オーバークロック日記2(01/01/08〜)


M/B改造についてのページも考えていましたが、諸先輩方の詳しい解説には
遠く及ばない事ですし、簡単に日記にしちゃえと作ったページです。
簡単な工作や実験もコーナーを作ってたら幾ら有っても足りませんから
ここにまとめて書いてしまいます。


INDEX
検証日内容
01/01/08Duron600 GA-7DXCでのPCI1/3,1/4π104タイムの比較
01/01/07TB-1200 BVFA0051耐性チェック
00/09/27〜00/12/12過去の日記(別ページ)
00/09/22ノーマル状態でのWCPUID限界テスト(別ページ)
00/09/04〜00/09/25WCPUID 200Overチャレンジ(別ページ公開中)
00/06/15〜00/09/03簡易ドライアイス枕の実験(別ページ公開中)


01/01/08 Duron600 GA-7DXCでのPCI1/3,1/4π104タイムの比較

深夜ROM巡回していますと有る方からDuronでタイムを検証せよと命令が下りました。
折角測ったのでまとめてアップしておきます(^_^)
セッティング状態

・M/B GA-7DXC
・CPU Duron600+ Hedgehog-238M  可変倍率で7倍を指定
・MEM Micron DDR128MB ES Vio:3.3V
・VGA MGA Millenium (PCI)
・HDD MAX Plus60 + Ultra66
・OS  WindowsNT SP6a

検証結果
DIP133で起動DIP100で起動
FSBπ104タイムFSBπ104タイム
200.01 (100)2'44″199.90 (99.95)2'41"
272.01 (136)2'00″271.90 (135.95)1'58"
282.01 (141)1'56″281.97 (140.99)1'54"
考察

DIP100で起動しTurboでクロックを上げた方が2〜3秒速いですね。
Intel時代では、変化が有っても1秒程度だった事を考えると
PCI自体の速度アップよりチップセットのメモリの叩き方が変わってるような気がします。


01/01/07 TB-1200 BVFA0051耐性チェック

TB-1200逝ってみました(^_^)空冷で1.4Gオーバーの報告も上がっています。
始めての石は緊張しますね。
セッティング状態

・M/B GA-7DXC
・CPU TB-1200(BVFA0051)+ Hedgehog-238M 
・MEM Micron DDR128MB ES Vio:3.3V
・VGA MGA Millenium (PCI)
・HDD MAX Plus60 + Ultra66

検証結果
VCoreπ104限界CPU ClockFSB
1.881430 143.0
考察

なかなかの耐性でした。(^_^)
室温 5℃の結果なのでここまで廻ってるのですが
常温では1400MHz前後ですね・・・・またも普通の石かも(爆)
TOPへ戻る