ダイヤルアップネットワークの設定―A
(Windows XP+InternetExplorer6)
ここでは、InternetExplorer6がインストールされているWindows XPで『インターネット接続ウィザード』を利用してダイヤルアップネットワークの設定を行います。 
InternetExplorer6以前のバージョンをお使いの場合も、画面の表示は異なりますが、基本的には同じです。今回は、TOKAIと言うプロバイダーと契約した場合の設定で書いています。
A)―1)スタート]メニューから[コントロールパネル(C)]を選択し、クリックしてください。
スタート]メニューに[接続(T)]がある場合は、[接続(T)]→[すべての接続の表示(S)]を選択し、左にある[ネットワークタスク]内の[新しい接続を作成する]をクリックする方法もあります。(この場合、手順4に進みます)

2)作業する分野を選びます]の画面では、[ネットワークとインターネット接続]をクリックしてください。

3)コントロールパネルを選んで実行しますの中にある、[ネットワーク接続]をクリックしてください。

4)[ネットワーク接続]の画面で、左にある[ネットワークタスク]内の[新しい接続を作成する]をクリックしてください。

5)[新しい接続ウィザードの開始]が表示されます。[次へ(N)]をクリックして設定作業を開始してください。 

5)−2ここで「所在地情報」という画面が表示されたときは、「市外局番/エリアコード」欄に現在地の市外局番を入力して、[OK]をクリックしてください。
注意)パルスは電話がズーブーとか聞こえます(アナログ)。トーンとはピッポ・パッポと音がするデジタル回線の事です。通常ISDNならトーン、ADSLはパルスですね。しかし単なるアナログ回線の場合は、どちらを選択しても反映されません。下記の10)設定で説明しています。

5)−3続けて「電話とモデムのオプション」という画面が表示されたときは、何も入力せずに[OK]をクリックしてください。

6)「ネットワーク接続の種類]の画面では、[インターネットに接続する(C)]を選択し、[次へ(N)]をクリックしてください。 
 
7)「準備]の画面では、[接続を手動でセットアップする(M)]を選択し、[次へ(N)]をクリックしてください。

8)インターネット接続]の画面では、[ダイヤルアップモデムを使用して接続する(D)]を選択し、[次へ(N)]をクリックしてください。 
 
9)[接続名]の画面では、[ISP名(A)]の欄に任意の接続名を入力し、[次へ(N)]をクリックしてください。 
この名前が接続アイコンの名前になります。続名は自由に入力できますが、接続先アクセスポイントが分かるような名前にするように!

 

10)ダイヤルする電話番号]の画面では、[電話番号(P)]の欄にTOKAIのアクセスポイント番号を入力し、[次へ(N)]をクリックしてください。 ISDNの場合は、34-0350などの番号だけで認識するはずです。
アナログの場合は下記のように入れます。しかしISDNでつながらない場合は、Tを入れる事でトーンの認識をより確実にします。


注意)上記の電話番号の前にPとはパルス、もしトーンであればTを前に入れます。
パルスは電話がズーブーとか聞こえます(アナログ)。トーンとはピッポ・パッポと音がするデジタル回線の事です。アクセス電話番号は榛原局を示しています。
*本来は、PとかTとかを入れないのですが、単なるアナログの場合は、P(パルス)・T(トーン)の認識を5−2の画面のチェックで出来ません?注)最新XPは、出来るようになったかも?ただしADSLには全く、関係ありません。通常はISDNも関係ないと思います。
 
11)インターネット アカウント情報]の画面では、
・[ユーザー名(U)]の欄に記載の[ユーザID]を入力 
・[パスワード(P)]の欄にの[(本)パスワード]を入力 
・[パスワードの確認入力(C)]の欄にもう一度[(本)パスワード]を入力 
して、[次へ(N)]をクリックしてください。 
3つのチェックボックスは、通常はチェックが入った状態にします。
 
12)ここまでの作業で、接続アイコンが作成されます。
[完了]をクリックして、作業を完了してください。 
 
13続いて、作成したダイヤルアップネットワークの設定で正しくTOKAIに接続されることを確認します。
[スタート]メニューから[接続(T)]→[すべての接続の表示(S)]を選択し、作成した接続アイコンをダブルクリックしてください。 
 
14)表示されたダイアログの表示項目のうち、
・[ユーザー名(U)]の欄に会員証記載の[ユーザID」が 
・[ダイヤル(I)]の欄にTOKAI のアクセスポイント番号が正しく入力されていることを確認してください。 
パスワード(P)この欄には設定時に入力したパスワードが表示されませんが、
 入力した文字列が保存されています。

15)上記の画面で[ダイヤル(D)]をクリックすると、設定したアクセスポイントへの接続動作が開始されます。接続が完了するまでしばらくお待ちください。

16)タスクトレイの中に接続アイコンが表示されましたら、正しくダイヤルアップ接続されています。

17ダイヤルアップ接続を切断する場合は、タスクトレイの接続アイコンを右クリックし[切断]を左クリックしてください。 
 
B)ADSLの場合での設定変更!Internet Explorerの設定
インターネットでホームページを見るためにInternet Explorerをご利用の方は、設定の変更が必要です。 詳しい設定は、ここをクリック!!
Netscape Communicatorなど、他のブラウザソフトをご利用の方もダイヤルアップIP接続からLAN接続に設定を変更する必要があります。