WinMerge 日本語版

ファイルやフォルダの比較ができてマージもできる、WinDiffを使い易くしたようなソフトWinMergeの日本語版
GUIな CVS, Subversionクライアントのお供にでもどうぞ。

32bit版ダウンロード 64bit版ダウンロード

WinMerge日本語版
バージョン 日付 インストーラ Zip版 ソース ベース SVN rev.
安定版
2.14.0+-jp-49 2014-07-29 32bit版(XP以降)(3.94MB)
64bit版(XP以降)(4.47MB)
32bit版(XP以降)(4.67MB)
64bit版(XP以降)(5.71MB)
ソース(5.55MB) ソース(Bitbucket) 7599(trunk)
2.14.0+-jp-45 2014-06-29 32bit版(XP以降)(3.94MB)
64bit版(XP以降)(4.47MB)
32bit版(XP以降)(4.66MB)
64bit版(XP以降)(5.71MB)
ソース(5.49MB) ソース(Bitbucket) 7599(trunk)
2.14.0+-jp-43 2014-05-29 32bit版(XP以降)(3.94MB)
64bit版(XP以降)(4.47MB)
32bit版(XP以降)(4.66MB)
64bit版(XP以降)(5.70MB)
ソース(5.48MB) ソース(Bitbucket) 7599(trunk)
プレリリース版
ダウンロード
旧安定版
2.12.4+-jp-31 2012-03-26 32bit版(XP以降)(3.83MB)
32bit版(2000/98/ME)(2.88MB)
64bit版(XP以降)(4.20MB)
32bit版(XP以降)(7.21MB)
32bit版(2000/98/ME)(4.60MB)
64bit版(XP以降)(8.20MB)
ソース(5.28MB) 7015(branches/R2_12)
2.10.4+-jp-1 2009-01-26 ダウンロード(2.87MB) ダウンロード(4.92MB) ダウンロード(5.09MB) 6318(trunk/R2_10)
2.8.6+-jp-2 2008-09-01 ダウンロード(2.75MB) ダウンロード(4.84MB) ダウンロード(8.62MB) 5745(branches/R2_8)
2.6.14+-jp-1 2008-03-17 ダウンロード(2.57MB) ダウンロード(4.37MB) ダウンロード(3.29MB) 4928(branches/R2_6)
2.4-jp-4 2005-11-08 ダウンロード(2.54MB) ダウンロード(3.31MB) ダウンロード(4.78MB) CVS R2_4
2.2-jp-1 2004-11-14 ダウンロード(2.67MB) ダウンロード(2.94MB) ダウンロード(1.95MB) CVS R2_2
WinMergeプラグイン
名前 日付 ファイル
Excelからテキストへの変換プラグイン 2013-09-29 ダウンロード

PortableAppsの一員としてWinMerge Portableが加わりましたが、そのWinMerge PortableのファイルをWinMerge日本語版のものに置き換えることでWinMerge日本語版がPortable版になります。

入れ替え方法

  • http://portableapps.com/apps/utilities/winmerge_portableからWinMerge Portableをダウンロードし、インストールします。
  • [PortableAppsフォルダ\WinMergePortable\App\WinMerge]フォルダをリネームします。
  • Zip版(winmerge-x.x-jp-x-exe.zip等)を展開し、展開された[WinMerge]フォルダを[PortableAppsフォルダ\WinMergePortable\App\]フォルダ内にコピーします。
  • dirview

    ディレクトリ比較

  • fileview

    ファイル比較

  • preview

    印刷プレビュー

  • report

    HTMLレポート

  • report

    GitHub/Bitbucket カラースキーマ

  • 日本語ヘルプを添付
  • ファイルの文字コード自動検出([編集]→[設定]→[コードページ]カテゴリ→[mlang.dll ... ]をチェック)
  • 3ファイル比較、3フォルダ比較
  • 64bit版の提供
  • 行内比較アルゴリズムの改善
  • Diffコンテキスト表示(差異のある行の周辺のみを表示するモード)(印刷やHTMLレポートにも反映される)
  • エディタ上で矩形選択可能(Altキーを押しながらマウス選択または、Ctrl+Bを押してからShift+カーソルキーで選択)
  • WinMergeで開いているファイルを外部エディタで編集・保存後、WinMergeをアクティブにしたときに変更を検出
  • 外部エディタの起動引数に$file, $linenum 指定可
  • VBScriptやJScriptで記述されたプラグインでも動作
  • フォルダ比較中でもファイルリスト表示。比較の進捗状況が確認でき、ファイルが開ける。
  • フォルダ比較ウインドウ、フォルダ比較レポートで差異ファイルの色付け
  • ファイル比較ウインドウで縦に並べて表示([表示]→[垂直分割])(バージョン 2.13 以降)
  • ファイル・フォルダオープンダイアログの変更(バージョン 2.13 以降)
  • Explorerでフォルダ選択時にシェルエクステンションアイコンを変更(バージョン 2.13 以降)
  • エンコードエラー時、文字コード選択、プラグイン選択、HEX表示の選択が可能(バージョン 2.13 以降)
  • フォルダ再比較後、フォルダツリー展開状態を復元(バージョン 2.13 以降)
  • フォルダ比較をマルチスレッドで実行(バージョン 2.13 以降)
  • 同期ポイントを設置可能(バージョン 2.14.0-jp-18 以降)
  • 3方向マージサポート機能(バージョン 2.14.0-jp-29 以降)

