LaTeX でフォントの埋め込み

2011年1月15日

はじめに

LaTeX で PDF を作る際の和文フォントの埋め込みについてのメモ。

環境

Windows 7 64 bit, 奥村晴彦 『改訂第 5 版 LaTeX2ε 美文書作成入門』 技術評論社 (2010) の環境。

PDF の作成

PDF は以下のコマンドで作る。

$ platex sample.tex
$ platex sample.tex
$ dvipdfmx sample.tex

PDF に埋め込まれているフォントを調べる

PDF に埋め込まれているフォントを知りたければ、Adobe Reader で PDF ファイルを開き、メニューの [ファイル]-[プロパティ] の "フォント" タブを見ればよい。

フォントの設定

フォントの設定は "C:\w32tex\share\texmf\fonts\map\dvipdfmx\base\cid-x.map" に書かれている。

rml   H Ryumin-Light
gbm   H GothicBBB-Medium
rmlv  V Ryumin-Light
gbmv  V GothicBBB-Medium

この設定は代表的なフォントを使うように指示しているだけで、フォントは埋め込まず、実際にどのフォントが使われるかは PDF ビューアの設定による。

ただし、今回の環境では "C:\w32tex\share\texmf-local\fonts\map\dvipdfmx\cid-x.map" にも同様の設定があり、こちらが優先されている。

rml   H ipaexm.ttf
gbm   H ipaexg.ttf
rmlv  V ipaexm.ttf
gbmv  V ipaexg.ttf

こちらでは IPA フォント ("C:\w32tex\share\texmf-local\fonts\truetype\IPAexfont00102" にある) が指定されている。この設定により PDF に IPA フォントが埋め込まれる。

フォントの埋め込み

上記の設定を変えれば好みのフォントを埋め込むことができる。あるいは、その場限りの設定であれば、dvipdfmx 実行時に設定ファイルを指定することもできる。たとえば みかちゃんフォント を使う場合の手順を以下に示す。

フォント (ここでは "みかちゃん.ttf" と "みかちゃん-PB.ttf") を作業フォルダに置く。つぎのような内容の設定ファイル "mika.map" を作る。

mika.map

rml   H みかちゃん.ttf
gbm   H みかちゃん-PB.ttf
rmlv  V みかちゃん.ttf
gbmv  V みかちゃん-PB.ttf

mika.map を指定して PDF を作成。

$ platex sample.tex
$ platex sample.tex
$ dvipdfmx -f mika sample.tex

フォントを埋め込まない

標準の設定がフォントを埋め込むようになっていて、一時的にフォントを埋め込みたくない場合は、つぎのようにする。

以下の内容の "nofont.map" を作る。

rml   H Ryumin-Light
gbm   H GothicBBB-Medium
rmlv  V Ryumin-Light
gbmv  V GothicBBB-Medium

nofont.map を指定して PDF を作成。

$ platex sample.tex
$ platex sample.tex
$ dvipdfmx -f nofont sample.tex