CD-R メディア

メディアは各メーカーとの相性がありますのでどれが一番とかは言いにくいのですが、比較的癖がないのは太陽誘電でしょう。メーカーによっては太陽誘電でドライブの調整をしているところもあるでしょう。また唯一ドライブとメディア両方生産しているリコーもメーカーをそろえるという意味ではオススメです。
メーカー名 商品名 記録色素 反射膜 OEMメーカー
太陽誘電(That's) CDR-74/670P シアニン系 青緑色 自社生産
CDR-74TY シアニン系 青緑色 自社生産
CDR-74/670Z シアニン系 青緑色 自社生産
CDR-74TY シアニン系 青緑色 自社生産
TDK CD-R74N シアニン系 青緑色 自社生産
IMATION CD-R NC シアニン系 青緑色 自社生産
松下電器産業 LK-R74S シアニン系 青緑色 太陽誘電製
ソニー CDQ-74BN シアニン系 青緑色 太陽誘電製
CDQ-74A シアニン系 青緑色
リコー CD-T Type74 フタロシアニン系 金色 自社製品
富士写真フィルム CD-R74A シアニン系 青緑色 TDK製
CD-R74B シアニン系 青緑色 TDK製
三菱化学 CD-R R74SS1P アゾ系 銀色 自社生産
三井化学 MTCDR-74 フタロシアニン系 金色 自社生産
MTCDR-74P フタロシアニン系 金色 自社生産
パイオニアビデオ CDM-V74S シアニン系 銀色 自社生産
マクセル CD-R74S シアニン系 青緑色 自社生産
CD-R74XL シアニン系 金色 自社生産
花王 CD-R74F フタロシアニン系 金色 リコー製
帝人 CD-R74 フタロシアニン系 金色 三井化学製
3M CDR74D-JB シアニン系 青緑色 太陽誘電製
Kodac WritableCD フタロシアニン系 金色 自社生産


注意事項

CD-Rメディアは記録層と反射層の2層からできているのですが、この記録層というのが曲者です。記録層は大きく分けてシアニン系とフタロシアニン系に別れます。シアニン系はフタロシアニン系に比べ光に弱い特性があります。光に弱い点を耐光剤という薬品でカバーするわけなんですが、メーカーによって耐光剤の量がまばらですので注意が必要です。

フタロシアニン系はレーザー光線に対する反応がよすぎるため等倍で焼くとエラーを起こしやすいということがあります。(高速書きこみに向いているということ)反射層に関しては特に何色がいいということはありません。

また通常のCD-ROMに比べ記録面の強度が弱いため取り扱いに注意が要ります。せっかく苦労して焼いたCD-Rがちょっとこすっただけでアウトとなってしまうことも多々ありますのでくれぐれも注意してください。