Windowsの画面を切り取る方法


内容

Windowsの画面をファイルとして保存します。説明などをするときに文字だけでなく、絵を使えばさらにわかりやすくなります。



手順

その1
まず、切り取りたいWindowまたは画面を表示させます。


その2
そしたら「Print Screen」と書かれたキーを押します。アクティブウインドウ(作業中のウィンドウ)を切り取る場合には「Alt + Print Screen」キーです。
すると現在表示されている画面がそのまま画像データとしてクリップボードに送られます。
(PC−9800シリーズの人は「COPY」と書かれたキーです。アクティブウインドウを切り取る場合は「GRAH + COPY」と書かれたキーです)
「Alt + Print Screen」はAltキーとPrint Screenキーを同時に押すという意味です。
下の絵はキーの違いを同画面にて比較しています。(サイズは変更してあります。どんな風になるのかわかっていただくための物です)
Print Screen
「Print Screen」
Alt + Print Screen
「Alt + PrintScreen」


その3
最後にペイントなど画像を編集できるアプリケーションを起動して、「張り付け」をしてアプリケーションにクリップボードの内容を読み込みます。
後は、編集する場合は編集して保存するとWindowsの画面画像ファイルができあがります。



注意

ただし、必ず画像が切り取れるとは言えません。(たまにDirectXを使ったプリケーションの場合切り取れない場合があります。)
あと、切り取った画像には著作権がある場合があるので取り扱いには十分気をつけてください。




TOP  BACK


Copyright(C) 2001. White Bear