3方向マージ(3-way merge)とは

あるファイルから他者と自分が別々の変更を行った結果、2つのファイルができてしまったため、 他者が修正したファイルと自分が修正したファイルをマージして 一つのファイルに戻したいとします。このとき、修正前の元のファイルが残っていれば、他者ファイル、自分のファイルの3つのファイルを元に ある程度自動的に修正を1つのファイルにマージすることが可能です。 この3つのファイルから(自動的な)マージをすることは、3方向マージ(3way-merge)と呼ばれています。

自動的なマージは、他者の修正と自分の修正箇所が被っていない箇所で可能です。たとえば、 あるファイルが小説のテキストだったとして、他者は第一章の誤字・脱字を修正し、自分は第三章の誤字・脱字を修正した場合は、 お互いの修正が被っていないのでどちらの修正も自動的にマージすることができます。しかし、他者と自分が同じ箇所(行)に 異なる修正を行った場合は、どちらの修正を採用してよいのか自動的に判断することができません。このような状態は コンフリクト(衝突/競合)と呼ばれ、手作業で修正を行うことになります。

P4MergeやKDiff3,DiffMerge,TortoiseMerge のようなツールはこの3方向マージをサポートしており、 WinMerge日本語版でも今更ではありますが、2.14.0-jp-29以降から利用可能となりました。 (実現方法としては、本当はp4mergeの様な4ペイン形式にしたかったのですが、 今まで実装する気力がわいてこなかったのと、最近3ペイン形式でもよいかと考え直して、今のように実装してみました) とはいえ、現時点では、3方向マージに関して他のツールよりも優位な点は特になく、むしろ、3ファイル比較時の差分検出精度がおそらく GNU diffutils の diff3 コマンドと同等程度で他のツールと比べて比較的大雑把になっているため、 他のツールがコンフリクトだと検出しないところでも コンフリクトと検出することがあります。このため、他のツールではうまくいないことがある場合や、 他のツールになじめなかった場合は、WinMerge日本語版を使用してみてください。

自動マージ

WinMergeで元のファイルと他者のファイルと自分のファイルの3つのファイルを開き、 [マージ]メニュー→[自動マージ(Alt+Ctrl+M)]またはツールバーのauto-mergeを選択すると コンフリクトしている箇所(他者と自分が同じ所を修正しているためどちらを採用してよいかわからない所)は除いて自動的にマージを行います。

WinMergeでは、現在アクティブになっているペインによってマージする方法を変えています。

  • 中央ペインで自動マージした場合は、[他者のファイル]-[元のファイル]-[自分のファイル]という順番で ファイルが並んでいるとみなし、コンフリクトしていない左側(他者)と右側(自分)の変更を中央(元)にマージします。
  • 右側ペインで自動マージした場合は、[元のファイル]-[他者のファイル]-[自分のファイル]という順番で ファイルが並んでいるとみなし、コンフリクトしていない中央(他者)の変更を右側(自分)にマージします。
  • 左側ペインで自動マージした場合は、[自分のファイル]-[他者のファイル]-[元のファイル]という順番で ファイルが並んでいるとみなし、コンフリクトしていない中央(他者)の変更を左側(自分)にマージします。

他の3ペイン方式のマージツールの多くは、最初の中央(元ファイル)に他者と自分の変更をマージする方式を採用していますが、 私は2番目の右側(自分)に中央(他者)の変更をマージする方式でも良いかなと思っています。 前者だとマージされる変更が他者と自分の両方となるためマージ量がどうしても多くなってしまい、 マージ後に通知される変更の数にぎょっとしてしまって心理的によくないのと、元のファイルが書き換わらないため、 マージ後でも他者がどのような修正を行ったのかを見ることができるのと、 マージ前にどの箇所が自動マージされるのかが事前にロケーションペインで水色で表示されている箇所としてわかるためです。 逆に後者だとマージすると自分のファイルの内容が変更されるため、マージ前の自分のファイルの内容と比較できなくなったり、 元のファイルと自分のファイルが離れているため、元と自分との比較がしにくくなります。好みの方法を選んでください。

なお、自動マージで変更された内容を元に戻したい場合は、Ctrl+Zキーで元に戻すことができます。 また、コマンドライン引数(/al,/am,/ar)を指定することによって、WinMerge起動時に自動で自動マージを行うことができます。

コンフリクト箇所への移動

自動マージでは、コンフリクトしている箇所はマージを行わずそのままの状態とするため、 手動でコンフリクト箇所を修正してください。

コンフリクトの箇所はロケーションペインで3つのバーの間が赤く表示されており、 自動マージ直後は、最初のコンフリクト箇所へ移動します。

次のコンフリクト箇所へ移動するには、[マージ]→[次のコンフリクト(Alt+Shift+Down)]または、ツールバーのnext-conflict アイコンをクリックしてください。

また、[マージ]→[前のコンフリクト(Alt+Shift+Up)]または、ツールバーの prev-conflictアイコンで前のコンフリクト箇所に移動することができます。

なお、コンフリクト箇所を未修正のまま保存しようとしても kdiff3 のように警告しませんので注意してください。 修正忘れが発生すると他者から俺の修正が見捨てられたと憤慨されることになります。

