[ Return Home ]

フラッシュアプレット Ver 1.0

Javaで作ったアップレットを紹介します。
最近のはやりだと思いますが、カーソルをイメージの上にもって行くとそのイメージが変化するという
テクニックを使ったサイトをよく見かけます。特に商用のサイトでよく見かけます。
以前はアプレットを書かなければいけませんでしたが、現在ではNetscapeでHTMLレベルで書けるようです。

しかし、今回公開しますアプレットは、この機能+αを持ちJavaが動作するのであれば NetscapeV2.0でも動作する
というものです。
以下にその例を示します。
  
指定方法はこのページのソースをみていただければわかると思いますが、イメージファイルを2つ用意して
それを指定時間の間隔で指定回数繰り返すというものです。マルチスレッドにしてありますので、
CPUのオーバーヘッドは最小限にとどめてあります。その上カーソルがアプレット上に無い場合には
タイマーも停止させています。

(1) 動作環境と使用方法

Javaの動作する HTMLブラウザで動作します。
アプレットとして HTMLの中に組み込んで使ってください。その時に指定できるパラメータは5種類あり
以下に説明します。

パラメータの説明
BaseImg
最初に表示されるイメージです。
ActiveImg
カーソルを領域内に持っていった時に表示されるイメージです。
Blinks
ブリンク表示回数です。
Millis
ブリンクの保持時間です(ミリ秒で指定します)。
URL
クリック時に飛ぶURLです。
(2) 基本機能
最初は BaseImg で指定されたイメージを表示します。
カーソルが領域内に入ると。 ActiveImg で指定されたイメージ と交互に Blinks 回数表示させます。
ブリンクしているように見えます。指定回数後もカーソルが領域内にある場合は ActiveImg を
表示しつづけます。 カーソルが領域からで出ると BaseImg に戻します。
ブリンク期間中 一つのイメージを出している時間を Millis で指定できます。
イメージがクリックされた場合には URL で指定されたアドレスへジャンプします。
もちろん、ブリンク中にクリックしてもかまいません。
(3) 圧縮してありません。
ファイルサイズ TwoFaceFlash.class 5Kbyte です。

Download TwoFaceFlash.class