ホーム>Walktunes

Walktunes ver20110703

ダウンロード

walktunes20110703.zip

Walktunesとは

iTunesで管理しているmp3ファイルをウォークマン(mp3ファイルを直接コピーしても再生する機能の「ない」古い機種)へ転送 するツールです。
昔、Sonictunesというフリーソフトがあって、これが同様の機能をもつソフトでした。 私も愛用していたのですが、最近OSをWindows7にし、iTunesをVer10にしたところ、Sonictunesが使えなくなってしまいました。 SONY純正の転送ツールであるSonicStageの酷さは、以前存分に味わったので、アレを使う気は微塵もありません。 Sonictunesは随分前からメンテも行われておらず、バージョンアップも期待できなさそうなので、自分で作ってみました。 その名もWalktunes。。。パクリ感漂うハイセンスなネーミングです。
私が所有してるWalkmanはNW-A608という型番で、香水瓶タイプの2GBのものです。 特別音がいいわけではないですが、操作性は抜群なんですよね。 新しいの買えば、容量増えるし、mp3直接コピーにも対応してるしで、問題解決なんですが、 この操作性は捨てがたいです。 なお、このソフトの開発に当たってはml sonyというWinamp用のプラグインを参考にさせて頂いています。

使い方

.NETFramework2.0のランタイムが必要です。今時のOSなら入ってると思います。ない人はMicrosoftのHPからダウンロードしてください。
zipをダウンロードしたら、適当なフォルダに解凍してください。インストーラーはありません。
walkmanをPCに繋いで、本ツール(walktune.exe)を起動します。 そしてwalkmanに転送したいプレイリストを選んで、同期実行ボタンをクリックします。プレイリストはShift/Ctrlキーを使って複数選択ができます。 あとは、いくつか確認画面を経ると転送が始まります。
処理時間は転送する曲数に大きく依存するので、10数秒〜10分程度くらいと幅があります。 イメージですが、「処理時間トータル=10秒+(3秒×転送する曲数)」くらい?。あまり早くはありません。 なお、処理中に進行状況を示すような親切な表示はありません。また処理中は無応答状態になりますが、強制終了をしないでください。 管理データが壊れる可能性があります。

注意点など

不具合・質問など

Synth1の掲示板で対応いたします。