研修会資料
IME辞書を使いこなそう!IME2000と2002(2003)について
◆パソコン起動時のIME(IME2000の場合のみ)

パソコンの電源を入れたばかりの状態のときは、英数字が入力されるようになっています。 
 日本語入力システムとして、MS-IME2000が選ばれているときには、タスクバーに下図のようなインジケータ
が表示されています。

 

◆日本語入力インジケータ(IME2000の場合のみ)
日本語入力インジケータは、日本語入力モードの状態を示します。 
日本語入力モードがオンのとき 
日本語入力モードがオフのとき 

 

 ◆日本語入力システムのオンとオフを切り替えるには

まずは、何かのソフトを起動します。今回は、Wordを起動します。
通常は、Wordだけは、日本語入力「オン」に設定されています。

 
キーボードを使って日本語入力システムを「オン/オフ」するには、  キーを押します。


     

MS-IMEツールバーを使って、「入力モード」をクリックすると上のように表示されます。 
あとは、ひらがな、カタカナ 英数など入力モードを選択する。


◆MS-IME ツールバーの機能

  • MS-IMEツールバーを使って、入力や変換などの日本語モードの状態を示したり、環境を設定したりできます。
  • このツールバーは、左端の部分をドラッグすると、自由に移動することができます。
  • 日本語入力
    オンの状態
    IME2000

    IME2002

     

        日本語入力
    オフの状態

            ◆ツールバー 各ボタンの機能

    2000 2002 機  能
    [オン/オフ]ボタン。この部分をクリックすることで、日本語入力モードのオン/オフを切り替えられます。(赤丸がついたときが、[オン]の状態)
    現在の入力モードが表示されます。入力モードには、「ひらがな」、「全角カタカナ」、「全角英数」、「半角カタカナ」、「半角英数」、および「直接入力」があります。ほかの入力モードに変更するには、ボタンをクリックし、入力モードの一覧から目的のモードを選びます。
    漢字変換する場合は、通常「ひらがな」モードを選びます。
    現在の変換モードが表示されます。変換モードには、「一般」、「人名/地名」、「話し言葉優先」、および「無変換」があります。ほかの変換モードに変更するには、ボタンをクリックし、変換モードの一覧から目的のモードを選びます。
    難解な漢字や記号を入力するための「IME パッド」を表示します。IME パッドは、文字を入力するのに便利なさまざまなツールをアプレットという形で提供しています。
    「手書き」:マウスなどを使って、読みのわからない文字などを検索/入力します。「文字一覧」:文字コード順に並んだ文字の一覧リストより該当の文字を検索し入力します。他、「総画数」「部首」「ソフトキーボード」が標準で用意されています。
    このボタンを押すと、単語や用例を辞書に登録するための [単語/用例の登録] ダイアログ ボックスを表示します。
    各種の環境を設定するための [Microsoft IME のプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。2002以降は、このツールをクリックで特殊入力モード呼び出しの「IMEパッド」、日本語入力ソフトの各種設定ができる  [IME のプロパティ] 「単語登録・辞書ツール」などのツールを呼び出せます。
    MS-IME のヘルプを表示します。
    CapsLock キーとカナキー の状態が表示されます。(各々凹表示がONの状態) 
    この部分をクリックすると、ON/OFFが切り替えられます。
     [CAPS]:CAPS LOCKが入った状態(英字の場合、大文字入力されます。) 
     [KANA]:「かな入力」モード (OFFの場合は、「ローマ字入力」モード)

◆MS-IME ツールバーを表示するには

  1. タスクバーの日本語入力インジケータをクリックし、[ツールバーを表示]を選択(クリック)します。

  2. 既にツールバーが表示されている状態のときには、チェックマークが付いています。
      

  3. ツールバーを表示しないようにするには、日本語入力インジケータの[ツールバーを表示]をクリックし、チェックマークを消します。

◆MS-IME ツールバーをタスクバーの中に入れるには
 
画面が狭く、MS-IME ツールバーが邪魔になる場合には、MS-IME ツールバーをタスクバーの中に入れることができます。
 
 
  1. MS-IME ツールバー の上にマウスポインタを置き、マウスの右ボタンをクリックします。
  2. 右図のようなショートカットメニューが表示されたら、「タスクバーに入れる」を選択(クリック)します。


IME2002の場合


*タスクバーの中から「ツールバーを出す」場合

  1. タスクバーの などをクリックし、右図のようなショートカットメニューを表示させます。

  2.  

  3. 「ツールバーを表示」を選択(クリック)します。

  4.  

