おまけデータ


ここは、独立した1つの項目にならない位の Tips や覚え書きレベルの事柄について書いて行くコーナーです。
まあ、まだまだこの HomePage 自体が覚え書きって感じなのですが(笑)

印刷用用紙サイズ

A 版 B 版
A1   594mm × 841mm B1   728mm ×1030mm 
A2   420mm × 594mm B2   515mm × 728mm
A3   297mm × 420mm B3   364mm × 515mm
A4   210mm × 297mm B4   257mm × 364mm
A5   148mm × 210mm B5   182mm × 257mm
A6   105mm × 148mm B6   128mm × 182mm


すでに存在する画像を印刷する時は用紙に合わせて解像度を変更して大きさを調整するしかありませんが、新規ファイルを作る時にあらかじめ解像度と印刷する用紙サイズが決まっている場合に「 あれ? A4 のサイズって縦横何ミリだっけ?」と言う時の参考に。

同版でサイズが1サイズ上がると面積は2倍、一辺の長さは2(1.414)倍に、同版でサイズが1サイズ下がると面積は半分、一辺の長さは1/(2)倍になります。

計算が面倒ならば、短辺を2倍にして長辺とし、長辺を短辺とすれば同版で1サイズ上のサイズに、逆に1サイズ下は長辺を半分にして短辺とし、短辺は長辺として置き換えればOKです。

大判印刷がしたい!
家庭用プリンターは A4 サイズが主流で、大きな物でも A3 、A3 ノビ ( A3 よりやや大きい ) 位までの対応が一般的です。それ以上のサイズが印刷できるプリンターも存在しますが、価格や設置場所、それだけの大きさを印刷する需要度の問題がありますから一般家庭で導入するのはあまり現実的ではありません。
そうは言っても新聞紙と同じサイズや新聞紙見開きサイズなどの大きいポスターを作りたいなど、A3 以上の大きさで印刷したい場合もたまにはあるでしょう。
この様な場合は方法は2つあります。

・画像を分割して A4 サイズの用紙に印刷し、それを手作業で貼り合わせる
・「出力センター」と呼ばれる業者さんや印刷屋さんに依頼する。

業者さんに依頼する場合は印刷用紙 ( 紙、印画紙、布など )、出力サイズなど ( ロール紙を使っているため ) 家庭用プリンターでは出来ないバリエーションが豊富であることが多く、切り貼りが必要ないので見栄えも良いのですが、当然その印刷は家庭用プリンターのコストとは違ってかなり高価ですし、画像形式、画像モード ( RGB , CMYK ) によっての色のずれなどが問題になる場合や、データの受け渡しをする場合、どんなメディア ( MO CD-R CD-RW など ) が使えるか?と言う問題もあります。
この辺りの詳細は実際に依頼する業者さん依って様々ですので、相談してみるのが一番です。

分割して印刷する方法は張り代を考慮して分割して印刷、不要な余白を切って貼り合わせればかなり大きな印刷物を低いコストで作ることが出来るでしょう。どう分割すれば良いのかを自動で処理してくれるアプリケーションもフリーウエアで存在しますのでこういうソフトを使えばさらに楽に大きい印刷物を作る事が出来ると思います。

大判印刷を前提にする場合のもう一つの関心事に「解像度はどの程度にすれば良いのか?」ですが、大判印刷した物はあまり近寄って見ることはありませんのであまり高解像度 ( 300dpi 以上 ) である必要はなく、プロでも 100 〜 150 dpi 程度の解像度で作るのが一般的の様です。
まあ、A2 版ですと 420mm x 594mm ( 16.5inch x 23.386inch ) ですから、300 dpi で作ると 4961pixels x 7016 pixels 。RGB カラーですと追加されるレイヤーを考慮してない状態で 99.6MB なんて巨大なデータになってしまいます(^^;
こんな巨大なデータを Photoshop でそこそこ快適に扱おうとすればメモリは最低でも 512MB 、もしくはそれ以上は必要になってしまいますからね。ちなみに同様のデータを 100dpi で作ると 1654pixels x 2339 pixels 、11.1MB ですからメモリを 128MB 積んであるマシンなら何とか扱えるサイズになりますね。

ヘッダから探る拡張子
Windows を始め多くの OS ではファイルを区別するのに ”名前 .拡張子” と言う形態を取っています。拡張子とはそのファイルがどんな形式のファイルなのかの種類を表しています。例えば shashin.jpg と言うファイル名ならば、shashin と言う名前の JPG 形式のファイルだと言うことがファイル自身を開かなくても判断することが出来ます。

