【地下2号室】


R. (本サイトの製作者)が、高音質CD-R作成を目的として実践した高音質化対策や製作した高音質対策パーツについて解説しています。
本サイトの内容は非常に危険な内容を含んでいます。 参考にされる場合には、CD-RドライブやPC誤動作、最悪の場合は故障や事故の原因になりうることをご承知の上でお読みください。




CDU-948Sを改造する(その1) 高音質ドライブの定番 SONY CDU-948SをR.なりの方法で改造し、高音質化して行きます。
その1は、回路的な改造として、ドライブのマスタークロックを発生させるための部品を高精度なものに交換し、高音質化を目指します。
CDU-948Sを改造する(その2) 高音質ドライブの定番 SONY CDU-948SをR.なりの方法で改造し、高音質化して行きます。
その2は、メカ的な改造として、ドライブ内部のゴムクッションのダンピングを補強し、高音質化を目指します。

CDU-948Sの外付けケースを選ぶ

WebcomsではSUNのModel 411ケースについて、詳しい資料がありますが、現状では入手困難となってしまっているため、新たな定番としてModel 611ケースを使用します。
ネット上にModel 611ケースに関する情報が少ないため、内部を分解し詳しく確認しています。
また、地下室流に高音質化のための改造も施しています。
PCI コンデンサーカードの製作

市販のLANカードを改造して、PCIの給電ラインの電圧を安定化させるカードを作成します。
最近のマザーボードでは、コスト削減のためPCIの給電ラインにデカップリングコンデンサーを配置してないものがありますが、このカードはPCIの給電ラインのノイズを低減されるのに効果があると思われます。

PCIコンデンサー給電カードの製作 上にあるカードを大幅グレードアップしました。
コンデンサーを大型化し、ATX電源から直接5Vを引き込んでいます。
たくさんのカードに電源を供給する、PCIの給電ラインでの電圧降下を防ぎ、他のカードの負荷電流が相互干渉するのを抑えます。
勿論、PCIの給電ラインのノイズの低減効果もアップして、CRTの表示品質まで向上します。
簡易フィルターの製作 スイッチング電源をCD-Rドライブの電源に使用されている方にお奨め、電源の質をリニア電源に近づけるための簡易フィルターを製作します。
SCSIカードの高音質化改造 SCSI接続のCD-Rドライブで、高音質なCD-Rの作成をする際に、より高音質なCD-Rが作成できるよう、SCSIカードを改造する例を紹介します。
ここでは、アダプテックのAHA-2940Uの高音質化改造を行っています。
高音質CD-R作成の基本テクニック Webcomsのノウハウ集製作プロジェクトのプロトタイプとして、コツコツとコンテンツを順次作成中。
改めて文章にして整理するのは、非常に面倒です。
そのうち、ギブアップしそうな予感です。
メディアの品評会をやってみました。
           2004.9.14公開
メディアの音の違いは一人で楽しむものですか?いいえ、大勢で楽しんだ方がより楽しめます。ということでオフ会として実行しました。
実はこれ2回目です。1回目の記録は  こちら

Webcoms ハマリモノBBS ディープ 地下室に戻る

ハマリモノBBS常連 TADSINさんの本活的なノイズフィルターの製作方法を知りたい方は、しばっぺさんのHPへどうぞ

同じくハマリモノBBS常連 juubeeさんのディープなHP juubee's 覚書 こっちもお奨めです。