hp-design.Net :: geoCities

First Update : 03/12/2003
Last Update : 03/12/2003

GeoFAQ :: ページ表示 :: 文字化け

ページが文字化け or 真っ白!

文字化けの原因

日本語の設定間違ったから、ってのがよくある理由だぜ。
日本語の設定ってなに、って? 日本語は、主にShift_JIS、JIS、EUC-JPの3種類の表示方法(文字コード)がある。けど、ブラウザの設定が[自動判別]になっていないか、文字コード判別を誤ると、文字化け状態で表示されるぞ。その場合、下の方法で文字化けを直せるぜ。

Netscape 3.x
メニューの[オプション]→[文書の文字コードセット]を[日本語(自動判別)]にチェック
Netscape 4.x
メニューの[表示]→[文字コードセット]を[日本語(自動選択)]にチェック
Netscape 6 以降
メニューの[表示]→[文字コード]の[自動判別]で[日本語]にチェック
IE 3.x
メニューの[表示]→[オプション]を選択し、[フォント設定]のボタンを押して、その中の[MIMEエンコード]を[自動判別]にする
IE 4.x
メニューの[表示]→[フォント]のボタンを押して、その中の[文字コード]を[日本語(自動判別)]にする
IE 5 以降
メニューの[表示]→[エンコード]を押して、一番上の項目である[自動選択]のチェックを外した後でその下にある[日本語(自動選択)]を選ぶ

出来るだけ文字化けを抑える方法

出来るだけ文字化けを起こさないようにするには、ページヘッダー(<head> から </head> の間)に、文字コード指定を入れておくのがイイ方法。実際には、下のを入れるぞ。

文字コード Shift_JIS:WindowsPC上でページを作ってる人は、たいていはこれ
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html ; charset=Shift_JIS">
文字コード EUC-JP:オンラインエディタでページを作ってる人は、たいていはこれ
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html ; charset=EUC-JP">
文字コード JIS
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html ; charset=ISO-2022-JP">

ただ、ページが Shift_JIS で書かれてるのに、上の EUC-JP の指定を入れたりとか、実際の文字コードと指定した文字コードが違ってると、文字化けの原因になる から注意しようぜ。

ジオのページが真っ白になる理由

ジオの公式のページは全て「EUC-JP」って文字コードで書かれてる。けど、ブラウザにその文字コードでページを認識させる指定をしていないから、ブラウザが文字コード認識を誤って、ページが表示されないことがあるぜ。

ジオのページが表示されない場合は、上を参考にして、ブラウザの文字コードを「日本語(EUC)」に変えれば、ページが正常に表示されるぞ。

アドバンスドHTMLエディタをつかったら文字化け

原因と解決法

『FrontPage』『HomePage Builder』『PageMill』などのHP作成ソフトを使って作ったページは、基本的に、文字コードが Shift_JIS で作られ、ページの <head> から </head> 部分に、下みたいなタグがつく。

<meta http-equiv="Content-Type" content="text-html; charset=Shift_JIS">

ところが、Geocities のアドバンスドHTMLエディタを使うと、ページの文字コードが「EUC-JP」に強制的に変更される。そん時に、上のヤツがついたままだと、文字化けが起きるぞ。
上のヤツを消すか、“Shift_JIS”の部分を“EUC-JP”に変えればオッケーだぜ。

オンラインエディタは使わない

『FrontPage』『HomePage Builder』『PageMill』などのHP作成ソフトを使ってページを作成してるなら、オンラインエディタで修正するんじゃなくて、ソフトで修正してそれからページをアップしよう。
HP作成ソフトじゃなくて『メモ帳』なんかでHTMLを手打ちで作ってる人も同じ。

ようするに、ローカル(パソコン内)でページを作成してるなら、パソコン内で修正しよう、ってこと。その方が、いちいちサーバーから最新の(修正した)ファイルをダウンロードしなくて済むしね。

ソースを見たら文字化けしてる

原因と解決法

Internet Explorer でページソースを表示すると、『メモ帳』か『ワードパッド』ってテキストエディタが起動する。でも、このメモ帳やワードパッドは Shift_JIS の文書しか表示できねぇんだ。だから、文字コードが EUC-JP だったりするページだと、ソースが文字化けする。これを解決するには、EUC-JP とかも表示できるテキストエディタと、トラッパーを使うぜ。

EUC-JPが表示できるテキストエディタ
TeraPad
メモ帳を他のエディタに置きかえるトラッパー
Terapper (TeraPad 専用)
メモ帳トラッパー , メモ帳トラッパー for IE6
窓の手

Windows2000 や WindowsXP を使ってるヒトは、Terapperとかメモ帳トラッパーを入れるのはメンドイかもしれないぞ。そういう時は、『窓の手』を使うとイイぜ。『窓の手』の中の[IE(1)]から[ソースの表示に使用するエディタ]で使いたいテキストエディタを選べばいい。

フレームをつかったら文字化けしてる

原因と解決法

フレーム定義ページが Shift_JIS で、中に表示されているページ(ケイジバンなど)が、EUC-JP のように、文字コードが違う時に、ページが文字化けする事があるぞ。

ブラウザの文字コードを自動判別にしても直らないときは、<meta> 文字コード指定を外そう。それでも直らない場合、フレーム定義ファイル及びフレーム内の全てのページの文字コードを変換するとオッケーだぜ。

[ back ] [ page top ]