インターネットについての参考資料

ブラウザって基本的には何?
ブウザの基本的な仕組みは単純で、見たいホームページのアドレス(正式には URL といいますが、以下では「アドレス」とします を入力して、そのホームページへ移動(ジャンプ)する、ということです。
URL:Uniform Resource Locatorの略語


たとえば、上のホームページのアドレスは      
http://www3.tokai.or.jp/sagara-scc-hp/
なので、下の例のようにアドレスボックスに希望のアドレスを入力して「Enter」キーを押せば良いのです。
    
アドレスボックスへアドレスを入力したところインターネットへの接続に問題がなく、入力したアドレスが正しければ希望のホームページへジャンプして、見ることができるはずです。 
ホームページ・アドレスの構造を見てみましょう。
  誰かから教えてもらったり、テレビや雑誌の広告で知ったアドレスを入力しても、うろ覚えだったり、入力を間違ったためにそのホームページにいけない場合がしばしばあります。電子メールのアドレスの時と同様、ホームページのアドレスも一文字違うとほとんどの場合、たどり着けません。 

  入力を間違えないためにも、まずホームページ・アドレスの構造(意味)を見てみましょう。。 

◇アドレス構造
例1
例2
      1.プロトコル表示
   2.ホストサーバー名
   3.ドメイン名(組織名+組織種別+国・地域コード)
   4.ディレクトリ名
   5.表示ファイル名

  「http://」や「www.」「.com」「.htm」などは、多くのホームページのアドレスに共通な項目ですから、それぞれの項目の意味がある程度理解できれば、入力の間違いもグッと減りますし、うろ覚えでもお目当てのホームページにたどり着ける可能性が高くなります。ですから以下の説明では少し難しい部分もあるかも知れませんが、頑張ってみましょう。 

1.プロトコル表示
  「プロトコル」というのは「情報をやりとりするときに必要なお約束」といった意味です。たとえば色々な国の人が情報交換するには、お互いが知っている言語の単語で一定の文法に従って話さないと通じませんよね?その「単語や文法などのルール・お約束」が「プロトコル」に相当するものです。 

  人と同様に、色々なコンピュータ(あなたのパソコンも立派なコンピュータです)が情報交換する場合にも、伝えたい情報によって色々なお約束(プロトコル)が必要になります。実社会でも電話、手紙、直接会って話す、それぞれで情報を伝える道具・ルート・方法が違いますよね。 

  ここで「http」というのが「ホームページの情報をやりとりするお約束(プロトコル)」であり、「http://」 はアドレスの頭に置くことで「これはホームページのアドレスです!」と宣言している記号だと思ってください。 

  参考までに「http」は  HyperText Transfer Protocol の略で「ハイパーテキストをやり取りするためのお約束」といった意味です。このハイパーテキスト(「超すごい文書!?」)の形式でホームページの各ページは作られています。 

ですから通常、利用するホームページのアドレスの先頭には「http://」をつけてください。これはもう、そういうお約束だと覚えてください。 

2.ホストサーバー名
  ホームページを構成している文章ファイルや写真や画像のファイルを管理(ホスト)しているコンピュータの名前です。多くの場合は「ホームページを管理しているコンピュータだよ!」という意味で「www」という名前にしています。 

  ここで「www」は World Wide Web の略です。「世界に広がるクモの巣(Web)のようなネットワーク」といった意味で、ホームページを管理するコンピュータは分かり易いようにこの名前にしましょう、ということで多くのホームページ用のホストサーバー名は「www」となっています。

実際には複数のホストサーバーを持っている企業や、あえて「www」以外の名前を付けている場合もありますから、その場合は「www.」を消して、そのホストサーバー名を入力してください。 

  分かりやすい例として、有名な「Yahoo!Japan」のアドレスは 
   http://www.yahoo.co.jp/
   
ですが、同じヤフー!が提供するスポーツ情報は別のホストサーバー(名前は「sports」)で管理しています。
 
   http://sports.yahoo.co.jp/

入力時の大切なポイントとしては、サーバー名や以下に出てくるドメイン名などそれぞれの項目は「.(ピリオド)」で区切っていることです。

3.ドメイン名(組織名+組織種別+国・地域コード)
  ドメイン名は、インターネット上での組織名&組織種・地域コード(ドメイン名)を管理する会社に申請してドメイン名を獲得する事ができます。 

      例 susuki-cc.com(なんて登録すれば直ぐアドレスを覚えれます)

  組織・団体名としては「susuki-cc」、組織種・地域コードは「com」となります。本来、「com」は米国において商用(commercial)として、おもに企業がつけていたコードなのですが、そこは自由の国なので企業以外でも、米国以外でも、先着順で、欲しいドメイン名を申請・取得できます。 

