバーに改ざん被害、Webアプリの脆弱性で」
●「短縮URLが悪質サイト誘導を助長、マカフィーがサイバー脅威予測」
●「IPAへの年間ウイルス被害届出、前年比大幅減も感染手法は巧妙に」
●「Movable Type 5.01/4.27公開、アクセス制限回避の脆弱性を修正」
●「「Cabos」で児童ポルノ画像公開、中学教諭の男性など計48人摘発」
●「Firefox 3.5.7と3.0.17が公開 安定性の問題を修正」
●「Microsoft、「Office 2010」の価格を発表
●「Chromeブラウザのシェア、Safariを追い抜く」
●「1月1日からダウンロード違法化、Winny/Shareノード数に変化は?」
●「ダウンロード違法化、フェアユース…… どうなる著作権法 (1/2)」
2010/01/01
●「明けましておめでとうございます。本年もよろしく」

↑2010年


2009/12/30
●「今年(2009年)はこれで終わりです。1年間ども、ありがとう」
●「年末年始の安全対策にも--無償で高機能なセキュリティソフト6選」
●「Twitterで鳩山首相になりすました男性が謝罪 「有名人でコントやってみたかった」」
●「ダウンロード違法化、補償金問題…… ネットと著作権、2010年はどうなる (1/2)」
2009/12/25
●「NTT東、フレッツ・ADSLやひかり電話ルータ利用者に誤請求」
●「Kasperskyが鷹の爪コラボ商品、オリジナルのスキンや警告音も」
●「Winnyで公開しているファイルを確認できる「Nyzilla」公開」
●「「Gumblar」の攻撃が増加・長期化、サイト管理者は細心の注意を」
●「読者が選ぶ2009年インターネット10大ニュース 結果発表 トップは「Windows 7」の発売」
●「ウイルス対策ソフトの性能比較、12月の結果が公表」
●「MicrosoftのIISに脆弱性、ファイル拡張子の処理に問題
●「Opera、“7倍早い”「Opera 10.5」のプレα版リリース」
●「国内SNSの偽サイトが相次ぎ出現、携帯ユーザー狙いか」
2009/12/24
●「今週の要注意ウイルス:「FakeAlert-KW」 」
●「最も軽いセキュリティ対策ソフトは? パフォーマンス比較結果公開」
●「年末年始は「タコイカウイルス」にも注意、重要ファイルを上書き」
●「JR東のサイトが改ざん ユーザーにGENOウイルス感染の恐れ」
●「2009年、最も違法DLされた映画は「スター・トレック」」
2009/12/23
●「USBメモリの自動実行機能は無効か、IPAが設定チェックツール公開」
●「DL違法化でファイル共有ソフトやめる? ACCSらが利用者意識調査」
●「Winny/Shareファイルの約半数「著作権侵害コンテンツと推測」」
●「ファイル共有ソフト「現在利用者」はネット利用者の9.1%」
●「JR東のサイト内検索窓に改ざん 運用停止」
2009/12/22
●「マイクロソフト セキュリティ情報 MS09-058 更新
●「大半が月収1000円未満、上級者は「旅行」に期待 - アフィリエイト意識調査」
●「「Baidu Type」がWindows 7/Vista対応、クリスマス用スキンも」
●「2009年、子供が最も検索したのは「YouTube」 アダルト語も上位に」
2009/12/21
●「「OpenOffice.org」用拡張機能「Sun PDF Import Extension」v1.0.1、脆弱性を修正」
●「現実的環境下のウイルス対策ソフト比較、AV-Comparativesが実施」
●「新プラットフォーム採用「OKWave」が正式版に、モバイルも刷新」
●「読者が選ぶ2009年インターネット10大ニュース 」
●「セブンネットショッピング、「デモ用ソースコード」が流出、XSS脆弱性も 「個人情報流出はない」」
●「「タコイカウイルス」夏ごろから拡大 タコやイカの画像でファイル上書き」
2009/12/18
●「今週の要注意ウイルス:「Exploit-PDF.ag」 」
●「7月の米韓へのサイバー攻撃、日本国内サーバーも悪用」
●「欧州では依然DSLがブロードバンドの中心、日本は3Gの割合が突出」
●「検索サイトのキャッシュにもマルウェアの危険」
