< HOME へ

ハーラン・エリスン作品レヴュー


日本では短篇集が一冊しか出ていないエリスンですが、 英語圏では超人気作家です。エキセントリックな言動や、 馬鹿を徹底的に馬鹿にする過激さがウリです。作品はイヤミなくらい 才気に溢れています。
  • 『世界の中心で愛を叫んだけもの』(早川文庫):ネタバレ有り
  • "Angry Candy" (短篇集):ネタバレ無し
  • "Slippage"(短篇集):ネタバレ無し
  • "Strange Wine"(短篇集):文字反転で少しだけネタバレ
  • "Mindfields"(画家 J.Yerka との共作、画集+短篇):ネタバレ無し
  • "Midnight in the Sunken Cathedral" オーディオCD:ネタバレ無し
  • "I Have No Mouth, And I Must Scream" オーディオCD:反転ネタバレあり