3方向マージの例

右側ペインにマージする例です。

自動マージ前

左側:[元のファイル]、中央:[他者のファイル]、右側:[自分のファイル]の順番でファイルを開きます。右側ペインでマージを行うため、 右側ペインにフォーカスを当てた後、ツールバーのauto-mergeをクリックすると自動マージが行われます。

before-3way-merge

自動マージ後

自動マージ後は、コンフリクトしている箇所(例では3番目の差異)を修正してください。この例では、例えば、return "cat"; を 他者の修正を尊重してreturn "dog and cat";のように修正します。

after-3way-merge

3方向マージに関連するコマンドラインオプション

/al
起動後、左側ペインで自動マージを行います。
/am
起動後、中央ペインで自動マージを行います。
/ar
起動後、右側ペインで自動マージを行います。
/o 出力ファイルパス
保存するとき、変更を行ったファイルそのものではなく、代わりに /o オプションで指定したファイルに変更を保存します。
/fl
起動後、左側ペインにフォーカスを当てます。
/fm
起動後、中央ペインにフォーカスを当てます。
/fr
起動後、右側ペインにフォーカスを当てます。
/wl
左側ペインの内容を書き換えることができないようにします。
/wm
中央ペインの内容を書き換えることができないようにします。
/wr
右側ペインの内容を書き換えることができないようにします。

バージョン管理ツールとの連携例

バージョン管理ツールを使用して複数の人と同時に開発すると3方向マージが必要な状況がよく発生します。 たいていのバージョン管理ツールでは3方向マージ用のツールが指定できるようになっています。

TortoiseSVN/TortoiseGIT との連携例

[設定]メニュー→[差分ビューアー/マージツール]で[外部]を選択し、その下のテキスト入力エリアへ以下のように指定します。
  • 右側ペインでマージする場合(起動時自動マージしたくない場合は /ar を削除)
    C:\Program Files\WinMerge\WinMergeU.exe /e /ub /fr /ar /wl /wm /dl %bname /dm %tname /dr %yname  %base %theirs %mine /o %merged
  • 中央ペインでマージする場合(起動時自動マージしたくない場合は /am を削除)
    C:\Program Files\WinMerge\WinMergeU.exe /e /ub /fm /am /wl /wr /dl %tname /dm %bname /dr %yname  %theirs %base %mine /o %merged
  • 左側ペインでマージする場合(起動時自動マージしたくない場合は /al を削除)
    C:\Program Files\WinMerge\WinMergeU.exe /e /ub /fl /al /wm /wr /dl %yname /dm %tname /dr %bname  %mine %theirs %base /o %merged

TortoiseHG との連携例

3-wayマージツールに winmergeu を指定し、%userprofile%\mercurial.ini の [merge-tools] セクションへ以下のように追加します。
[merge-tools]
# 右側ペインでマージする場合(起動時自動マージしたくない場合は /ar を削除)
winmergeu.args =   /e /ub /fr /ar /wl /wm /dl base /dm other /dr local $base $other $local /o $output
# 中央ペインでマージする場合(起動時自動マージしたくない場合は /am を削除)
# winmergeu.args = /e /ub /fm /am /wl /wr /dl other /dm base /dr local $other $base $local /o $output
# 左側ペインでマージする場合(起動時自動マージしたくない場合は /al を削除)
# winmergeu.args = /e /ub /fl /al /wm /wr /dl local /dm other /dr base $local $others $base /o $output

SourceTree との連携例

[Tools]→[Options]→[Diff]タブ で [Merge Tool]を Custom にし、 [Diff Command]に

C:\Program Files\WinMerge\WinMergeU.exe
[Arguments]に
-e -ub -fr -ar -wl -wm -dl base -dm remote -dr local $BASE $REMOTE $LOCAL -o $MERGED

を指定します。(右側でマージする例)

2014/07/29 2.14.0-jp-49

  • ご連絡いただいた以下の問題を修正
    • タブバーのタブ数が多くなった時、タブ幅を自動的に狭くするのはやめてほしい。(タブの右クリックメニューに[タブ幅の自動調整を有効にする]を追加し、無効にできるようにしました。)
    • HEXモードで再表示できるメニューを追加してほしい。([ファイル]メニュー→[形式を比較して再比較]を追加) #33
    • 3つのファイルをHEXモードで表示するとヘッダーバーが正しく表示されない等問題がある。 #34
  • Vista以上?(Windows7?)であれば、7-zipがインストールされていなくても、Windowsの機能を使用して .zipファイルを比較できるようにした。この修正により、c:\tmp\file.zip\folder のように .zip ファイル内のフォルダを直接指定しても比較できるようになった。更に、Windows8以上?であれば、 ftp://username:password@hostname/dir の形式でFTPサーバー上のフォルダも比較できるようになった。
  • NUL文字を含むファイルを保存すると、NUL文字が失われてしまう問題を修正。
  • コードページダイアログに1200(UNICODE)を追加。

2014/06/29 2.14.0-jp-45

  • 付属のMS-Word比較プラグインをフォルダ比較時に並列動作させるとテキスト化されるドキュメントプロパティ関連情報が不安定になってしまうため、 同じ内容でも差異が現れてしまう事があった問題を修正。(ドキュメントプロパティ情報のテキスト化を断念しています)
  • タブバー上のアイコンがぼやけていたのを修正(なぜかアイコンを24bitから32bit colorにすることで解決)
  • タブバー上にマウスカーソルを移動した時、クローズボタンを表示するようにした。

2014/05/29 2.14.0-jp-43

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • [編集]メニュー→[設定]→[色/シンタックス]カテゴリの[太文字]をチェックしても、次回起動時にチェックが外れてしまう
    • 展開プラグインを有効にしてフォルダを比較するとエラーダイアログが表示されることがある
    • ファイル比較ウインドウで正規表現の検索文字列「(.*)」を指定して置換すると想定通りの結果とならない
    • 3バイト以下のファイルを比較前処理プラグインを使用して比較するとクラッシュすることがある
  • タブと全角文字を含む行をクリックすと想定外の位置にカレットが移動してしまうことがある問題を修正
  • 行内差異の中の文字もシンタックスハイライトを有効にできるようにチェックボックスを[編集]メニュー→[設定]→[色/差異]カテゴリに追加
  • アイコンの変更

