第一回CEユーザ関西オフ


1997年11月21日WindowsCE Users ML in Japanの第一回関西オフが開催された。
宴会部長に就任した傍島さんの掛け声の下8人のCEユーザが集結した。(笑)


一次会

下家さん 一次会の様子を現す証拠として手元に残るのはこのポーズを決めた下家さんの写真ただ一つである。
この写真は暗さに弱いDJ-1000でどの程度撮れるかをデモンストレートした時のものである。 撮った写真はコンパクトフラッシュ経由で速やかにカシオペアに移され、pixyで確認されたのは言うまでもない。
全員が初対面だったのではないのかと思うのだが、それが古くからの友人のように打ち解けてしまうのがオフの醍醐味である。
私は少し遅れて到着したのだが、各自の席の前あるいは横にまるで名刺のように置かれたカシオペアが面白かった。驚いた事に8人全員がそろってもモバギCEは1台も現れなかった。ここに集いし面々は、とても気が短いか、新し物好きのどちらかであろう。私にしてからが、持っていったA-11にしてもA-51にしても発売当日には手にしていたのであるから、類は友を呼ぶの例え通り、他の人も似たり寄ったりだろうとは身勝手な想像である。
私がDJ-1000を取り出したところ、すぐに他の人のかばんからデジカメが出てくるあたり、携帯物、小物が大好きな似た者同士と苦笑せざるを得なかった。
印象に残ったのがGold Typerたる政光さんのTyperの指裁きである。テーブル越しに見ていた私には照明の暗さも手伝い、動いている指を確認するのも難しかった。
最後に東京に対抗すべく、全員のモバイル製品をテーブルの上に集結し写真撮影を行ったが、8人にしては自棄にたくさんの物が出てきたという事に異論を挟むものは居ないだろう。
いずれこの時の証拠写真は参加者のどなたかが公開してくれる事と思う。






バニーちゃん(2次会)

暗闇のバニー
一次会が終わる前から、話題はバニーで盛り上がっていた。
暗黙のうちに次はバニーだという雰囲気が出来上がっていたのである。
雑談を交わしながら一行は夜の梅田の繁華街を歩いている。先頭が何処を目指しているのかという話題が何度か出るが、ただグループからはぐれない様にしている私には見当が付かなかった。 しかし、先頭は力強く目標を目指しているようであった。
1つの店に立ち寄り、その店が意に添わないものである事が判った後、一行の歩みは断固たる物となった事を付け加えておこう。

実は2次会で何をし、何を話していたのかよく覚えていない。
バニーちゃんがBINGOのカードを配り、ゲームをしたのは確かなのだが。



またオフしましょう、傍島さん。当然バニーちゃん付きね(爆)

写真が無かったので、駄文でページ稼ぎをしてしまいました。
この時の綺麗な写真などお持ちの方、データ頂けたら嬉しいです。特に白のバニーちゃんなど(^_^)



 
戻る     |   シリコンバレー    |  GeoCities

(C)1997 kazna, all rights reserved.