Perlの定義済み変数

2002/10/11


 
変数名 長い別名 read-only 内容
$_ . . デフォルトの入力とパターン検索のスペース
$0 $PROGRAM_NAME . 行されている Perl スクリプトの、ファイル名
$1,$2,,,$9 read-only 最後のパターンマッチで対応する括弧のサブパターンにマッチした文字列
$& $MATCH read-only 最後に成功したパターンマッチでマッチした文字列
$` $PREMATCH read-only $&の前の文字列
$' $POSTMATCH read-only $&の後ろの文字列
$+ $LAST_PAREN_MATCH read-only 最後に検索されたパターンの最後の括弧にマッチした文字列
$. $INPUT_LINE_NUMBER
$NR
read-only 最後に読み込みを行なったファイルハンドルの現在の入力行番号
$/ $INPUT_RECORD_SEPARATOR
$RS
. 入力レコードセパレータで、デフォルトでは改行文字
$| $OUTPUT_AUTOFLUSH . 0 以外に設定されると、出力をバッファリングしない。
$, $OUTPUT_FIELD_SEPARATOR
$OFS
. print 文で , を書いた場所に印字されるもの
$\ $OUTPUT_RECORD_SEPARATOR
$ORS
. print の最後に \n を付け加える代わりに "$\" を設定する
$" $LIST_SEPARATOR "$," と同様ですが、これは 2 重引用符で括られた文字列(または、同様に扱われる文字列) 内で配列値が展開される際に適用されます。デフォルトではスペース
$% $FORMAT_PAGE_NUMBER 出力チャネルの、その時点でのページ番号
$=  $FORMAT_LINES_PER_PAGE 出力チャネルのページ長 (印字可能行数)。 デフォルトは 60 です
$- $FORMAT_LINES_LEFT 出力チャネルの、ページに残っている行数
$~ $FORMAT_NAME 出力チャネルの、フォーマット名
$^ $FORMAT_TOP_NAME 出力チャネルの、ページ先頭フォーマット名
$: $FORMAT_LINE_BREAK_CHARACTERS フォーマットの充填継続フィールド (^ で始まるもの) への文字列で行分割を許す文字集合。 デフォルトは " \n-"
$^L $FORMAT_FORMFEED フォーマット出力で、改ページのために出力されるもの
デフォルトは \f
$^A $ACCUMULATOR format 行のための、その時点での write() アキュムレータの値
$? $CHILD_ERROR 最後に close したパイプ、バッククォート (``) コマンド、system() 演算子が返したステータス。
$! $OS_ERROR
$ERRNO
その時点の errno の値
$@ $EVAL_ERROR 最後の eval() コマンドによる Perl の構文エラーメッセージです。
$$ $PROCESS_ID
$PID
スクリプトを実行している Perl のプロセス番号
$< $REAL_USER_ID
$UID
本プロセスの実 uid を示します
$> $EFFECTIVE_USER_ID
$EUID
本プロセスの実効 uid を示します
$( $REAL_GROUP_ID
$GID
. 本プロセスの実 gid を示します。
$) $EFFECTIVE_GROUP_ID
$EGID
. 本プロセスの実効 gid を示します。
$] $PERL_VERSION perl -v としたときに表示される文字列
$^D  $DEBUGGING デバッグフラグの現在の値
$^F $SYSTEM_FD_MAX システムが使用するファイル記述子の最大値
$^I $INPLACE_EDIT 置き換え編集の拡張子の値
$^P $PERLDB デバッガが自分自身をデバッグしないようにクリアする内部フラグです
$^T $BASETIME スクリプトを実行開始した時刻を、紀元 (1970) からの秒数で示したものです
$^W $WARNING 警告スイッチの値で、真か偽が設定されます。
$^X $EXECUTABLE_NAME Perl バイナリ自身が実行された時の名前
$ARGV <> から読込みを行なっているとき、その時点のファイル名
@ARGV コマンドラインからスクリプトに渡す引数が入れられます
@INC Perl スクリプトを探す場所のリスト
%INC  key は指定したファイル名で、value は実際に見つかった場所
%ENV その時点の環境変数
%SIG さまざまなシグナルのハンドラを設定

perl5で使われなくなったものを取り除きました。

参考資料
    Perl_man perlvar.1


<暗記帳に戻る> <目次に戻る>