2014/04/29 2.14.0-jp-38

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • Mac OS X Mavericksのファイル共有 (SMB)機能で公開されたフォルダの中に32個以上のファイルが存在する場合、 その共有フォルダが正しく比較できない
  • フォルダ比較後、「大文字と小文字を区別する」等の比較オプションを変更し、F5キー等で再比較したとき、比較結果にオプションの変更が反映されていない問題を修正
  • フォルダ比較(サイズ、更新日付・サイズ、更新日付比較方法)の高速化

2014/03/29 2.14.0-jp-37

  • 空白の比較方法を「変更を無視する」としていた場合、差異がない行を差異があると表示してしまうことがあった問題を修正。 (2.13.22+-jp-1から発生してしまったバグで1年以上気付かなかったのは申し訳ないです...)
  • ご連絡いただいた以下のご要望を実装
    • タブバーの各タブに比較結果がわかるようにアイコンで表示してほしい
    • [ファイル]メニューに最近使用したファイルやフォルダを表示してほしい(Windows7のジャンプリストの履歴から情報を取得しているため、XPでは履歴は表示されません)
    • ファイル比較ウインドウで検索するとき、検索ダイアログを閉じなくできるようにしてほしい
    • フォルダ比較を実行する際は、一方しか無いファイルよりも両方存在するファイルを優先的に比較してほしい (まだ現段階ではサブフォルダがある場合はサブフォルダ内の比較を優先してしまうため、サブフォルダがない場合に効果あり)
  • ツールバーの[オプション]アイコンにドロップダウンメニューを追加し、フォルダ比較方法や空白の比較方法等を選択できるようにした(ご要望の変形)
  • タブバーのタブ数が多くなった場合、自動的にタブ幅を小さくするようにした(ご要望の変形)
  • フォルダ比較時に表示されるステータスバーに現在の比較方法(フルコンテンツ、クイックコンテンツなど)を表示するようにした(ご要望の変形)

2014/02/28 2.14.0-jp-33

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 3-way merge するとき、ファイルの文字コードの変更や改行コードの変更がマージされない。#29
    • ファイル比較ウインドウで行カーソルを表示してほしい。(設定項目をあまり増やしたくなかったので、常に行カーソルが表示されますが、表示してほしくない人が現われればON/OFF可能にします。)
    • 「ファイルまたはフォルダの選択」ウインドウでAlt+Iなどのアクセスキーが機能しなくなった。
  • インストーラでTortoiseSVN/GIT用の3-way mergeツールとして登録するかどうかを選択できるようにした。
  • 「ファイルまたはフォルダの選択」ウインドウに左側と右側のファイル交換ボタンを追加。
  • ファイル比較ウインドウでサロゲートペア文字の扱いを改善。
  • 差異がある行でもシンタックスハイライトを有効にするチェックボックスを[編集]メニュー→[設定]→[色/差異]カテゴリに追加。
  • BitbucketやGitHub的な色遣いに変更するボタンを[編集]メニュー→[設定]→[色/差異]カテゴリに追加。
  • Ctrlキーを押しながらフォルダをWinMergeにドラッグ&ドロップすると再帰的なフォルダ比較が実行され、 Ctrlキーを押さなければ再帰的なフォルダ比較は行われなかったが、 Ctrlキーを押さずにドラッグ&ドロップした場合、前回の設定でフォルダ比較するようにした(記述忘れ 2014-03-29追記)

2014/01/29 2.14.0-jp-29

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 数十万単位のファイルがあるフォルダを比較するとメモリを消費しすぎる。(いままでの半分以下程度にしてみました)
  • コマンドラインから相対パスで指定されたファイルを編集して保存するとバックアップファイルの作成に失敗したと表示される問題を修正
  • 3つのファイル比較時、「次/前の中央のみの差異(Alt+8)」で中央のみの差異(左側と右側が一致)以外の箇所にも移動することがあった問題を修正
  • Shift+F4キーで前の行内差異に移動できるようにした。
  • 3つのファイル比較時、見やすさのため、左側と右側のペインでは中央のペインとの行内差異がない個所には色付けしないようにした
  • 3つのファイル比較時、Location Pane でコンフリクトしている箇所が分かるようにバーの間を赤でで色付けするようにした。また、差異がある箇所で隣のペインとテキストが一致している場合は黄色、中央のみ異なる(左側と右側が一致)場合は、水色で色付けするようにした。
  • 3つのファイル比較時に使用できる「次のコンフリクト」、「前のコンフリクト」、「自動マージ」メニューを追加
  • 「左からコピー(Alt+Shift+Right)」、「右からコピー(Alt+Shift+Left)」を右クリックメニューに追加
  • 「左から中央にコピー(Alt+4)」、「右から中央にコピー(Alt+6)」メニューを廃止。上記「左からコピー(Alt+Shift+Right)」、「右からコピー(Alt+Shift+Left)」をかわりに使用してください
  • コマンドラインオプション /fl (起動時、左側ペインにフォーカスを当てる), /fm (起動時、中央ペインにフォーカスを当てる), /fr (起動時、右側ペインにフォーカスを当てる) を追加
  • コマンドラインオプション /al (起動時、左側ペインで自動マージ), /am (起動時、中央ペインで自動マージ), /ar (起動時、右側ペインで自動マージ) を追加

2013/12/29 2.14.0-jp-25

  • 2.14.0-jp-24のフォルダ比較リポートの修正でフォルダ比較レポートからリンクするファイル比較結果が生成されなくってしまっていたのを修正...

