MP3 Rage 日本語版(開発元公認)

Mac Army Knife と同じくChaoticsoftware 社の製品です。
究極のMP3 ツールと唱っているだけあって機能満載のソフトです。
以下に、Read Me 書類から機能説明を転載します。

● インターネットから Gunutella ファイル共有システムを使用してファイルを検索およびダウンロードする。
● MP3 と他のファイルを、Napsterファイル共有システムを使用して、インターネットから検索およびダウンロードする。
● MP3 ファイルの、ID3タグ情報を編集する(例えばタイトル、アルバム、アーティスト、トラック、ジャンル、その他)。
● ファイル名またはコメントからら情報(トラック番号、タイトル、アーティスト)を引き出して、それをID3 タグに書き込む。
● MP3 ファイルの再生ボリュームを、近似した音量レベルで演奏するように、自動調節する。
● 多くのMP3 ファイルのID3タグ情報を、一度にバッチ処理で変更する。
● MP3 ファイルを、CD の焼き込み/配布のためにAIFF、Wave、QuickTime ムービーとAVI として書き出す。
● ジャンル、アーティスト、アルバム、その他によってあなたのMP3 ファイルを整理(またはそれらのエイリアスを作成)する。
● ID3 タグ情報に基づきMP3 ファイルの名前を変更する(例えば、名称変更にタイトルを利用)。
● データベースへの入力のために、ID3タグ情報を使ってMP3ファイルのカタログを作成する。
● ID3タグ情報を使って、あなたのコレクション内のMP3 ファイルを見つける。
● 識別を容易にするためにMP3 タグ情報をバージョンリソースに付加する。
● ファイルのグループ化のためにファイル属性を変更する。
● MP3ファイルを演奏する。

iTunes で作成されたUnicode タグの日本語が正常に表示されない問題の解決は手間取るようです。 暫定的な回避方法として、最初からRage でタグ情報を書き込む(Unicode は使用されません)か、iTunes で書き込んだタグ情報を“高度な操作”メニューから“ID3 タグを変換”を選んでversion 1.x のタグに変換(この場合もUnicode は使用されません)してからRage で編集して下さい。 変換せずにRage でタグ情報を上書きするとUnicode のままiTunes 上で文字化けするタグとなるので御注意下さい。

※ v4.2.1 での変更点
- アーティスト、アルバム、そしてタイトルの文字を、すべて大文字に、すべて小文字に、頭文字を大文字にといった具合に簡単に変更するためのポップアップメニューを“簡単編集”ウィンドウに追加しました。 これは単一ファイルをより容易に変更するために、“タグの変更”に備わっているのと同等の機能を“簡単編集”ウィンドウで実現してくれます。
- アーティストとアルバムまたはタイトル、アルバムとタイトルといった多彩な組み合わせの入れ替えを実行するポップアップメニューを“簡単編集”ウィンドウに追加しました。
- Command+ピリオドを押すことで、OpenNap サーバからの接続を切る機能を追加しました。 これで検索を遂行するために、異なるサーバにより素早く移動できます。
- 名称変更を行う時の冠詞(A、An、The)除去の際の問題を修正しました。
- 一度に複数ファイルの名称変更をした場合に、大/小文字のみが異なるファイル名が名称変更されない問題を修正しました。
- N2MP3 でエンコードされたファイルが、ファイルタイプの不一致によりバッチ処理から除外されてしまう問題を修正しました。
- CDNOW またはLyric Tracker で、テキストを入力せずに情報を参照した際の問題を修正しました。
(Napster でサーバから蹴られる場合は、環境設定の“ネットワーク情報”でエージェントを変更してみて下さい。:ポー太)

※ v4.2 での変更点

- CDNOW Web サイトを利用して、ID3 タグ情報から直接アーティスト名、アルバム名、曲のタイトルを検索する機能を追加しました(“簡単編集”ウィンドウの各フィールド右横のポップアップメニューから実行できます)。
- Lyric Tracker Web サイトを利用して、ID3 タグ情報から曲の歌詞を直接入手できる機能を追加しました。
- “MP3 カタログ作成”にロングファイルネーム(255 キャラクタ以上)とロングファイルパス(各セグメントで255 キャラクタ以上、そしてセグメント数は無制限)への対応を追加しました。
- “名称をタグに変換”ツールにMP3 ファイルと思えないファイルをスキップするオプションを追加しました。
- “さし絵”をWeb サイトから直接“さし絵エディタ”にドラッグできるようになったので、MP3 ファイルに付加する前に“さし絵”をファイルとして保存する必要がなくなりました。
- 正しいMP3 ファイルとして誤認される有効な一連のMPEG フレームをファイルが含んでいるケースを回避して、MP3 ミュージックデータを何も含んでいないファイル形式を除外することで、MP3 ではないファイルのチェック機能を向上しました。



MP3 Rage 4.2.1 日本語版

↑クリックでダウンロードされます(約1.9 MB)

CarbonLib なしで動作する最後のバージョン、MP3 Rage 4.0 日本語版を復活させました。
ここからどうぞ。

 

オリジナルのMP3 Rage の開発元は、http://www.chaoticsoftware.com です。

[Top Page に戻る]