上智大学王統流空手道

 王統流空手道について

■ 初代宗家 玉得博康先生について

玉得博康先生は1906年に沖縄で生まれ、首里手の元祖である糸洲安恒先生の直弟子である城間真繁先生から空手を教わる。玉得先生は第2次世界大戦前に北京にて中国拳法を学ばれた。師範学校においても学ばれ、那覇手や棒空手も習得された。戦後は群馬の伊勢崎に移られ空手の達人として高校生以上を対象として空手を広めた。玉得先生は防具空手で知られる錬武会の最高師範(9段)にもなられ、1964年 全日本空手道連盟(JKF)発足時に東京へ移られ全日本空手道連盟審議委員、初代元老、中央資格審査員を勤められた。

富士山をバックに練習をされる玉得先生

■ 王統流空手道の由来について

玉得博康先生は自らが教える伝統空手を長い間にわたり空手に流派などいらないと言う主義からただ自らの空手を「首里手」と名乗っていた。しかし継承者をということになり「型」の継承を重んじる自らの空手を以前沖縄にいた時に沖縄で王族だった尚氏に空手を指導していたという過去より王統流とし、尚武館と命名した。

■ 王統流空手道


トップページへ戻る
Copyright© 2002-2004 上智大学王統流空手道 All Rights Reserved.