助成制度

事業開発の補助制度は、色々有りますが、先端技術のような革新技術のほとんどは、大企業も含めて、國の助成によって、開発がされています。

貿易摩擦で日本がアメリカから、日本株式会社と非難される由縁もその辺にあるのかもしれません。

助成制度の還付金について、返還率が悪いと、国会で良く問題になる時があります。しかし、これは、制度について、監査やその他の期間に制限があるため、期間を超えたものに対しては、法的に、または、技術的に問題があるものと思います。開発期間は、一般に長期にわたるケースが多いので、短期間に利益が上がらないのも理由の一つだと思います。

今回アップしたものは、100%助成の制度についてです。予算額の中、2000万まで、助成するものです。この、助成金は、補助法に基づいて行うわけですから、國の会計検査院の監査対象になります。そのため、帳簿類の中、補助関係書類は、すべて独立し、別会計にて作成する必要があります。また、作成する場合、外部に依頼する場合は、國で定めた、監査法人や、税理士会などの経験豊富な有資格者に依頼するなど、制限事項があります。

技術についても、同じように、産学官とか、学識経験者による組織づくりなどの指導が行われる予定になっています。

融合については、現在のところ成功率が80パーセントと、報告されています。

この制度は、一般的に、対象企業は、國の推奨企業のシンボルみたいに認識されています。製品が出来ても、市場に出すにしても、その評価は、一般の物よりは、遥かに高く評価される傾向があります。
original txt:sept/92 rewrite july/98
original.txt written by 一桁

This page is checked Windows98+IE6, Netscape6, FreeBSD4.5+Mozilla0.9. k system japan