2013/12/29 2.14.0-jp-24

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • [同期ポイントを追加]にショートカットキーを割り当ててほしい。(Alt+Sに割り当ててみました)
    • Adobe Photoshop がインストールされていると .sct 拡張子のプラグインが動作しない。#28
    • オプション[コメントの差異を無視する]のチェックを外してもコメントの差異が無視されるとご連絡いただきましたが、 おそらく、比較前処理プラグイン IgnoreCommentsC.dll が有効なってしまっているためだと思われます。 このようにプラグインが適用されていることが気づきにくいため、現在適用中のプラグインの名前をステータスバーに表示するようにしました。 なお、比較前処理プラグインの自動適用をやめるには、[プラグイン]メニュー→[手動比較前処理]を選択します。
  • アーカイブファイルを含んだフォルダのフォルダ比較レポートをしようとするとクラッシュする問題を修正

2013/11/29 2.14.0-jp-22

  • ご連絡いただいた以下のご要望の実装
    • タブを右クリックして表示されるメニューに「他の全てのタグを閉じる」、「右側のタブを全て閉じる」、「左側のタブ全て閉じる」を追加してほしい
    • フォルダ比較ウインドウからファイル比較ウインドウを開いている状態でファイル比較ウインドウを残したままフォルダ比較ウインドウを閉じると最小化されてしまう
    • 比較中のフォルダ比較ウインドウを閉じられるようにしてほしい
  • フォルダ比較ウインドウから2度目以降の[圧縮]メニュー選択でエラーが発生してしまう問題を修正
  • [プラグイン]メニュー→[リスト]→[プラグインを有効にする]のチェックを外したとき、少しだけフォルダ比較が高速化されるようにした

2013/10/29 2.14.0-jp-19

  • ご連絡いただいた以下の問題を修正
    • 比較するフォルダ内に4MB以上のファイルが存在するとき、比較が進まなくなることがある
  • HTMLファイルやXMLファイルを複数含むフォルダを比較すると異常終了することがある問題を修正
  • meld や kdiff3 のような同期ポイントを設置する機能を追加

    使い方

    1. 左側と右側両方で同期させたい行にカーソルを移動します。

      syncpoint1
    2. [マージ]メニュー→[同期ポイントを追加]をクリックします。

      syncpoint2
    3. void hello_world(... の行が同期します。

      syncpoint3

    ※この機能は同期ポイントというよりも分割ポイントと言ったほうがよいようなもので、同期ポイントを境にファイルを分割して比較しているだけの機能です。 このため、設置した同期ポイントが必ずしも同じ行に表示されないことがあります。(特に差異のない行を同期ポイントとして指定した場合)

2013/09/29 2.14.0-jp-17

  • frehd(HexView用)を同梱
  • VS2010関連ファイルがフィルタされるようファイルフィルタ Merge_VC_loose.flt を変更
  • ExcelプラグインでExcelブックを開くとき、余計な処理が行われないようにするたWorkbook_Open等のイベントを無効化するようにした

2013/08/29 2.14.0-jp-16

  • フォルダ比較中のウインドウ内でフォルダを開いたとき、クラッシュすることがあった問題を修正

2013/07/29 2.14.0-jp-15

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • ファイルを開くダイアログのサイズを変更したい#27
    • ファイルを開くダイアログから比較ウインドウを出しても、ファイルを開くダイアログが閉じない#26→ [編集]メニュー→[設定]→[一般]カテゴリの「OKボタン押下時に「ファイルまたはフォルダの選択」ダイアログを閉じる] を追加しました
  • 起動時間を微妙に短縮

2013/06/29 2.14.0-jp-13

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 大文字小文字の違いを無視する設定で比較前処理プラグインを使用すると正常に処理されない#22
    • 64bit版でも32bit版のShellExtensionをインストールしてほしい
  • フォント名を変更しても、次回起動時は元に戻っている問題を修正
  • Visual Sourcesafe 連携機能が壊れていたのを修正

2013/05/29 2.14.0-jp-10

  • 環境によっては、フォルダ比較ウインドウになにも表示されないことがある現象への対応。(ANSIビルド版(WinMerge.exe)で再現したが、UNICODEビルド版(WinMergeU.exe)では再現していないので改善されているかは不明)

2013/05/27 2.14.0-jp-9

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 大文字小文字の違いを無視する設定でフォルダ比較を行うと比較的サイズの大きい差異のあるファイルを同一ファイルと表示してしまうことがある。#20
    • 設定ファイルをインポートしてもフォント設定が反映されない。#21
  • MFCライブラリをスタティックリンクするようにし、配布サイズを削減した

2013/05/20 2.14.0-jp-8

  • ご連絡いただいた以下のご要望の実装
    • (C:\Users\All Usersのような)ジャンクションやシンボリックリンク等のリパースポイント以下を比較しないオプション([編集]→[オプション]→[フォルダ]カテゴリ→[リパースポイントを無視する]を追加
  • プラグイン選択ダイアログでプラグインを選択するときにクラッシュすることがあった問題を修正