●「Twitter、ハッキングされ一時アクセス不能に」
2009/12/17
●「Share一斉逮捕は「効果的な刑事摘発」 - ACAがP2Pソフト対策方針を説明」
●「JPCERT/CC、長期休暇前後で確認すべきセキュリティまとめ 」
●「USBメモリ経由の感染手法が常套化、トレンドマイクロ2009年総括」
●「クリスマススパムに要注意、eカード詐欺が今年も出現」
●「Adobe ReaderとAcrobatの脆弱性、修正パッチは1月12日にリリース」
●「無料うたうゲームで高額請求 相談273件」
●「ヒーロー気分味わいたい? 有名人かたる「なりすまし」続々」
●「最新版「Sleipnir 2.9.2」、Windows 7新機能「Aero Peek」に対応」
●「2010年に注意すべき12のオンライン詐欺、マカフィーが発表」
●「画像で見る「Baidu Type Beta 1.0」」
2009/12/16
●「2008年発生の個人情報漏えい、ファイル共有ソフト関与は23%」
●「マイクロソフトアップデート Games for Windows LIVE Setup 3.2 日本語
●「Firefox 3.5.6/3.0.16が公開、重要度“最高”含む脆弱性を修正」
●「dobe ReaderとAcrobatを悪用する攻撃発生、未修正の新たな脆弱性が見つかる」
●「中間者攻撃で取引内容を改ざん、オンラインバンキングを狙う」
●「性的な写メ送る「セクスティング」、15%の子供が受信経験あり」
●「Microsoft、ミニブログサービスのコード盗用認める
●「「違法DLでネット切断、国内でも可能か議論したい」――JASRAC菅原常務」
2009/12/15
●「NTTで過大請求2億3000万円・過小請求4億8900万円、1971年から」
●「Google、豊富な語彙が魅力の同社製IME「Google 日本語入力」の64bit対応版を公開」
●「最新セキュリティ情報をTwitterで トレンドマイクロが開始」
●「SNSのアプリを狙うフィッシング詐欺が増加」
●「偽セキュリティソフト被害は1億5000万ドル超、FBIが注意喚起」
●「アジア発のスパムが上昇、「Twitterで副業」の宣伝も――SymantecとMcAfeeの月例報告」
●「Office 2003、IRMで保護されたファイルが開けない不具合
2009/12/14
●「大手ECサイトで個人情報漏れ?ネット掲示板などで騒動に」
●「コアラの次はヤマネコで! Ubuntu 10.04 α1が早くもリリース」
●「「Amebaなう」にCSRFの脆弱性、ユーザーの意図しない投稿が広まる 」
●「Windows XPでは再設定が必要な1TB HDDが発売」
●「Skype 4.2βリリース Wi-Fiホットスポット接続機能も」
2009/12/11
●「今週の要注意ウイルス:「Generic.dx!gns」」
●「「ウイルスバスター2008」のURLフィルタリング機能に脆弱性、修正プログラム提供」
●「「Lunascape 6」正式版公開、Firefoxアドオンに対応」
●「マイクロソフトアップデート Office 郵便番号辞書 (2009年11月版)
●「MS無料ウイルス対策ソフトでできること、できないこと
●「マカフィー、ウイルス駆除をリモート操作でおまかせする「マカフィー・ウイルス駆除サービス」」
●「シマンテック、Mac版「ノートン」をSnow Leopardに対応」
●「「Facebookのパスワード変更」メールに要注意、ウイルスに感染」
●「URL踏むと「こんにちは こんにちは!!」 AmebaなうのCSRF脆弱性で“意図しない投稿”広がる」
Topページのカウンターが97万を超えた。
2009/12/10
●「フィルタリングソフト「InterSafe Personal」がWindows 7に対応」
●「スパムが1日平均1070億通、ボットネットは延命図る傾向に」
●「ウェブメール「Active! mail 2003」に複数の脆弱性」
●「12月のマイクロソフトセキュリティ更新を確認する
●「Amazon EC2からマルウェアを遠隔操作、クラウド利用に着目か」
●「Windowsの暗号化機能に「メイド攻撃」の弱点? Microsoftが反論