  5. MS-IME ツールバー が表示されます。



IME2002の場合

 


◆IME機能をいかそう!(IME2000の場合)
日本語が、入力できる画面を出します。メモ帳でもWordでも何でもいいです。
その後、日本語入力システムをONにし
、画面右下MS-IMEのツールバーから「プロパティ」→のボタンをクリックします。

MS-IME2000のプロパティ画面を出し、「辞書/学習」タブをクリックしてこの画面を出します。

システム辞書の欄にある「話し言葉辞書」と「郵便番号辞書」、「人名地名辞書」にチェックをつけましょう。

「白地のチェック」になるように、何回かクリックしてみてください。白地のチェックにすると、これらの辞書をいつでも使えるようになります。
 

ちなみに関係ないですが、右記の辞書で、「カタカナ語英語辞書」も白抜きのチェックにしておくと、カタカナを入力(ナイス)すると、英語(nice)を出す事もできます。

 

「話し言葉辞書」「郵便番号辞書」「人名地名辞書」にチェックをつける
 
MS-IME98の「顔文字辞書」は、MS-IME2000では「話し言葉辞書」になっています。

「かお」で変換すると、こんなふうにいろいろな顔文字が出てきます。

話し言葉辞書で変換する
 
まずは郵便番号辞書を使って変換してみます。

「421−0524」という郵便番号を入れて変換すると……住所が出てくるようになりました。


 
人名地名辞書!

「みさ」で変換してみると……いろいろな「みさ」が出てくるようになりました。

ちなみに人名地名辞書を使わないと、「美佐」「美沙」「美砂」「美紗」という名前しか出てきません。

人名地名辞書で変換する
 
◆主な顔文字の一覧
顔文字は「かお」以外の読みを入力しても出すことができます。主な読みと顔文字の一覧を、下の表にまとめておきました。MS-IME98でも、MS-IME2000でも、どちらでも使えます。
 
読み 顔文字
あいたっ (>_<)
いか くコ:彡
ういんく (^_-)
なぜ (?_?)
にこっ (^_^.) (^_^) (^^) など
ばいばい (;_;)/~~~ (^.^)/~~~ など
ばんざい \(^o^)/ \(-o-)/ など
ぴんぽーん !(^^)!
ぺこり m(__)m など
ぽりぽり (^^ゞ
わーい )^o^( (●^o^●) など



 
◆単語登録
★簡単に住所や名前を入力できる方法です。
   自分のパソコンに1度、辞書登録しておけば、いつでも素早く間違いなく入力出来ます。
 







一番右の▽のマークをクリック!


上のダイアログが表示されます。
単語登録をクリックで常に
ツールバーに表示されます。

上からIME95、IME97、IME2000、IME2002 です。

IME95は真中の開いた本の個所、

IME97は緑色の本の個所、

IME98・2000も緑色の本とペンの個所、をクリックする。



IME2002は、買った状態では、下記の使用方法で単語登録する。
下記の「ツール」をクリックで単語/用例登録をクリック
すると下記の左の画面(単語登録ダイアログ)が表示される。
 

*常にIME2002ツールバーに表示するのは、左の方法
  で表示されるようになります。



バージョンにより多少違いますが、
【読み】 【語句】 【品詞】 は同じです。 

【語句】に名前を入力
【品詞】は人名を入力
【読み】は短く、覚えられる言葉を入力、
 !を付け加えたのは”あ”で変換するとすぐに他の文字が出てしまうので、こうしてますが、何でも構いません。

登録ボタンを押す。

    登録したものを削除又は、変更などをする場合は、上記画像の辞書ツールをクリックします。

   下図のように削除(変更部)をクリック!→編集→削除(変更)をクリックする。


◆手書き入力でわからない文字を検索!
日本語が、入力できる画面を出します。メモ帳でもWordでも何でもいいです。
その後、日本語入力システムをONにし
画面右下MS-IMEのツールバーから「IMEパッド」→のボタンをクリックします。

下記のボックスがでますので、手書きを選択してクリックする。

下記のBOXへマウスを使い調べる文字を書きます。
もし文字があればまず、消去を押してから書きます。
あとは自動認識して読みもでます。
その文字をクリックすれば、文字が打ち込まれます。



 IME2002の場合

IMEツールの「IMEパッド」をクリックして一番上の手書きをクリックします。
あとは、上記説明と同様に使います。
IME2002の使い方(豆知識)

通常は、IMEスタンダードで使用でいいと考えます。(今までどうり)
 しかし!ME2002には、ナチュラル インプットの辞書があります。
 せっかくあるので使ってみてはどうですか?


入力方式をクリックすると上の画面がでます。
出たらナチュラル インプットの青い所をクリックすると
下の表示になります。


自動変換されますが、そのまま使うと自動変換までにかなりの
文字数を打ちます。あまり多いと文字認識が間違う可能性が高くなります。
そこで設定を1箇所変えましよう。
 


ツールをクリックしてプロパティをクリックする。
下記画面が出ます。


変換の場所をクリックで「句読点など・・・・・・・・」と書いた
場所をチェックマークを入れる。適用を押してOKクリックします。
では、実際打ち込んでみましょう。(^_^ゞ−☆