その他の情報

_
for Netscape 7 /7.0, 7.01, 7.02
Go Home << メニューへ戻る <

(1)パート1

(1.1)about:

Netscape には「about:〜」という隠し?スキームが存在します。そのうちの大部分はNetscape 7 では動作しなくなりましたが、一部は動作します。ここではNetscape 7 でも動作するabout:〜を紹介したいと思います。

about:
NOe説明
about:×バージョンその他全般の情報
about:cache×メモリーキャッシュ及びディスクキャッシュ
about:config××詳細な設定情報を表示
about:credits××クレジット
about:blank空白ページの表示
about:mozilla×The Book of Mozilla
about:plugins×インストールされているPlug-in について

N = Netscape 7 /7.02, O = Opera 7.03(opera:〜), e = Internet Explorer 6; ○=動作確認 ×=動作せず ?=変な動作

なお、"file:///C:/" と入力すれば、ローカルのファイルを閲覧できます。

(1.2)起動引数

たまにMail を単独で起動したい。複数プロファイルを持っているが、毎回起動時に切り替えるのが不便だ。など思うことはありませんか?Netscape では「起動引数」を指定することによって各コンポーネントを個別に起動することができます。

(1.2.1)

起動引数は、主にショートカットに指定します。Netscape 7 をインストールすると、デスクトップにNetscape 7 のショートカットが作成されますので、ここではそれを使ってみます。(コピーして、増やしておくと便利です)

(1.2.2)

右クリックして『プロパティ(R)』をクリックします。『Netscape 7.0 のプロパティ』が表示されます。起動引数を指定するのは、その中の『リンク先(T):』です。(標準の値は『"C:\Program Files\Netscape\Netscape\Netscp.exe"』です)

SS1.2.2 Netscape 7.0 のプロパティ

(1.2.3)

指定する起動引数は、以下の通りです。『〜\Netscp.exe"』に半角スペース開けて記述してください。(例:〜\Netscp.exe" -browser)

なお、複数指定することも可能です。(例:〜\Netscp.exe" -P "プロファイル名" -mail)これで「プロファイル名」というプロファイルでメーラーのみを起動することができます。

起動引数値説明
-browserブラウザ(Navigator) が起動
-mailメーラー(Mail & Newsgroups) が起動
-aimInstant Messenger が起動
-editエディタ(Composer) が起動
-editor
-editor URLURL のページを読み込んでエディタが起動
-addressbookアドレス帳が起動
-jsconsoleJavaScript コンソールが起動
-compose新規メール作成が起動
-chrome URL指定したクロムで起動
-P "プロファイル名"「プロファイル名」という名のプロファイルで起動
-ProfileWizard新規プロファイル作成画面を起動
-ProfileManagerプロファイルマネージャを起動(メニュー展開済)
-SelectProfileプロファイルマネージャを起動(メニュー非展開)
-installerプロファイルマネージャを起動(Communicator 4.x のプロファイル変換)
-CreateProfile "プロファイル名"「プロファイル名」という名のプロファイルを作成(Netscape は起動しません)
-nosplash起動時ロゴ省略
-quiet
-width 500 -height 500画面サイズを指定して起動。左の例では横500ピクセル、縦500ピクセルで起動。
-consoleコンソール画面と共に起動

"(ダブルクォーテーション)で囲まれた文字列については、半角空白が含まれていない場合、ダブルクォーテーションを省略できます。

(1.3)代替スタイルシート

Mozilla/Netscape には「代替スタイルシート機能」という機能が実装されました。この機能を利用するためにはウェブページ側の対応が必要なのですが、面白いので取り上げることにしました。またこのサイトは、簡単ですがこの機能に対応しています。どんな挙動か見てみたい方は、Mozilla/Netscape でお試し下さい。

なお、この機能を使うためには「LINK タグを用いた外部スタイルシート」の使用が前提となります。

(1.3.1)

Netscape のメニューにある『スタイルシートを使用(U)』の使い方がわからない、という人はいませんか?このメニューは普段『● 基本ページスタイル』とだけ表示されていて、どうすればよいのかわかりません。

SS1.3.1基本ページスタイル

(1.3.2)