2013/05/15 2.14.0-jp-7

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • タスクバー上の緑色のフォルダ比較進捗状況表示が比較が終了しても緑色のままになっている。パッチをいただきました。ありがとうございます
    • ファイル比較ウインドウや、フォルダ比較ウインドウが表示されていない状態で[表示]→[フォントの選択]メニューからフォントの変更を行うと、WinMerge再起動後に変更前のフォントに戻る。#19 左記状態ではフォントの選択メニューを表示しないようにしました。
  • 比較前処理プラグインを自動モードにした場合、フォルダ比較時、WinMergeがクラッシュすることがあった問題を修正
  • フォルダ比較ウインドウでサブディレクトリを選択して比較してもそのフォルダがジャンプリストに追加されないようにした

2013/04/22 2.14.0-jp-6

  • スタートメニューでジャンプリストが表示されない問題を修正(ショートカットにAppIDがセットされていなかった)
  • 圧縮ファイルを比較した後、ジャンプリストにテンポラリフォルダが登録されてしまう問題を修正
  • ファイル比較時のメモリリークを修正
  • 開くウインドウで3つのファイルをドラッグ&ドロップしても3つ目のファイルが受付れらない問題を修正

2013/04/17 2.14.0-jp-5

  • atl100.dllがシステムに存在しない場合、64bit版に添付したWinMerge32BitPluginProxy.exeが起動しない問題を修正。64bit版のみバージョンを変えずに差し替えています。

2013/04/15 2.14.0-jp-5

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • -e コマンドラインオプションを指定した場合、ESCキーでWinMergeが終了するようになるが、2つ以上ウインドウを開いている場合はESCキーでWinMergeを終了せず、1つづつウインドウを閉じてほしい。#17
    • zipファイルを比較後フォルダを比較したタブを閉じるときに、比較したファイル数が多いと一時ファイルの削除に時間がかかり次の操作が行えない。→一時ファイルの削除はWinMerge終了時に行うようにした。#18
  • WindowsXPでWinMerge終了時に一時フォルダが削除されなかったのを修正(開始時には削除されていましたが)
  • xdocdiff plugin 等の32bitDLLのプラグインが64bit版のWinMergeでも使えるようにした。(作った後に気づきましたが、64bit版のxdocdiff plugin(xdocdiffPlugin64)が既に存在していました)
  • Windows 7 のタスクバーのジャンプリストで最近比較したファイルまたはフォルダが選択できるようにした。(うまく表示されない場合は一度ピン留を付け直すと表示されるかもしれません)
  • プロジェクトファイル内のパス等に'&'等の文字が含まれていた場合にファイルが開けなくなっていたのを修正

2013/03/17 2.14.0-jp-4

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • エクスプローラ上の右クリックドラッグアンドドロップでWinMergeのメニューが表示されない
    • WinMergeへShiftキーを押しながらファイルを一つドラッグするとクラッシュする
    • WinMergeU.exe と同じフォルダに レジストリファイル WinMerge.reg をおいた場合にそのレジストリ情報を実行インポート、終了時エクスポートする機能が動作しない #16

2013/03/04 2.14.0-jp-3

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 前バージョンの修正(「改行文字の違いを無視する」の設定にもかかわらず、フォルダ比較時、改行コード以外に違いがないファイルを差異があると表示してしまうことがある)がまだ完全ではない
    • 比較前処理プラグインでUTF-8のファイルを正常に処理できない
    • フォルダ比較ウインドウから異なるファイルを開き、ファイル比較画面でファイルの内容を一致させたにもかかわらず、フォルダ比較ウインドウに反映されない
    • カスタムコードページに65001(UTF-8)を選択している場合、フォルダ比較時に同じ内容のバイナリファイルが差異があると表示されることがある
    • カスタムコードページに65001(UTF-8)を選択している場合、フォルダ比較時に0バイトサイズのファイルが比較できないと表示される
    • フォルダ比較ウインドウで複数ファイルを選択し、[パス名をコピー]メニューを実行するとスペースで区切られたパスがクリップボードにコピーされる。2.12では改行で区切られていた。→ これは、2.14での仕様変更でしたが元に戻しました。そのかわり、[項目をクリップボードにコピー]でファイルそのものと共にスペースで区切られたパスもクリップボードにコピーするようにしました。

2013/02/18 2.14.0-jp-2

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 「改行文字の違いを無視する」の設定にもかかわらず、フォルダ比較時、改行コード以外に違いがないファイルを差異があると表示してしまうことがある
    • 1ブロックの差異行の行数が長い場合、単語単位の差異を検出しなくなり、1ブロック全体が差異として表示される(これは比較時間が長くなりすぎなくするための処置でしたが、前よりこのように表示されにくくしました)

2013/02/12 2.14.0-jp-1

  • 本家で 2.14.0 がリリースされたので更新
  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 一時フォルダ内に存在するフォルダの先頭が"WM_"だった場合、WinMerge起動時にそのフォルダが削除されてしまう。
  • エディタプラグイン(editor addin.sct)に選択範囲の行をソートする機能と任意のフィルタコマンドの実行結果で置換する機能を追加
  • フォルダ比較レポートを色付きにした
  • Windows98で動作しなくなっていたので98/ME/2000版サポートを断念

2013/02/04 2.13.22+-jp-2

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • フォルダ比較ウインドウで表示されるファイルのタイムスタンプがUTCになっている。
  • フォルダ比較状況の表示の仕方を変更
  • Explorerシェルエクステンションアイコンの背景がVista以降で透明にならない問題を修正
  • 0バイトのファイルを開くとエラーが発生する問題を修正

2013/01/21 2.13.22+-jp-1

  • マルチコア・マルチCPUのマシンならばフォルダ比較時に各ファイルの比較を並列に実行するようにしてみた
  • 64bit版でたまにメニューのキーボードショートカットが受け付けられないことがある問題を修正
  • WinMerge-2.13.22-jp-1-Setup.exe.zipのアップロードに失敗していたのでアップロードし直しました。(21:15)