  その自由度ゆえに新興企業や新しい商品・サービス・団体のホームページのアドレスには「.com(ドットコム)」が使われています。最近では個人のホームページでも、自分のドメイン名を「.com(ドットコム)」で取得して、アドレスを公開している方がたくさんいらっしゃいます。 

  私たちが良く使うアドレスに多いのが、日本の企業やプロバイダの提供するホームページですから、その場合は「co.jp」「ne.jp」がほとんどです。これらは「日本(jp)」の国コードに、「企業(co=commercial)」、「ネットワーク関連組織(ne=network)」を加えたものです。つまり日本企業、NECのドメイン名は「nec.co.jp」ですし、有名なプロバイダ、ビッグローブのドメイン名は「biglobe.ne.jp」となります。 

  ちなみに国・地域コードはほとんどの場合、アルファベット二文字でできています。日本は「japan」の略で「jp」で、英国ならば「uk」、韓国は「kr」といったところです。 

 ※米国はインターネットを自分の庭のように考えて
   いますから、国コードは省略しています!そして
   組織種別は3文字なので「.com」となるわけです。 

  
4.ディレクトリ名
  通常、ホームページでは色々な情報を紹介しますから、関連したページを分類して管理しないと訳がわからなくなります。フォルダをいくつか作り細分化したグループに階層的に分けています。これをディレクトリ構造と呼び、それぞれのグループ(ディレクトリ)の名前が「ディレクトリ名」となります。ディレクトリは各階層をスラッシュ(/)で区切って 

http://www3.tokai.or.jp/sagara-scc-hp/gazou/sakura/sakura.html

  となり「gazou」「sakura」がそれぞれディレクトリ名となります。

5.表示ファイル名
  最終的に表示されるページはファイルです。つまり下記のページのファイル名は「index.htm
であり、このページを開くためのアドレスは 

 http://www3.tokai.or.jp/sagara-scc-hp/index.htm・・・(a) 

となります。 

  多くの場合、各ディレクトリの最初のページは「index.htm」あるいは「index.html」であり(これはホストサーバーの設定によって違います)、このファイル名を省略してディレクトリ名までをアドレスで指定しておけば、自動的に開きます。つまり 

  http://www3.tokai.or.jp/sagara-scc-hp/

というアドレスで、上記の(a)と同じページが開きます。 

  そのため紹介されたアドレスの最後に「index.htm」がついている場合でも、多くの場合、その前のディレクトリまで入力したら大丈夫な場合がほとんどです。 
  

※スラッシュ(/)について
  ファイル名で終わるアドレスには最後をスラッシュ(/)は付けません。ファイル名を省略する場合(ディレクトリ名で終了する場合)は最後をスラッシュ(/)で閉じます。
  基本的なドメイン名のアドレスの場合、最後にスラッシュがあっても、なくてもどちらでも大丈夫です。 
   参考例
  ○ http://www.724685.com/06howto/
  × http://www.724685.com/06howto
    (このアドレスでも移動できますけど、スラッシュで閉じたおいたほうがいいでしょう)
  ○ http://www.724685.com/index.htm
  × http://www.724685.com/index.htm/
    (これは完全な間違いです)
  ○ http://www.724685.com/
  ○ http://www.724685.com/ 

  口頭でアドレスを教える場合は最後のスラッシュはつけませんし、スラッシュひとつでも入力の手間が省けるので、入力としてはスラッシュなしで問題ありません。

あとは単純な入力ミスを避けましょう
  電子メールのアドレスでもそうですが、パソコンやキーボード操作、そしてホームページ・アドレスの入力に慣れないうちはアドレスの入力ミスは避けられません。ベテランでもときどきは間違えます。そこで記入ミスを避けるポイントを3つ挙げて見ましょう。
    ホームページのアドレスはすべて「半角文字」   
    チルダ( ~ )とピリオド( . )は特に注意
    ハイフン( - )とアンダーバー( _ )のように
    似たような文字に気をつけて!
ということで、もう少し詳しくお話します。  


1.ホームページのアドレスはすべて「半角文字」
  ホームページのアドレスは基本的には半角文字ですので、文字入力のモードを「半角」にし力してください。全角英数文字は使えません。 

  ただし、これから漢字を使ったアドレスも使えるようになってきますので全て半角というわけではなくなりますが、結局、日本語と半角英数字が混ざったアドレスになりますので、変換などの手間を考えると当面はアドレスは半角英数文字で入力すると思っていれば間違いないです。  

