GISがあれば、、、
↑トップへ戻る 
このサイトは、GISの効用を広く知っていただくために作成しております。
データ整備、基図採用、GISエンジン、システム構成、運用管理などは度外視しておりますので、あらかじめご了承願います。
 
その23 過去に起こった災害(特に浸水など)を記録しておくことができます。
その22 GPSと携帯電話を利用することにより、人やモノ(自動車など)の捜索ができます。
その21 地質調査の情報を記録しておくことができ、無駄な調査を解消できます。
その20 GISがあれば、今までに行った旅行などの旅行記を、ルート地図、随所の観光写真付きで記録することができます。
その19 GISがあれば、過去の空中写真と現在の空中写真を重ね合わせて、自然環境の変化状況を確認することができます。
その18 GISがあれば、店舗、ホテル、観光地などのホームページのナビゲーション機能のある地図に、自宅の電話番号や、郵便番号を入力するだけで、カーナビのようにルート設定して表示することができます。(それを印刷すれば、立派なドライブ地図に早変わり!)
その17 GISがあれば、カーナビを使ってのドライブ中に、「まもなく事故多発地点です。慎重に運転しましょう」っと、ナビゲーション設定することができます。
その16 GISがあれば、家の近くの事故多発地点の位置を確認することができます。
その15 GISがあれば、日めくりカレンダーのごとく、地図情報にイベントカレンダーを表示できます。
その14 GISがあれば、標高データによりどこが床上、床下浸水する可能性があるか仮定できます。
その13 GISがあれば、天然温泉の分布状況と、日帰り入浴料、サウナの有無などが分かり、自宅からのルート、所要時間がわかります。(今日、温泉に行ってきたので、、、(^^;))
その12 GISがあれば、家賃、間取り、最寄りの交通機関などを指定した賃貸住宅の空き室分布状況を確認できます。
その11 GISがあれば、多くの観光地の訪問ルートを、観光地内容を確認しながら効率的に設定できます。
その10 GISがあれば、多くの顧客の営業訪問ルートを効率的に設定できます。
その9 GISがあれば、わざわざ台帳をめくらなくても、過去の許認可物件の位置及びその内容を確認することができます。
その8 GISがあれば、苦情箇所の位置情報分布が確認でき、今後の予定される改良工事等と合わせて検討することができます。
その7 GISがあれば、某月某日のイベント開催分布状況が確認できます。
その6 GISがあれば、活断層の位置情報が確認できます。
その5 GISがあれば、検索対象の不動産(保有土地、担保物件、建築物件等)の分布状況が把握できます。
その4 GISがあれば、検索対象の方々(顧客、特定年齢層等)の分布状況が把握できます。
その3 GISがあれば、交通量、ライバル店の位置、人口密集情報などを考慮して、どこに店舗を設置すれば効果的か判断することができます。
その2 GISがあれば、バリアフリーの対応施設等の情報を、インターネットを通じて住民に提供することが可能です。
その1 GISがあれば、工事予定箇所の区域に埋蔵文化財があるかないか判断できますので、工事計画に反映させながら事業展開できます。
メインページへ