X11で使う


32x32タイルは 3.3 ベースまでなら JNetHack 配布パッケージに含まれています。 3.4 ベース以降用のタイルは XPM でコンパイルされているのを確認してから、(墓石の絵がでればOK) このファイルを解凍して (NetHack が呼び出す解凍ツールがgzip なら.gz のままでもOK) HACKDIR に置くか(1)、だめなら "ホゲホゲ" に置き(2)、 ~/NetHack または $(XAPPLRESDIR)/NetHack に
(1) "NetHack.tile_file:x11tiles32.xpm"
または
(2) "NetHack.tile_file:ホゲホゲ/x11tiles32.xpm"
という行を追加して下さい。

画面に入り切らないーというときの裏技

JNetHack1.0.6.2 で 沼田さんがすばらしいレーダー表示コードを書いて下さいました。
Jnethack 3.4.0 以降でレーダー表示をするには http://jnethack.sourceforge.jp/patch/を参考にして下さい。

おまけ:X11版インストールメモ

sys/unix/setup.sh 
を実行

include/config.h を編集
-----------------
#define X11_GRAPHICS 
#define USE_XPM
-----------------
#define COMPRESS "/bin/gzip"    /* FSF gzip compression */
#define COMPRESS_EXTENSION ".gz"        /* normal gzip extension */
-----------------
ディレクトリ名を適当に変更
#ifdef CHDIR
/*
 * If you define HACKDIR, then this will be the default playground;
 * otherwise it will be the current directory.
 */
# ifndef HACKDIR
#  ifdef __APPLE__
#    define HACKDIR "nethackdir"        /* nethack directory */
#  else
#    define HACKDIR "/home/ita/nh"
#  endif
# endif
-----------------
ウィザードユーザ名を適当に変更
#ifndef WIZARD          /* allow for compile-time or Makefile changes */
# ifndef KR1ED
#  define WIZARD  "ita" /* the person allowed to use the -D option */
# else
#  define WIZARD
#  define WIZARD_NAME "ita"
# endif
#endif
=========================
src/Makefile を編集
WINSRC = $(WINTTYSRC) $(WINX11SRC)
WINOBJ = $(WINTTYOBJ) $(WINX11OBJ)
WINLIB = $(WINTTYLIB) $(WINX11LIB)

WINX11LIB = -L/usr/X11R6/lib -lXaw -lXmu -lXext -lXt -lX11

WINTTYLIB = -lncurses

=========================
~/.jnethackrcに
OPTIONS=windowtype:x11  を追加