そこで、外部スタイルシートを指定するLINK タグ内に「title="〜"」という記述を挿入します。すると『スタイルシートを使用(U)』メニュー内に、その文字列が現れます。こうすると『基本ページスタイル』を指定することで、スタイルシートをオフにすることが出来るようになります。

なお、title 属性のない外部スタイルシート及びページ内に直接記述されたスタイルシートは「永続スタイルシート」とされ、これらをオフにすることは出来ません。

(例)LINK タグ内に title 属性を加えます。すると、属性値がメニューに追加されます。
<link rel="stylesheet" href="sample_1.css" title="test1" type="text/css" />

SS1.3.2代替スタイルシート

(1.3.3)

さらに、LINK タグを増やし、別のスタイルシートを指定します。すると、メニューからそれぞれのスタイルシートを切り替えることが出来るようになります。

(例)スタイルシートを追加します。追加する方に「alternate stylesheet(代替スタイルシート)」と記述するか、META タグで標準のスタイルシートを指定して下さい。指定がない場合は、先頭に書かれたスタイルシートが標準として扱われます。
<link rel="stylesheet" href="sample_1.css" title="test1" type="text/css" />
<link rel="alternate stylesheet" href="sample_2.css" title="test2" type="text/css" />
**または**
<meta http-equiv="Default-Style" content="test1" />
<link rel="stylesheet" href="sample_1.css" title="test1" type="text/css" />
<link rel="stylesheet" href="sample_2.css" title="test2" type="text/css" />

SS1.3.3代替スタイルシート2

(1.4)キャレットブラウズ機能

Netscape には「キャレットブラウズ」という面白い機能があります。この機能を使えば、マウスを殆ど使うことなくWeb をブラウズすることが可能です。この機能を有効にするにはF7 キーを押して下さい。

SS1.4キャレットブラウズ機能

(2)パート2

(2.1)ブックマークレット

ブックマークに場所を「javascript:p=document.images[0];p.width>p.height?p.width>_content.innerWidth?p.setAttribute('width','100%'):void(0):p.height>_content.innerHeight?p.setAttribute('height','98%'):void(0)」としたアイテムを置けば、画像を表示した状態でこのアイテムをクリックすると画像が画面におさまる大きさに縮小されます。

なお、このネタはhttp://pc3.2ch.net/test/read.cgi/software/1022133532/111-112n から勝手ながら転載させていただいています。

また、この他にもJesse's Bookmarklets Siteなどで、様々な面白いブックマークレットが紹介されています。

(2.2)Mozilla と Netscape 7 の共存

Mozilla とNetscape 7 を同じ環境にインストールするときは、1.インストールするフォルダを分ける。2.プロファイルを共有しないようにする、の2点に気を付けて下さい。それさえ守れば、何の問題もありません。

(2.3)リファラを渡さずアクセスする

普段、何気なくリンクをクリックしていませんか?ウェブページは、リンクをクリックすると、様々な情報が、クリックされたページへ送信されているのです。ここでは、そのうちどのページからアクセスしたか(HTTP_REFERER)を秘匿する方法を紹介します。

なお、Netscape の隠し設定でリファラを完全に秘匿する方法もありますが、それではアクセスに支障をきたすサイトもありますので、ここでは取り上げません。

(2.3.1)

リンクがはられた文字列があります。普段はそのままクリックしますが、今回はこれをタブ バーまでD&D します。つまり、クリックしたまま離さずに持っていき、タブ バーでマウスを放します。すると、リファラを渡さずに、そのページへアクセスすることができます。この方法はタブ バーをステータス バーに置き換えれば、NC4.xIE でも使うことが出来ます。

SS2.3.1

(2.3.2)

上の方法は、何もハイパーリンクに限りません。ただ、URL が書かれているだけでも、URL を選択して、上と同じようにステータス バーへD&D すると、同じようにそのページへリファラを渡さずにアクセスすることができます。

SS2.3.2 http

(2.3.3)

また、Netscape は"http://" を省略可能ですので、"http://" 以下を選択して、上記と同じことをおこなっても、同じようにそのページへアクセスすることができます。

SS2.3.3 hhp

Go Home << メニューへ戻る <
©2001-2003 deegg