カラーバランス補正

明度に関しての補正を紹介しましたので、次は色の補正方法を紹介していきます。
写真がフィルムだけの時代は素人がカラーフィルム使って写真を撮ることはあっても 現像やプリントと言う仕上げの段階まで自分で出来る人は殆ど居なかったと思います・・・まあ、今は機械で有る程度出来ますが、それでもプリントまで、それも色調を思い通りにしたいが為に自分の手で行う人は今でもそうは多くないでしょう。大抵は写真屋さんにお任せ、もしくは「こういう色調で焼いてください」とベテランの写真屋さんに手焼きをお願いするのが普通でしょう。
写真技術者でなければ出来なかった細かい色補正。これが我々のような素人でも出来る様になったというのは実は結構凄いことなんですよね。

ちょっと色がおかしい様な・・・?
屋内で撮った写真がどうも緑色っぽいとか、曇った日の屋外で撮った写真がどうも青みがかっている気がする、昔撮った写真が色あせてるとか、あいつのデジカメで撮ったのはまるで雑誌のグラビアの様に色鮮やかなのに、自分のデジカメで撮った写真はちょっとくすんだ色になってしまう・・・・と言うのはよくあることです。

Photoshop には色のバランスを整えたり、鮮やかさを補正する為のツールが装備されていますので、是非使いこなして綺麗な写真に補正してあげてください。ほんの一手間掛けるだけで見違えた様に変わりますよ(^^)


三原色から探る色補正のヒント
モニタが表現できる色は様々な色がありますが、実はそれらの色は僅か3つの色を様々な割合で混ぜることで表現できるのです。その3つの色を原色と言います。
モニタはそれ自体が発光することで色を表現するのですが、光の3つの原色、光の三原色は赤 ( RED ) 、緑 ( GREEN ) 、青 ( BLUE ) です。RGB カラーと言うのはこの原色の頭文字から来ているのです。

右の図は RGB それぞれを同じ強さで混ぜたときの図です。同じ強さで混ぜただけでも水色 ( シアン ) 、黄色 ( イエロー ) 、深紅 ( マゼンダ ) 白 などの色が表現できます。さらにそれぞれの原色の強さを変えることで様々な色を作り出すことが出来ます。例えば赤と緑を加えると黄色になりますが、緑の強さを半分にするとオレンジ色になります。
色光の三原色 RGB
この右上の図でちょっと面白いのが、色光の三原色 ( 光の三原色 ) を同じ強さで加えた部分には色料 ( インクの三原色 ) であるシアン、マゼンダ、イエローが出てくる点です。それともう一つ面白い点があります。
特定の色が強い場合、その色を少なくすれば当然バランスが取れるようになりますが、その色を差し引かなくてもバランスを取る方法があるのです。

赤を例に取りましょう。赤にシアンを加えた部分が白になっているのが判りますね?つまり、赤が強い画像をバランスの取れた色にするには「赤を差し引くこと」と、「シアンを加える」と言う2種類の方法があるのです。
この様に「特定の色に混ぜると色彩が無くなる色」の事を補色と言い、「シアンは赤の補色」であり、「赤はシアンの補色である」と言います。
カラーホイール 左の図は補色の関係を表したものです。それぞれ対角線上にある色同士を混ぜると色が消え、明るさだけの違いしかないグレースケール画像となります。
その関係をもっとシンプルにしたのが右の図です。

実はこの補色の関係は、特定の色に偏ってしまった画像を正しく補正する時には非常に重要なのです。例えば画像の中で本来白い部分が赤くなってしまうと言う「赤みの強い画像」ならば、シアンを強めてやればカラーバランスを取ることが出来ると言うことなのです。
では、次の項ではカラーバランスが崩れた画像を実際に補正してみることにします。
補色関係


カラーバランスを整える
色かぶりの画像 今回の素材はこちら。ハイライト部分を見ていただければこの画像は青っぽく偏った画像だと言うのがよく判ると思います。この様な状態を「色かぶり」と言います。ごく普通に売られているネガフィルムは晴れた日の太陽光の下で撮影する事を前提にチューニングがされています。曇った日の屋外で写真を撮ると ( 必ずこうなると言うわけではありませんが ) この様な色調になる傾向があるのです。

