ぷろふぃーる?

1998/08/26更新

 

 そういえば、プロフィールなんてものをまったく無視していたので、ちょっとだけYOHの御紹介。

 ジオのサーバ容量増加記念にこんなものを入れてみました。(^_^)

 注)決して自分の顔がツタンカーメンに似ているからというわけではありません。

X68000といえば、ツタンカーメン(笑)


 コンピュータ界(?)での名前  :YOH (発音は、わいおうえっち)

 年齢              :ひみつ

 パソコン歴           :なんだかんだで、約13年(1998年4月現在)

 <パソコン遍歴>

  はじめてのパソコン      :初めて触れたパソコンと呼べるものといえば、やっぱり、
                  ぴゅう太かな。正真正銘の日本語ベーシックには、涙
                  しましたね。(「オト シオン」「モシ〜」とか)

  初めて自分のものにしたパソコン:中学の時に買ってもらったMSX。こいつのおかげで、
                  プログラムの道に入ることになった。
                  思えば、MSXを買って、買ったと同時に注文したゲームが
                  半年ほど届かずに、困ってしまったことが発端だった。
                  そのころはあまりこづかいもなかったので、他のゲームを
                  買うことなく、ずっと待っていたわけだが、さすがに何も
                  しないでじっとまっているほどバカではないので、その頃
                  全盛期だった「マイコンベーシックマガジン」(電波新聞社)
                  (以下ベーマガ)を買ってきて、必死になってプログラムを
                  入力して遊んでいた。
                  当時、あまりゲームが上手くなかったこともあり、ゲームを
                  簡単にする改造からまずその第一歩を踏み出した。
                  考えてみれば、誰に教えてもらったわけでもないのに、
                  BASICを覚えられたのは、「ゲームを改造して楽しよう」
                  という思いからだったのだろうか。
                  そんなこんなで、気が付けば、自分でBASICのゲームプログラムが
                  できるようになった、貴重な貴重なきっかけをくれたマシンだった。
                  ちなみ、人生の転機となった(?)、半年届かなかったゲームとは、
                  ヴォルガード(dbソフト)。
                  思えばいい時代だったような気がする。

  そして夢を現実にしたパソコン :高校入学記念といって無理矢理買ってもらったのがX68000(元祖)。
                  当時セットで50万円したことを考えると、
                  お父さんお母さんありがとう!としか言い様がない。
                  本当に無理言ってごめんなさい。
                  おかげで、しっかり道を踏み外し(予定通りという話も)、ヤバイ道へと
                  落ちていったのだった。

  自分の腹(金)を痛めたパソコン :ほとんどストの動作スピードが気に入らなかったから買ってしまった
                  ともいえる、自分稼いだ金で初めて買ったのがX68000CompactXVI。
                  今もこいつはメインとして使っている。(ちなみに元祖くんは5インチ増設
                  として余生を送っている) 買った当時は、「このスピードは奇跡だ!」
                  と思ったものだ。 沙羅曼蛇が普通にプレイできたし。
                  でも、フルスロットルには、まだパワー不足かな・・・。(-_-;)

  二号さんなパソコン      :主にインターネットをやるために購入したのが、PowerBook2400c/180。
                  でも、正直言って、今だったら、絶対VAIO NOTE505を買うな・・・。
                  まあ、消え行くパソコンを消える前にゲットしておこうというのが、80%くらい
                  あったのだが。(Mac愛好家の方ごめんなさい)
                  今は、X68000エミュレータを作るために、Macプログラミングの勉強中。
                  ちなみに、本ページ内で、頻繁にでてくるであろう「CW」とは、Macでの
                  開発環境である、コードウォーリア(名前がイカしている)のこと。
                  まあ、X68000でいうところのXCってやつですね。

 好きな食べ物          :なし無しではなく)

 最近のBGM          :FireBomber関係。(^_^;)

  とても後悔していること     :やっぱり、X68030が買えなかったことでしょう。(;_;)

 


もどる