iMACが家にきた! (1)


昨年の11月から1月にかけて猛烈に忙しく残業に追われる毎日。 その甲斐があってか残業代をいつになく多く頂けたことへのご褒美として、冗 談で「ご褒美はiMACがいいな・・・」と言ってみたところ、「いいよ」と の事。
信じられない思いに、即購入はせずに1ヶ月ほど間をあけて「そろそろ買っても 良い頃かな・・」その時は折りしも新色iMacが発表され、旧タイプは一気 に5万も値を下げていたのでした。
はやる気持ちを押さえつつ、子供を「釧路氷まつり」へ送った後、地元のOA システムプラザへ向かいました。
ちょっと前には山と積まれたiMacの箱はどこへやら・・・店員に尋ねると 注文殺到で入荷待ちとのこと。すっかり拍子抜けです。 旧タイプは在庫完売でした・・・
購入したい気持ちの棒グラフは90%の所から一気に40%へ落ちていました。
「欲しい!」と言う気持ちも少なく無くなって平静を取り戻していました。

●ホームページへ戻る


iMACが家にきた! (2)


熱病のようにうなされたiMAC購入欲はしばらく収まっていたある日、どう しても気になる記事がMAIL NEWSに載っていました。
「コネクティクス社、MACでプレステのエミュレーション CVGS を発表80% は動作!」
こう見えても私は「エミュ物」には目が無くさっそく書店でMAC系雑誌を購 入し、食いいるように見ている私を見て
妻 「早く買わないとお金無くなってしまうよ」
と、後ろから押される始末・・・
ここで一気に購入したい気持ちの棒グラフは40%の所から一気に95%へ上 がっていったのです。
「買うしかないな」
翌日、電話で予約をしました。
私 「iMacを注文したいんですが」
店 「ありがとうございます、唯今注文が殺到しておりまして、少々時間を頂きますが、何色をご希望でしょうか?」
私 「えー、青い色のブルーベリーで・・」
店 ちょっと間が空き「あー、ブルーベリーですか・・」
やっぱり貴方も・・・と言いたげで残念そうに
「今月中に入荷すれば良い位と思っていてください」
この辺は、アップル社の5色まとめての出荷する体制の不都合がショップにもろ影響しているようです。
「もうあとは来るのを待つだけだ。」

●ホームページへ戻る


iMACが家にきた! (3)


何度か書店では、その日に備えて関連雑誌などを購入し読みつつ、時々愛機のDOS/Vマシンでゲームなどを楽しんでいました。
(仕事にもつかえよ!)
「ゲームはやっぱりスペックが命だな」とばかりに、ビデオカードは3Dバンシー、サウンドカードはSB PCI128と安くて機能の高いものを購入しましたが、これが不安定マシンの元凶だったのです・・
と、ここはDOS/Vは関係無いと・・
そんなこんなで月日は流れ、とある日の夕方に会社にお店からの入荷連絡が。
気持ちはどんどん高まって来ます。しかし、運命とは皮肉なもので札幌への出 張が明日に控えていたのです。
どきどきしながら店に向かいました。お店では、基本メモリに64Mを増設し てもらい、待っているあいだ店内をブラブラすること30分ほど。
「お客様」と呼び止められ、画面に写るメモリ容量を確認し、また元の箱へ戻 していざ帰宅・・・・・・その途中に
「ピロロ・・ピロロ・・」携帯が鳴りました。
妻からで、「これから、子供と親戚の人とカラオケに出かけます、食事は用意 していますから。」とのこと。iMACが来たことを告げると「あら、よかっ たね。」と、気持ちはどうもカラオケにいっているようだ。
家に到着、きれいな箱を愛しげに(少々重いが・・)運び、いざご対面!!

