QCad で透視図 -1

まず、準備運動
以下の手順で縦方向が垂直、横方向はいい加減な台形を作図します。
  1. 初期画面。
    直線アイコンをクリックします。


  2. 垂直線アイコンをクリックします。


  3. 画面に垂直線が表われます。 スナップモードはスナップ無し (フリー)のままで構わないです。
    キーボードで F を押すとスナップモードは Free に変わります。
    垂直線の位置は適当で構いません。
    垂直線の位置を決めて、左クリックすると垂直線の位置が確定します。


  4. QCad の各種コマンドは右クリックをしない限り、同じコマンドの継続作業ができます。
    続けてもう一本、垂直線を引きます。


  5. 作図操作の途中で右クリックをすると、操作は取り消しになるか終了になります。
    垂直線を引く作業が終わったら、右クリックします。
    メニューアイコンが一つ前の状態に戻ります。


  6. メニューから2点線アイコンをクリックします。


  7. 水平でも垂直でもない適当な角度の直線を引きます。
    ここでは、右下さがりの直線を引きます。スナップモードはスナップ無しのままで構いません。
    直線の引き方は、始まりの点 ( 始点 ) を左クリックします。次に終わりの点 ( 終点 ) を左クリックします。
    QCad は、連続して直線が引くことができます。マウスのポインターの動きに合わせて次の直線が引けるように赤い線が表示しています。この赤い線はラバー ( 輪ゴム ) のように伸び縮みするのでラバーバンドと呼ばれています。ここでは2点線を1本だけ引くので、右クリックで終了します。


  8. 続けて2本目の線を引きます。この直線も適当な角度で引きます。
    図のように線がラバーバンドの状態の時には直線は赤いままです。


  9. 水平でも垂直でもない適当な角度、出来れば右上がりに引きます。
    線が引きおえたら、右クリックで2点線の終了です。


  10. ここまでの操作で、横向きの四角形 ( 台形 ) の下地が完成しました。

次項では、4本の直線で囲まれた四角形を等分割します。