プロジェクトの意義とは?

【プロジェクトの意味するもの】
プロジェクトという言葉が、やたら持てはやされる時代になっているが、プロジェクトは、「計画・企画・事業」のことだ。

それならば、プロジェクトとは、計画・企画・事業のすべてを称するのかというと、必ずしも、そのような意味は持たないのである。

『「プロジェクト」とは、特定の目的・目標・狙いを持ち、特定のテーマを解決するために、期限付きで実施される活動』

ということになる。

プロジェクトであるから、新製品や新技術の開発研究や情報システムの開発、その他、国土開発、国際交流イベント、スポーツなどにいたる諸々の活動が含まれることになる。

つまり、プロジェクトは、人類の夢と希望を実現する手段であるとも言えるのである。

プロジェクトは、特定の狙いを持って期限付きで行う活動であるから、固定的な仕組みや固定的な組織でなく、目的を同じくする関係者が一つになって、強力な臨時的組織(プロジェクト・チーム)を組んで行うことになる。

教科書的に書くとこのような切り口で進めることになるが、今回のプロジェクトは、SEプロジェクトの一種である。

言い換えれば、LANやVANなどISDNなどの情報ネットワークを介し、特定の参加者の間で、情報などのデータ加工を行ない、付加価値化する事によって、成立する事業を開発しようということになる。

この仕事の内容が、SEであり、仕事の方式が、遠隔方式によるオンライン参加であり、しかも、参加者が仕事の流れに容易に直結出来る一方で、目標達成後は直ちに編成替えが容易に行われるシステムである。

システム機構の末端システムをプロジェクト化した場合、このようなプロジェクトを【バーチャルオフェス(簡易事務所)】あるいは、バーチカルプロジェクト(直轄)のサテライトオフィスと呼称されることが多い。

【ちなみに、プロジェクトの言葉か使われ始めたのは、USAのNASA基地設立(アメリカ航空宇宙局)のために、30年ほど前から使用されたのが最初と言われる】

original txt:aug/92 rewrite july/98
original.txt written by 一桁

Prev. Next


This page is checked Windows98+IE6, Netscape6, FreeBSD4.5+Mozilla0.9. k system japan