2012/03/26 2.12.4+-jp-31, 2.13.20+-jp-12

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • /eオプション指定(ESCキーで終了)で起動したとき、設定ウインドウで「複数のウインドウを閉じるときに尋ねる」のチェックが入っているにもかかわらず、 ESCキー押下時に終了を尋ねない事がある。
  • プラグインを無効化している場合、フォルダ比較時一時ファイルがテンポラリフォルダ(%TEMP%)に残ってしまうことがある問題を修正。

2012/02/13 2.13.20+-jp-11

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • [垂直分割]メニューにチェックが入っているにもかかわらず、ウインドウが水平に分割される。
  • 64ビット版WinMergeでプラグインがインストールされていると終了時にエラーが発生することがある問題の修正。
  • フォルダ比較レポートにファイル比較レポートをリンクできるようにした。

2012/02/05 2.12.4+-jp-30, 2.13.20+-jp-10

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 'ケ'と'パ'、'サ'と'フ'、 'ジ'と'ヘ'等が「大文字と小文字を区別しない」場合に同じとみなされる
  • ヘルプの日本語化更新

2011/12/29 2.12.4+-jp-29, 2.13.20+-jp-9

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • フォルダ比較ウインドウからファイルを開いた後、ファイルを開いたままフォルダ比較ウインドウで開いたファイルの[項目を非表示]にした後、ファイルを変更して保存するとWinMergeがクラッシュする。

2011/11/24 2.12.4+-jp-28, 2.13.20+-jp-8

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 外部エディタのパスとして相対パスを指定するとファイルやフォルダ選択ダイアログで選択後に外部エディタの実行に失敗する。

2011/10/11 2.12.4+-jp-27, 2.13.20+-jp-7

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • フォルダ比較ウインドウの[項目をクリップボードにコピー]メニューが動作しなくなっていた。
  • ヘルプの日本語化更新

2011/08/08 2.12.4+-jp-26, 2.13.20+-jp-6

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 3wayファイル比較ウインドウで最右ペインのサイズを縮小すると再描画されない領域が現れてしまう

2011/08/01 2.12.4+-jp-25

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 一方が空行のとき行内の差異を選択を実行すると強制終了する

2011/07/20 2.12.4+-jp-24, 2.13.20+-jp-5

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • BMP外の文字を含むUTF-8のファイルが正しく読み込めない

2011/07/04 2.13.20+-jp-4

  • 「開く」ダイアログの表示中でも親ウインドウのリサイズができるようにした。

2011/06/27 2.13.20+-jp-3

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 再帰的ではないフォルダ比較時に、サブディレクトリへ移動後、親フォルダへ移動できない
    • フォルダ比較時、1つしかない名前が異なるサブフォルダをマッチさせて比較してしまう
  • 移動行で行内差異を強調表示してしまっていたのを修正

2011/06/27 2.12.4+-jp-23, 2.13.20+-jp-3

2011/05/23 2.12.4+-jp-22

  • 2.12.4+-jp-22 32bit Zip版のMergeLang.dll が古いバージョンになっていました。ごめんなさい。

2011/05/23 2.13.20+-jp-2

  • 印刷時よけいな描画がされてしまうことがある問題の修正
  • 改行文字が2つ以上描画されてしまうことがある問題の修正

2011/05/23 2.12.4+-jp-22

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • フォルダ比較ウインドウからパッチを生成するとパッチ内のファイル日付が不正になることがある

2011/05/17 2.13.20+-jp-1

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • ファイル比較ウインドウでテンキーの+と-の入力が効かない。
  • 行内差異の表示を1行単位でなく、差異ブロック単位で計算して表示するようにした。
  • [表示]メニュー→[垂直分割]にチェックを入れると縦に分割して表示するようにした。
  • エンコードエラー時、文字コード選択、プラグイン選択、HEX表示の選択ができるようにした。

2011/04/11 2.13.13+-jp-12

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • フィルタファイル内のコメントマークがない行が無視されてしまう。
    • フィルタファイル内がすべてファイルフィルタ行だった場合、フォルダが全てフィルタされてしまう。

2011/03/14 2.12.4+-jp-21, 2.13.13+-jp-11

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • UTF-8のファイルを誤認することがある

2011/02/28 2.13.13+-jp-10

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 64bit版のWinMergeでヘルプメニューをクリックすると異常終了することがある
  • 四つ以上のファイルまたはフォルダを指定すると異常終了する問題の修正

2011/02/14 2.12.4+-jp-20, 2.13.13+-jp-9

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正(だいぶ遅くなってごめんなさい)
    • マニュアルでコマンドラインオプションの/wmの説明が/wrの説明になっていた
    • フォルダ比較でプラグインが使用されないことがある
  • 7-zipバージョン9.20対応プラグイン

2011/02/14 2.13.13+-jp-9

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正(だいぶ遅くなってごめんなさい)
    • フィルタファイルが正しいフォルダに格納されていなかった
    • 比較方法を変更して再比較しても新しい比較方法で比較されない

2010/11/15 2.12.4+-jp-19, 2.13.13+-jp-8

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • フォルダ比較でサロゲートペア文字がファイル名に含まれていると比較されない
    • もうひとつUTF-8のファイルが御認識する件をご連絡いただいているのですが再現できないのですよね...
  • 別アプリケーションで更新したファイルを開いているWinMergeを最小化状態から復元すると異常終了する問題の修正