●「任天堂、フランスでもマジコン訴訟で敗北」
●「「USB版Windows 7」作成ツール、オープンソースで公開
2009/12/09
●「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリの公開通知 2件
●「マイクロソフト セキュリティ情報 MS08-037 更新
●「NTT西日本の不適切な顧客情報提供、KDDIなど13社が総務省に要望書」
●「MSが6件の月例セキュリティ情報を公開、IEやOfficeの脆弱性に対処
●「2009年12月のセキュリティ情報
●「サッカーW杯に便乗の詐欺、早くもネットに出回る」
●「VISAをかたるフィッシング、対策協議会に多数の問い合わせも」
●「AdobeがFlash Playerの脆弱性に対処、Illustratorへの対応は2010年に」
●「「Thunderbird 3」正式リリース」
●「Windows 2000とXP SP2のサポート、2010年7月で終了
●「USBオーディオ製品「Sound Blaster X-Fi GO!」にウイルス混入」
2009/12/08
●「日本語URL「知っていた」が63.1%、アイシェア調査」
●「セキュリティにクラウドの闇、Amazon EC2悪用の総当たり攻撃も」
●「マイクロソフトアップデート
●「「Opera 10.10」、公開1週間で1200万ダウンロード」
●「架空ユーザーからの友達リクエストに多数反応、Sophosが実験」
●「楽天トラベルで虚偽予約、全国1600ホテル被害か」
2009/12/07
●「トレンドマイクロ、PSP向けWebセキュリティサービスを有償提供」
●「マイクロソフトアップデート My Phone for Windows Mobile 6+ 日本語」
●「Apple、Mac OS X向けのJava更新版をリリース」
●「ネット中毒の若者に自傷傾向――豪・中の研究者が調査」
●「Windows 7にUSBバージョン ただし海賊版
●「Adobe Illustratorに重大なゼロデイ脆弱性が発見される」
2009/12/04
●「今週の要注意ウイルス:「W32/Fujacks.ay!rootkit」 」
●「ワンクリック不正請求トラブル、相談事例が半年で1万7794件」
●「AVG、ヒューリステックベースのゲーマー向けセキュリティソフト 」
●「Flash Playerに新たな脆弱性、12月8日に修正バージョン公開へ」
●「12月のMSパッチは6件、IEの深刻な脆弱性に対処
●「「入力内容はGoogleに送信される?」「64ビット版は」――Google日本語入力、よくある質問」
●「Shareノード数、一斉摘発後に大幅減少」
2009/12/03
●「マイクロソフト セキュリティ情報 MS09-046 更新
●「「avast!」が大量のファイルをウイルスと誤検知する問題が一時発生」
●「海の向こうの“セキュリティ”」
●「Webで「世界一安全」な国、McAfeeのドメイン別危険度ランキング」
●「FreeBSDに対する攻撃コードが出回る--緊急パッチを公開中」
2009/12/02
●「セキュリティ対策機能強化の「Yahoo!ツールバー」最新版」
●「改正特定商取引法が施行、ネット通販の規制強化も」
●「新型インフルのワクチンをエサにするトロイの木馬」
●「「Windowsブラックスクリーン問題はパッチと無関係」、MSが結果公表
2009/12/01
●「「AVG Internet Security 9.0」パッケージ版を12月4日に発売」
●「警視庁、ネットカフェに本人確認などを義務付ける条例案策定へ」
●「「お名前.com」のレンタルDNSに障害、3万3000件に影響」
●「アダルトゲームのsetup.exeを装い、個人情報を晒すトロイの木馬」
●「ファイル共有ソフト「Share」利用者を一斉取り締まり −「らんま」や「ドラクエIX」や「Wii Music」など」
●「「世界中のPCを保護したい」――独Aviraが日本市場に本格参入」
●「インターネット接続を人質にするランサムウェア出現」

↑2009年


[過去]
2009年分
2008年分
2007年分


<Homeに戻る>