範囲選択


CGを作る、加工する、修正する・・・どの場合も範囲選択が必要である場合が出てきます。

範囲選択の仕方は幾つか有りますが、それらを使い分けることで早く正確に範囲を選択する事が出来ます。
代表的な単純作業である「範囲選択」を素早く行えるようになると、作業全体の効率が非常に上がります。


ツールボックスから使う範囲選択(一部)


選択ツール(矩形)
範囲を矩形で選択します。
選択ツール(円形)
円、楕円形で範囲選択します。
なげなわツール
フリーハンドでドラッグした部分(軌跡)の内側を選択範囲とします。
始点と終点を結ばない場合はそれらを直線で結んだ部分が選択されます。
多角形選択ツール
クリックした部分を頂点とした多角形の内側を選択範囲とします。
自動選択ツール
選択したピクセルと隣り合っている近い色を選択します。


[範囲選択]メニューから使う範囲選択(一部)
[色域指定]
自動選択ツールと似ていますが、こちらは選択した色に近いものを
画面全体から拾い出します。
[選択範囲の読み込み]
レイヤーの中の不透明部分(又は透明部分)を全部選択、
またはあらかじめチャンネルに記録されている選択範囲を読み出す。


クイックマスクモード
クイックマスクモード
範囲選択の為のモードです。このモードではブラシや鉛筆、エアブラシなどの
色を塗るためのツールを使って範囲選択を行います。
黒で塗りつぶした部分は画像描画モードに戻したときに選択範囲となります。
白で塗りつぶす、又は消しゴムツールで消去すると選択範囲から外れます。

範囲選択に緻密さが要求される場合や、入り組んだ部分の細部の為、
選択範囲選択にアンチエイリアスのあり、なしの部分を混在させたい
場合などにもブラシオプションの[ぼかしの開始位置]を使い分けることで
簡単に実行できると言う非常に便利なモードです。
その様な場合でなくとも範囲選択の境界を塗りと消しの両方で
追い込めるため、マウスの扱いに不慣れな人でも
比較的簡単に綺麗な範囲選択を実行できると思います。

選択範囲に色を付けるか、非選択範囲に色を付けるかの選択や
マスク範囲の表示色の設定や濃さなどはボタンをダブルクリックして
クイックマスクオプションを呼び出すことでカスタマイズ出来ます。
私は人物を切り抜くことが多いために
「選択範囲に色を付ける」、表示色は「緑色」を「30%」の濃さにする
設定を使うことが多いです。
どちらに色を付けるかは好みで、表示色は素材の色とかけ離れた物に
設定するのが良いでしょう。

選択したい範囲が広い面積の場合は通常の画像描画モードのうちに
[なげなわツール]などで大雑把に範囲を選択し、
細部をクイックマスクモードで範囲選択するのが良いでしょう。


[範囲選択] のおまけ
通常の画像描画モードで範囲が選択されると境界線に破線が出ますが、
これでは選択範囲の境界部分がよく見えません。
フィルタを適用した時などは、その境界線が思ったようになっているかが気になるものですが、
境界線の部分が良く見えるようにと [ 選択範囲の解除 ] をしてしまうと、加工に不満があった場合に
直前の操作の取り消し ( [CTRL] + [Z] ) で加工をやり直そうとしてもやり直しは加工のやり直しではなく、
範囲選択解除のやり直しになってしまい、加工のやり直しが出来なくなってしまう事があります。
この様な選択範囲の境界線を一時的に消したい場合は [CTRL] + [H] のショートカットを使います。
こうすれば選択範囲の破線が見えなくなって境界線部分がよく見えるようになり、[CTRL] + [Z] で加工のやり直しも出来ます。
このショートカットは破線が見えなくなるだけであって、選択範囲の削除はされませんので、
そのまま選択範囲内だけを加工することも、直前に行った加工をやり直す事もできます。
このショートカットは非常に便利ですので是非覚えておきましょう。
Photoshop5.0 以降ではヒストリー機能が加わって居ますので、それまで行った操作の思い通りの段階まで戻る事が
出来るようにはなっていますが、このショートカットを使った方が手間は少なく、効率は良いはずです。




戻る