この他にカラーバランスが崩れやすい代表例は屋内撮影。蛍光灯の下ではやや緑色が強くなる「緑かぶり」、白熱電球の下ではオレンジが強くなる「オレンジかぶり」などが良く知られています。
デジカメでは画面の中の一番明るい点を白と判断して色調を補正する「オートホワイトバランス」を設定しておけば大抵は綺麗に撮影できますが、機種に依ってはこの様にカラーバランスが崩れ易かったり、逆に補正が強すぎて夕焼けを撮影したのにまるで昼間に撮影した様な画像になってしまうことがままあります。
では、この画像を [ カラーバランス ] を使って補正してみましょう。どの程度まで綺麗になるか乞うご期待。
さて、どう補正すれば良いのかの手がかりを探しましょう。まず、ハイライト部分を見れば青っぽさが強いのは見て判りますからこれが一つの手がかり、そしてもう一つの手がかりは先ほどの補色関係の図です。
あの図の中で青っぽい色は青、そしてシアンの2つでしたね。本来白であるはずのハイライトが青、もしくはシアンに偏っていると言うことは、青を差し引く ( 補色であるイエローを強める ) か、シアンを差し引く ( 補色である赤を強める ) 様にすれば本来の白に戻ると言うことです。 では、カラーバランスを変更してみましょう。「色調補正」のラジオボックスはまずは [ ハイライト ] を選択してハイライトから変更していきます。
これは中間域のグレーよりハイライトの明るい白の方が色の偏りを判断しやすいからです。
カラーバランスのダイアログ
色かぶりの画像 この画像にはハイライトがいくつか有りますが、赤く囲んだ部分 ( 左の写真参照 ) がちょうどハイライトがまとまっていますので、ここを見ながらハイライトを補正していきましょう。

青に偏っている可能性が有りますから、青をうち消すために青の補色であるイエローだけを強めてみたいと思います。3つあるスライダの一番下に [ イエロー <=> 青 ] のスライダがあります。この△を一杯までイエローの方向にずらしてみてください。カラーレベルの一番左の数値が -100 になり、画像はもの凄い色になったと思いますが、気にせずに少しずつ△を中央へ戻していってみてください。ハイライトが白になり、かつ全体の色調が良好になったポイントは有ったでしょうか?・・・・・余り綺麗になるポイントは無かったと思います。と言うことはこの画像は青が強いのではなく、シアンが強く出ているのだと言うことが判ります。
では [ イエロー <=> 青 ] の△をいったん中央に戻し、今度はシアンの補色である赤を一杯まで強めて、徐々に中央付近に戻してみてください。今度はどうでしょう?ある程度まで△を戻していくと、イエローを強めた時より自然な色になってきていると思います。
ハイライトの部分から赤みが取れて一番自然な白に近づいたポイントを探します。・・・こんなもんでしょうか? ( 右の画像 → )

この時、ハイライトが一番白に近くなったと思っても、よく見ると今度は別の色に偏ってる場合もあります。そんな時はまず一番偏っている色を補正、次に別の色のスライダを同じように動かして、少しずつ追い込むように補正します。この時、2つ目のスライダを動かし始めたら最初に動かしたスライダは動かさないようにしましょう。慣れないうちは2つ以上のスライダを交互に動かすと混乱してしまい、なかなか思うように補正できないものです(^^;
ハイライトを補正後
中間域を補正後 ハイライトの補正が決まるとかなり綺麗に見えてきますが、全体としてはまだ少しおかしいと思います。

[ 色調補正 ] のラジオボタンを [ ハイライト ] から [ 中間調 ] に変更して、今度は明るさの中間域を補正していきましょう。中間域は画像全体を見ながら補正していきます。ハイライトよりも色の判断しにくいと思いますが、大抵はハイライトと同じ方向性で、スライダの移動量はやや弱めに補正すると上手く行くと思いますよ。この時もスライダは1つずつ動かしていく基本は忘れないようにしましょう。
中間域の補正をしてみると左の画像のようになりました。中間域を補正する前の画像と見比べると、犬の毛や草などからくすみが消えてきたと思います。( ← 左の画像 )
順番から行くと次はシャドウを補正する番ですが、シャドウは補正しても違いが判りにくいので、明らかに見た目がおかしい場合以外は補正しなくても十分でしょう。
レベル補正をして完成しました ここでは最後の仕上げとしてレベル補正を行って、画像の明るさを多少補正してみました。 ( ← 左の画像が補正後の完成画像 )
ハイライトはすっきりと白く、コントラストが若干上がった感じですね。ではこれで完成とします。

さあ、完成品と補正前の画像とを見比べてみてください。どうですか?まるで魔法でもかかったように綺麗になったと思いませんか?
これが本当に魔法と言えるなら、あなたもあっという間に魔法使いの仲間入りができるでしょう(笑)