2010/10/12 2.13.13+-jp-7

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 外部エディタ等で変更されたファイルを再読み込みした時、カーソル位置がファイルの先頭に戻ってしまう。

2010/09/06 2.12.4+-jp-18, 2.13.13+-jp-6

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • Visual Studio .net 2003のVCランタイムファイルがインストールされていないとインストール時にShellExtensionの登録に失敗する
  • 一応DLLハイジャック脆弱性の対策をしてみた。(XP SP1以上で効果あり)
  • 無効になっているメニュー項目のアイコンが表示されない問題の修正

2010/07/27 2.12.4+-jp-17, 2.13.13+-jp-5

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 2.12.4+-jp-14からBOM付きのファイルを開くと、BOM付の内容に更にBOMを付加したファイルとして読み込まれてしまう

2010/07/13 2.12.4+-jp-16, 2.13.13+-jp-4

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • WindowsXP上で実行するとメニューの幅が非常に小さく表示されるようになった
  • WindowsXP上で実行するとメニューのアイコンが表示されない問題の仮対策

2010/07/11 2.12.4+-jp-15, 2.13.13+-jp-3

  • Visual Studio 2010でビルドするようにした。 Visual Studio 2010でビルドしたバイナリは、WindowsXP以降でしか動作しなくなるため、Windows2000/ME/98の環境では、「(2000/ME/98)」と書いてある方を使用してください。
  • ヘルプの日本語化更新

2010/07/05 2.13.13+-jp-2

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • 32bit版インストーラが 7-Zip 4.65用プラグインをインストールしない
    • 前バージョンのフォルダ比較時のステータスバーに未翻訳メッセージが表示される問題の修正が不完全だった
    • ツールバーアイコンのツールチップ説明に"Ctrl-"と"Ctrl+"が混在

2010/06/30 2.13.13+-jp-1

  • 2.13.13に更新
  • 「コメントの差異を無視する」機能の改善(サイタマンさんにご協力いただきました)

2010/06/30 2.12.4+-jp-14, 2.13.13+-jp-1

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • [オプション]ダイアログで.iniファイルをインポートしたときに、[一般]カテゴリの項目が更新されない
    • カスタムコードページに65001(UTF-8)を指定した場合、バイナリ比較で異常終了することがある
    • バックアップファイル名に追加されるタイムスタンプが分かりにくい
  • 7-Zip 4.65 用プラグインの追加
  • フォルダ比較時のステータスバーに未翻訳メッセージが表示される問題の修正

2010/04/19 2.12.4+-jp-13, 2.13.11+-jp-8

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • Windowsコントロールパネルの「日付と時刻」の設定がフォルダウインドウのファイル日付表示に反映されない
  • http://bitbucket.org/sdottaka/winmerge-v2/overview にソースを置いてみた

2010/04/08

7-Zipのリンク切れ?を修正

2010/04/05 2.13.11+-jp-7

  • F5キーでフォルダを再比較したとき、ツリーノードの展開状態を覚えておくようにした。
  • [設定]ダイアログ→[比較→フォルダ]カテゴリに「自動的にサブフォルダを展開する」チェックボックスを追加。このチェックボックスがチェックされている場合、ツリー表示であれば、フォルダ比較完了後全てのサブフォルダが展開状態になる。

2010/03/22 2.12.4+-jp-12, 2.13.11+-jp-6

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • Windows98/ME上でコピー&ペーストをすると語尾に不正なデータが追加されてしまう
    • Windows98/ME上でLocation Paneをクリックすると異常終了することがある
    • Windows98/ME上でファイル比較を行うと「テンポラリファイルが作成できません…」というエラーが発生する
    • フォルダ内にフォルダが1つしかなくフォルダ名が異なる場合に無理やりマッチさせて比較する機能が正しく動作していなかった
  • ANSI版WinMerge.exeの「ファイルまたはフォルダの選択」ダイアログで、パスのコンボボックスリストにアイコンが表示されなかった問題の修正
  • 行内に差異ブロックが1つしかない場合、F4キーで選択するブロックの範囲が正しくなかった問題の修正

2010/03/05

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • ExcelToTextプラグインのZIPファイルに旧バージョンと新バージョンが混在していた。

2010/02/27 2.12.4+-jp-11, 2.13.11+-jp-5

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • ANSIビルド版(WinMerge.exe)で文字単位の行内差異表示をする場合に2バイト文字が文字化けすることがある。

2010/02/19 2.13.11+-jp-4

  • マージ後、比較結果が更新されなくなっていたのを修正。
  • 行内に差異が多い場合に動作が遅くなってしまっていたのを対策。

2010/02/14 2.12.4+-jp-10, 2.13.11+-jp-3

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • フォルダ比較ウインドウで右クリックすると異常終了することがある。

2010/02/11 2.13.11+-jp-2

  • 2.13.11+-jp-1で空白の比較設定を「すべて無視する」にすると異常終了してしまうようになってしまったのを修正。

2010/02/10 2.13.11+-jp-1

  • ご連絡いただいた以下の問題の修正
    • WordドキュメントやExcelブックのファイル名にfilename.xls.r3227の様なバージョン管理ソフトがつけてしまった拡張子があっても、WinMerge付属のプラグインでは認識できるようにしてみた。
  • 行内比較のアルゴリズムがちゃんとしたものではなかったので改善してみた。

古いバージョンの履歴

WinMergeはGPL2です。

WinMerge日本語版に関する不具合連絡等は、こちらか以下のメールフォームに記入するか、issueトラッカーへの登録をお願いします。