小物がいっぱい


小物の部屋をとりあえずオープンします。
第一弾は、ここでも沢山使っているデジカメ君の紹介です。
PCカードコレクションの部屋をオープンしました。(98/01/03)




デジカメ編
DJ-1000 NOTEWORTHY PCカードデジタルカメラ CE300 使い分け (2000/02/09)

PCカード編
PCカードの部屋 (1999/05/21)



MITSUBISHI DJ-1000

DJ-1000
特筆すべきはそのコンパクトでスリムなボディーです。手のひらの中にすっぽり収まる サイズとダイキャストのボディーは思わず意味も無く撫で撫でしていたくなります。(笑)

細かいスペックはT-ZONEのページを見てください。Windows95用の最新ドライバはダウンロードサービスに有ります。
余談ですが、FlashMate 2000のNT用ドライバも同じページに有りますね。


特報
FHPPCでLXMIDI,爆速ドライバなどを発表しているHARUYA氏がDOS版の変換プログラム(DAT2BMP)でカラーに対応しました。
HARUYA's homepageからダウンロード可能です。このプログラムは i80186以上のコンピュータで作動するという事でほとんどのPCで動くと思います。勿論HP 200LXでもちゃんと動作してくれます。Windows95版よりも色の再現性は上だという事なので是非お試しください。


スタイルの良さを誉めたところで、気に入らない点をずらずらと。
という事ですね。
こんな難癖をつけても、コンパクトフラッシュにデータが収まって、すぐさまPCなどでデータの確認やバックアップが取れるところは非常に楽です。
緊急レポート Viewer Ver.2.0
Viewer Version 2.0 を無事入手する事ができたので、変更点および使い心地などを簡単にレポートします。


少数であるが、悪くなったと思われる点も存在する。


次バージョンへ向けての要望
上2つは、専用のソフトが有るので、そちらに任せるのも良しとします・・・ DOS変換プログラムは是非提供をお願いしたい。とりあえずBMPやJPEGになってしまえば表示できるプログラムも調整できるプログラムも山ほど有るのですから。
以上レポート終わり(1997年11月17日)



その後使用していて、緊急レポートでは気づかなかった所で気になる点が出てきた。
それは、サムネイルの機能ダウンである。
どういう事かというと、Version 1 ではサムネール画面から、 が可能であった。
それに対して Version 2 では、 となった。選択の方法はWindows95の基本作法に準じたものだと思われるが、Version 1 のクリックによるオン・オフの方がより直感的で親しみやすい。
それ以上に問題となるのは、サムネイルによる削除画像の指定ができなくなった事である。
ファイルメニューから削除を選ぶと、Windows95標準のファイル選択メニューが現われ、その中で削除するファイルを指定する。この方法は名前という間接的なシンボルを使うので間違えやすい。まして、DJ-1000ではMDSCnnnn(nは数字)という機械的なファイル名であるため、うっかりして隣のファイルを消してしまうといった事をしやすい。Version 1 では小さいながらも画像を見て選ぶのでこういった間違いはかなり防ぐ事ができた。
もし次のバージョンが出るのであれば、是非サムネイル画面での削除指定を復活させて欲しいものである。
(1998年03月10日)

なんか気が付いたら新しいバージョンがあったので入れてみたのですが、何が変わったのかさっぱり判らん。(^_^; (1999年2月21日)


東芝コンピュータエンジニアリング(株)PCカードデジタルカメラ
PCカードデジカメ
この名前なんとかならんのかな?(^_^;
型番:NWB508KAHです。言いづらいので PowerShot30もどきとかOEMとか勝手に呼んでいます
このカメラ、持っている人はご存知ですが、Canon PowerShot 30 のOEMです。詳しいスペックは キャノン販売のページを見てください・・・ と書いていたのですがさすがにいつまでも昔の製品を載せているわけにも行かず、既にリンクは消滅しています。(T_T)
CANONのQ&AからQ&Aに行く事が出来ます。 Canon BeBitでダウンロードを選ぶと最新のドライバを入手できます。
PCカードであるこのカメラは当然ノートPCが無ければただのごみです。でも、小さなノートPCと組み合わせれば機動力抜群。AVIも作れるので、廉価版のデジタルビデオカメラ代わりにも・・・
難点はWindows95用のドライバしかない事。ほとんど同型のCE300がDOSオンリーなのも困り者ですが、DOSで使えれば手軽にPT110で使えるのに。もしかして200LXで使えるかもしれないのに。そうすれば、200LXで唯一の弱点である画像を扱いにくいという点がかなり改善できるのに・・・と妄想を次々と掻き立ててくれるところは名機とまでいかずとも迷機であることは間違いないです。ハイ

暗さに強い事、綺麗に写ってくれる事が何より嬉しいです。

kaznaはこのカードの機動力を上げるためだけにPT110+PCMMD2(IBM 1GB)でWin95という暴挙にでました。PCMMD2はPCカードからのつなぎが頑丈なので、思ったより気楽にこの構成は使えます。



CANON CE300
CE300
上で困り者なんて書いておきながら、DOS専用のCE300を友人から譲ってもらいました。
PC-DOSが必要な事、PT110を前提としているので他の機種で動くかどうか疑問、という点は 有るものの、最初からPT110と組合せる事を考えているので、PT110と一緒に使った時の機動 性はピカ一です。何といってもDOSですから使用する環境がとっても小さくて済むのが楽です。
最近大容量化しているフラッシュやコンパクトフラッシュを使えばWindows95も可能ですが、 kaznaは20MBのフラッシュの一部をCE300の環境と画像の保存用に使用しています。
PowerShotと比較すると画像サイズが小さいのと、画質が少し劣るかなと思います。 Q&AはPowerShot30と同じ所CANONのQ&Aに有ります。



使い分け
明るいところ、機動力が優先されるところではDJ-1000を、暗いところ、のんびり使える、なにより綺麗にとりたいところではPowerShot30 OEM をと使い分けています。
最近ものぐさで、外付けHDを使いたくないようという時にはCE300を使っています。

亜土電子工業の表記に誤りが有りました。謹んでお詫びします。てーとくさん、指摘ありがとうございます。

ホーム  |  GeoCities

(C)Since 1997 kazna, all rights reserved.