今回はシアンと赤のスライダだけで補正できた比較的簡単なケースでした。毎回こう簡単に行くとは限りませんが、ちょっと手間を掛けるだけでこれだけ綺麗になるとなかなか楽しいですね ( ^^)v


補色系 CCD デジカメはダメなのか?
デジカメのスペック表を見ると CCD の項目には大抵 CCD の大きさや画素数と一緒に [ 原色系 CCD ] とか [ 補色系CCD ] と書いてあると思います。CCD は普通のカメラで言うところのフィルムに当たり、CCD が光の強さを電気信号に変えることで画像を作り出す仕組みになっています。このとても偉いお仕事をしてくれる CCD ですが、実は光の強さは判断できるのですが色までは判断することが出来ません。と言うことはモノクロの映像しか撮影できない・・・・ちょっとダメじゃん(^^;
そこで「画像は RGB それぞれのチャンネルを組み合わせることでフルカラーを表現している」のと同じように、画素に3種類のカラーフィルタ ( 色セロファンみたいなもの ) を付け、3色の画素を1つのエリアとしてそこから得られた情報 ( * ) を合成する事で色を判断しています。
このカラーフィルタに「赤・緑・青」の色を使った物を原色系 CCD 、「シアン・マゼンダ・イエロー」の色を使った物を補色系 CCD と呼びます。
原色系 CCD は色が鮮やかな見栄えのする画像が得られ易いのが長所ですが、原色系フィルタは補色系と比べて光の透過性が低い為に受光量が低めになり、それが画質低下に結びつきやすいのが欠点です。これに対して補色系 CCD は光の透過性が高いので高画質を得られやすいのですが、ややくすんだ ( 彩度の低い ) 色調になり易いのが欠点です。
( * ) 実際には3つの画素では三角形のエリアになってしまい合成の仕組みが複雑になってしまうので人の目が違いを敏感に感じ取れる緑を2画素に増やし2*2の4画素を1エリアとして使っている場合が多い。
最近は補色系 CCD を使ったものでも鮮やかな色調で撮影出来るデジカメが増えて居ますが、一般にはそのくすみがちな色調からどちらかと言えば画質面での評価は低くなりがちです。
しかし、同じ大きさの CCD であれば原色系 CCD より沢山の光を受け取る事が出来るので画質自体は決して悪くはないはずです。彩度を補正することで原色系 CCD と同様の鮮やかさを出してみましょう。
作業の前に彩度とは何か?を簡単に確認します。彩度とは色の鮮やかさ。明度がカラーピッカーで言えば縦横の軸線で表せたのと同じで、彩度は左右の軸線の事です。彩度を高くすると言うことは、それぞれの色をカラーピッカーの表で言えば右側にシフトさせると言う作業です。( ・・・あー、何という長い前フリ^^;; )
カラーピッカー カラーピッカー カラーピッカー


色の鮮やかさ ( 彩度 ) を補正する
左の画像を見てください。コンパクトカメラで撮った写真も大体こんな感じの色になりがちですよね。カラーバランスが崩れている訳ではありませんが、草の色なども沈みがちな色合いで、正直なところあまり綺麗だとは思えません。彩度を引き上げて色鮮やかになるように補正してみましょう。

それでは [ 色調補正 ] の中の [ 色調・彩度 ] を選択します。
ダイアログボックス ( 右図 ) の彩度のスライダを右に動かしてみてください。
右に移動すればするほど色は鮮やかになっていきます。
ただし、上げすぎると色が破綻していきますので注意してください(笑)
これは明るさを上げていくと明るい部分が飛んでしまうのと同じです。また、あまり彩度が高すぎるとくどく見えてしまいますので、「大体この辺で良いかな?」と言う辺りからさらにもう少し落とした辺りにする位がちょうど良いと思います。



ここでは彩度を +30 まで上げてみました。
補正前の画像 ( 左上 ) は草の色がくすんでいて、まるで初冬に撮影された様な画像でしたが、補正後の画像 ( 左 ) は明らかに色の鮮やかさが上がり、草木が芽吹く爽やかな初夏に撮影された様に生き生きとしたイメージになったと思います。

逆に言えば、初夏に撮影した画像の彩度を落とせば初冬の雰囲気を出すことも出来ると言うことです ( 冬の日差しは弱いですから、コントラストも落とすことでさらに雰囲気が出ると思います。 ) 。ちょっとした違いかもしれませんが、その違いで写真の雰囲気すらもコントロール出来ると言うのがフォトレタッチの面白いところだと思います。



戻る
戻る