●ホームページへ戻る


iMACが家にきた! (4)


どきどきしながら箱を開きました。 添付品の入った薄い箱をよけると下には しっかりとした梱包材にくるまれたブルーベリー色のiMacが見えました。
そーっと持ち上げ透明のビニールをはずし、テーブルの上に置いてみました。
「うーん、プリティ」思わず一人言・・
添付品の箱から、中の透けて見える電源のコード、マウス、キーボードを取り 出し、説明書もろくに見ず(説明書と呼べるような物はなく、トラブル対応の マニュアルが比較的本らしいが、後は薄っぺらな紙ばかり)
一気に繋ぎ、いざ「スイッチオン」本体にある丸い電源ボタンを押すとオレン ジで点火した後グリーンに変わる。少しすると中央に小さなMAC君(正式な 名前は知りません)が、にこっと笑った後MAC OSのロゴが出て進行状況 のバーグラフが右へ進み半ばほど進んでアイコンのようなものが下にいくつも 並んだあと、
「タイプ3のエラーが発生しました・・・」
なに?? 気を取り直して再起動するもやはり同じエラーで停止してしまう。
早速、トラブルのマニュアルの登場であります。
いやはや、しょっぱなからMACの洗礼を受けてしまいました・・・・

●ホームページへ戻る


iMACが家にきた! (5)


考えてみればまだ中身はどうなっても大丈夫なのでハード異常ではないと見込 んで、マニュアルを見ながらシステムの再インストールに取りかかりました。
電源が入っている内にセットアップ用のCDを入れ、再起動状態にした後、す ぐに「C」キーを押しっぱなしにします。
これでCDからのブートが可能となるようです。(考えたな)
マニュアルの通りに進めて、CDからの書き込みが始まりました。が、思った より早く終了し、あまりのあっけ無さにキョトン!
時間にして 9分くらいでしょうか。Windows9X のインストールに比べるとなん ともさっぱりしたものです。
メッセージの指示されるままに作業は続き、再起動すると何事もなかったよう に画面が出て初期設定画面になりました。
改めてご対面です!
おー、念願のMAC画面んの登場!

●ホームページへ戻る


iMACが家にきた! (6)


各設定を終え、インターネットの項目に入ってから設定に困りました。
実はわが家はISDNを引いており、これにダイヤルアップルータがつながっ ています。つまり、SOHO環境であります。初心者にやさしいiMACでも さすがに、モデムでの接続を想定しているらしくLAN環境での設定は今一つ 不明確なのです。
思考錯誤の挙げ句、TCP/IPの項目を何度か調整し、見事インターネット に接続できました。WWWブラウザ、MAILと試し良好なことを確認。
次にやらなくてはならないのは、WINのマシンで使っていたファイル類をど うやってiMACに移すか・・・悲しいかなNTでないWinのマシンとは普 通につながらないのです。簡易なサーバーを立ち上げるしかありません。
FTPサーバーもしくはHTTPサーバーとなりますが手元にあったのは、か の有名なApacheのWebサーバーのWin用でした。
指定した階層下に\fileフォルダーを作りそこに送りたいファイルをつめ込み ました。さっそくApacheサーバーを起動。
iMACのブラウザから http://192.168.0.11/file/ と指定すると、あらあら ファイルの一覧が表示されました。index.htmlのファイルが作られて無い場合 ファイルの一覧が表示されるのです。 (あら、便利!) こうして、ブラウザ から一つづつiMACへ保存していきました。簡易ftp状態!!
これで、孤立していたiMAC君もLANの仲間に加わりました。でもこれで は中途半端、プリンターを持たないままでは一人前ではありません。
(USBのプリンターを買え!)と、とんでもない!そんなに裕福ではありま せんよ!
つぎは、PCにLinuxのサーバーを立ち上げるしかないな・・・・

●ホームページへ戻る



iMACが家にきた! (7)


Win軍団のネットに参加できないiMAC君は、今は一人寂しい状態です。
考えた末、中古のIBMパソコンの登場です! 日頃、Linuxをインストールし ては消し、また引っ張り出して使う・・・とあまり活躍の無いマシンでした がついに日の目を見るときがやってきました!HDDは700MBほどしかないので コンパクトなものを用意しました。
plamo Linux 1.3という、小島さんが取りまとめたパッケージでコンパクト にまとまった日本語環境に対応したもので、これがなかなか良いのです。 これに、ApacheサーバーとNamazuという全文検索システムを入れあとは、 ちょっとしたゲームなどをセットして立ち上げました。
plamo.soho.or.jp として無事開通!
各マシンのブラウザから、
http://plamo.soho.or.jpを指定すると無事にApacheのスタート画面 が見えました。
imac.soho.or.jp がiMAC君のパソコン名です。
おっと、インターネット&イントラネット紹介じゃなかった!
現在は、CD−ROMの付録からたくさんインストールして遊んでいますが Win環境と勝手が違うのでかなり混乱してしまいます。
さあ、MACの世界へ突入だー!



●ホームページへ戻る