イントラネット用 簡易サーバー (Web, Mial, Proxy) Black Jumbo Dog を用いて、ICQ に接続する方法

使用バージョン
使用バージョンは、それぞれの現時点の最新版を用いる。
Black Jumbo Dog: Version 2.7.6
ICQ: Version 2002a Build #3722

設定条件
ICQ は、日本語パッチをあてずに英語版をそのまま利用しました。
日本語パッチを当てている方は、各メニューの日本語表現部分を、適宜読み替えてください。
メニューの位置はパッチを当てても基本的には同じはずです。

メニューの日本語化は、ICQ の公式サイト http://www.icq.com から Lingo社製の LingoWare3 をダウンロードして日本語化しています。単にメニュー部分の日本語化だけであれば、パッチを当てるよりも簡単です。

バージョンの確認 ( Black Jumbo Dog )
Black Jumbo Dog では、メニューバーのヘルプ (H) から確認できます。

バージョンの確認 ( ICQ )
ICQ のバージョンは、起動時のローディング・バナー、或いは [ Main → ヘルプ → ICQ について ] で確認できます。



Black Jumbo Dog の設定 ( 1 )
メニューバーの [設定 (O) ] - [ プロキシサーバー (P) ] の手順で [プロキシー設定 ダイアログ ] を開きます。

Black Jumbo Dog の設定 ( 2 )
以下の赤い枠内の部分をそれぞれ確認してください。
各部分の設定は、Default Setting ( 基本設定 ) のままで良いと思います。
なお、下の画面では、匿名 FTP (Anonymous FTP) を使う場合に FTP サーバーから要求されるメールアドレスを記述してあります。
※ 匿名 FTP (アノニマス FTP) の意味は、こちら。
 → Ascii24 http://yougo.ascii24.com/gh/45/004586.html
※アノニマス FTP の時代背景については、こちら。
 → What is Internet? http://www.post1.com/home/hiyori13/takarajima/kaisetu.html


ICQ の設定
Main をクリックして、プルダウンメニューの Preferences ( 設定 ) を選択します。


Owner Preferences For: User Name (オーナー設定) 接続設定 ( 1 ) 全般的な設定
画面の左側にある Connections ( 接続設定 ) を選択します。
General ( 全般 ) タブの部分で、赤い枠内の設定を確認します。

Connection Type (接続の種類)
インターネットを利用する際の電話回線、常時接続などの接続環境によって異なります。

Launch ( 起動 )
ICQ を起動する際の条件付けです。
以下の画面では、コンピュータの電源をいれて、Windows が起動した時に、ICQ が利用可能になるようになっています。
ICQ が起動する時間の分だけ Windows の起動時間が、若干長くなりますから、しばらく使ってみて解除するか、そのままにするか、各人で判断してください

Firewall IP Setting (ファイアーウォールの IP 設定 )
Black Jumbo Dog は、ファイアーウォール機能もありますから、この設定が必要です。
ICQ will determine IP automatically は、ICQ が自動的にIPを取得する・・・意味です。


Owner Preferences For: User Name (オーナー設定) 接続設定 ( 2 ) プロキシサーバーの設定
ICQ Server ( ICQ サーバー )
ICQ のソフトが、どこのサーバーに接続するのかを条件付ける部分です。変更する必要はありません。

Proxy Setting ( プロキシサーバの設定 )
前述のように、Black Jumbo Dog はファイアーウォールとプロキシサーバの機能があります。
  1. Using Firewall ( ファイアウォールを使用する ) のラジオボタンにチェックを入れます。
  2. Using Proxy ( プロキシを使用する ) のラジオボタンにチェックを入れます。
  3. Proxy のプルダウンメニューから HTTPS を選択します。
    この時に、似た単語の HTTP があるので注意してください。
  4. Keep connection alive ( 接続を維持する ) の設定は、ICQ Default ( 標準設定 ) と同じ、無効のままにしています。

Owner Preferences For: User Name (オーナー設定) 接続設定 ( 3 ) ファイアウォールの設定
Proxies / Firewall ( プロキシ/ファイアウォール ): この画面では複数のプロキシサーバーが設定できます。
Proxy Server のHost 欄に入力する IP アドレスは、Black Jumbo Dog がインストールされていて、且つインターネットに直接接続しているコンピュータに割り振られている IP 番号を記述します。

例) ※以下の概念図には HUB (ハブの記述は、省いています)
PC-A [ Proxy Server / Black Jumbo Dog ] --- Internet ( WWW )
| ( 192.168.0.1 )
|
PC-B ( ICQ )
| ( 192.168.0.2 )
|
PC-C
| ( 192.168.0.3 )

Port の番号は、前述の [ Black Jumbo Dog の設定 ( 2 ) ] で設定されている値を記述します。

Authentication (認証) や、Use proxy to resolve hostname ( ホスト名の指定にプロキシサーバーに依存するか否か ) の設定は、利用状況によって異なります。
Black Jumbo Dog の設定で利用者限をしている場合やインターネット接続する際に認証が必要な設定になっている場合に、この欄にその値を記述します。
必要以上に神経質な認証設定は利用度を下げますので、下の画面では記述していません。

Owner Preferences For: User Name (オーナー設定) 接続設定 ( 4 ) ユーザーの設定
この画面では、ICQ Default のままで、なにも設定をしていません。
Default Setting ( 標準設定 ) の Recommended ( お薦め ) のまま、User to User Connection ( ユーザー間の接続設定 ) には、Use server proxy setting ( サーバーの設定を使用する ) にチェックを入れています。


以上の設定で、Black Jumbo Dog 経由で ICQ が利用可能になります。
どうぞ、異文化を持つ世界中の方たちと、楽しいコミュニケーションをお楽しみください♪

このページはWindows98+IE6.0, FreeBSD4.3+Mozilla0.81で動作確認しています