2.チルダ( ~ )と ピリオド( . )は特に注意
  インターネットをはじめるまで、普通はチルダ( ~ )なんていう文字は使うことはありません。

  さてチルダを使うケースですが、個人がホームページを作りたいとき、利用しているプロバイダに自分のホームページ関連ファイルを保管するディレクトリを割り当ててもらいます。そのディレクトリに名前を付けるとき、「~suzuki」「~tanaka」といった感じでユーザー名の前にチルダをつける場合あります。 
  これはインターネットの発展初期のころに、コンピュータ技術者が大型コンピュータを複数のユーザーで共有して使っていたときに、ユーザーのファイル・データを保存するために割り当てられたディレクトリだと判別しやすいようにユーザー名の前に「~」をつけていた名残だということです。 
  それからピリオド( . )は、カンマ( , )と見分けがつきにくく、しかもキーボードでは隣りあわせなので気をつけましょう。ポイントとしては
    ホームページのアドレスで各項目を区切る記号は
    ピリオド( . )である。
    通常のホームページのアドレス入力でピリオドが
    2回続く(..)ことはない。
    ホームページのアドレスでカンマ( , )は使われない。
    
3.ハイフン( - )とアンダーバー( _ )のように
  似たような文字に気をつけて!

 以下のようなものが間違えやすいです。

    ハイフン( - )とアンダーバー( _ )
    ブイ( v )とユー( u )
    数字の 1 と アルファベット小文字のエル( l )
    数字の 0 と アルファベット大文字のオー(O)
    ピー( p )と オー( o )
    (アドレスの最後を「jp」ではなく「jo」、たとえば
     ....ne.jo としてしまうことは結構あります) 

    キュー( q )と ピー( p )

※ホームページアドレスでの各種記号の使用例 
以上のことに気をつけて、ホームページのアドレス入力をしてみましょう。「http://」をはじめ、「www」「co.jp
htm」などの意味がイメージできるようになれば、入力ミスはぐっと減るはずです。

ブラウザの各種ボタンの使い方
「戻る」ボタン
「戻る」ボタン
文字通り、直前に表示していたページへ戻ります。リンクでジャンプした先のページが面白くなかったり、もう一度、元のアドレスのページに戻りたいとき、クリックしましょう。最も使います。
「進む」ボタン
「進む」ボタン
「戻る」ボタンで戻ったけど、もう一度、戻る前のページにいきたいとき、クリックしましょう。二つのページを行ったり来たりして比較する場合など、上の「戻る」ボタンと一緒に使うと便利です。
「中止」ボタン
「中止」ボタン
  見ようとしているホームページにジャンプしたけど、大きな写真などを使っている場合など、表示に時間がかかりすぎるときに表示を途中で中止することができます。
「更新」ボタン
「更新」ボタン
多くのホームページはどんどん内容が更新されます。そこで最新の内容を表示したい場合はこのボタンをクリックします。また時々、写真や文字に回り込んだり、表示が崩れて現れるときに使うときれい戻る場合があります。
「ホーム」ボタン
「ホーム」ボタン
ブラウザを開始したとき、最初に表示されるページにジャンプします。もっとも使うページを「ホーム」にしておくと便利です。
「お気に入り」ボタン
「お気に入り」ボタン
何度も見たいページは「しおり」のように登録し、その「しおり」から直接ジャンプが可能です。このボタンをクリックすると、ブラウザの左側に「お気に入り」一覧が出ます。そのリストを使ったり、新たに追加したりできます。ぜひマスターしたい機能です。

ホームページの基本中の基本(リンクって何?)
 
リンク  
 ホームページの画面上をマウスなどの操作で動く 『矢印)』 で なぞると、所々で『指差しマーク)』に変化する場所があります。 

この場所のことを『リンク』と言って、別のページと繋がっているポイントです。このリンクとなっている場所をクリックすることで、そこと繋がっている別のページへジャンプする仕組みになっています。


朝日読売毎日
 たとえば「朝日」の文字に矢印をあわせると 
 指差しマークに変化します。つまりここに 
 朝日新聞への「リンク」がある、ということです。 
  link(リンク) = つなぎ。連結。 といった意味
 もちろん、リンク先のページのアドレスを入力してジャンプをしても、同じこと(目的のホームページに行くこと)ができますが、リンクという仕組みのおかげで、アドレスを知らなくても簡単に、クリックひとつで様々なページへジャンプできるようになっているのです。
 リンクが貼られている場所は、とにかく『指差しマーク()』が現れるところですが、文字ならば違う色で下線の付いている場合が多いですし、画像ならボタンの形になっている部分などです。
こんな感じ     ここをクリックしてね!

 この「リンク」をたどって、次々とホームページを見ていけることが、インターネット/ホームページの最大の醍醐味のひとつです。
リンクを辿るのがインターネットの醍醐味

 こんな風に、まるで「波乗り」のように次々とホームページへ渡り歩いて楽しめるので
「ネットサーフィン」と言われたりします。

  印刷について
 フレームのページの印刷は印刷したいページで右クリックで印刷を選択!でOK!