拡張子は関連付けされたアプリケーションを呼び出すのに使われますから、殆どはそのファイルを作ったアプリケーションで自動的に付与されたりしますので Windows では拡張子の付け忘れってのはあまりないのですが、Mac では拡張子自体があまり使われないので、Mac ユーザーからメールで送られてきたファイルに拡張子が無く「これ、どのアプリケーションで開けばいいの?」なんて事があります。また、見たことのない拡張子などの場合は送ってくれた本人に「どういう形式なの?」と聞くのが一番確実なのですが、急いでる時はメールの返事が来るまで待てないでしょう(^^;

「どんな形式かがある程度判ってる」場合は、エクスプローラーなどでファイル名の変更 ( リネーム ) をして拡張子を加えてやれば関連付けされたアプリケーションが使えますし、リネームしなくてもアプリケーションのアイコンにドロップしたり「送る」でファイルを読み込ませれば拡張子が無くても内部の情報から判断して表示してくれる場合もありますが、それが出来ないアプリケーションの場合は、バイナリ形式では殆どの形式でファイルの先頭部分に存在する「ヘッダ部」と呼ばれる内部情報部分を目で見る事で、かなりの確立でそのファイルの形式を判別することが出来ます。

手順は簡単です。

STEP.1 )

まずメモ帳などのテキストエディタを立ち上げて、その拡張子が不明のファイルをドロップするか、「送る」メニューにテキストエディタが登録してあれば直接テキストエディタに送り込みます。

STEP.2 )

先頭行を観察してみましょう。実は単なるテキストファイルだった場合はこれで内容を読むことが出来ますから、 .TXT などと拡張子を付ける、もしくは変更すれば問題ありません。画像データなどのバイナリファイル殆どは「 ^@bFS^@^@ 」等の意味不明の文字列ですが、何となく意味ありげな文字列があるはずです。殆どは以下の表の文字列から始まる事が多いのですが、一部はやや後方に出てくる場合もあります。

STEP.3 )

以下の表を見てファイルの種類を判断して、エクスプローラーなどでその拡張子を加えたり、変更してみてください。正しい拡張子であればアプリケーションから開くことが出来るでしょう。以下の表に無い場合でも、大抵の場合はどのアプリケーションで開けるかの何からのヒントになる文字列が隠れて居たりすることも多いです。


これらのファイルはテキストエディタで開くとエディタがエラーを起こす場合があります。また、テキストエディタで上書き保存はしないで下さい。
この表はこの HomePage の作者の経験、もしくは各ファイル形式をテキストエディタで開いて独自に調べたものです。中には間違いや文字列が同じでも他の形式である場合もあると思いますので確実に拡張子が判別できるとは限りません。ご了承下さい。


文字列 拡張子 コメント
8BPS PSD Photoshop 用画像ファイル
BM BMP 画像ファイル
GIF89a GIF 画像ファイル
臼NG PNG 画像ファイル
ttc TTC フォントファイル ( OS/2 の文字列も? )
cmap TTF フォント ( OS/2 の文字列も?。cmap の文字列はちょっと判りにくいかも )
-lh(数字)- LZH LHA 圧縮書庫
PK ZIP ZIP 圧縮書庫
%PDF-(数字) PDF アドビ・アクロバット書庫
MZ EXE 実行ファイル、自己解凍形式 LHA 書庫
MZ 8BF Photoshop フィルターファイル
Rar! RAR RAR 圧縮書庫
.RMF RM RealPlayer 用動画ファイル
MSCF CAB CAB 圧縮書庫


Mac と Windows の LHA 書庫
LHA ( LZH 形式 ) は日本生まれのアーカイバです。複数のファイルを1つのファイルにまとめたり、ファイルサイズを小さく圧縮出来るので、日本では Windows が登場する前からオンラインソフトの配布する際などを中心に広く使われているファイル形式です。

LHA は Mac , Windows どちらも圧縮展開をする為のアプリケーションがありますので、OS が違っても LHA 書庫を扱うことが出来、オンラインで Mac - Windows 間でファイルのやりとりをするのも短時間に済ませる事が出来るのですが、Mac と Windows で作られた LHA 書庫には若干の違いがあります。
Mac で作られた LHA 書庫には マックバイナリと呼ばれるデータが内包される事が大きな違いです。Mac で作った書庫を Mac を解凍する、もしくは Windows で作った書庫を Windows で解凍する分には全く問題はないのですが、Mac で作った書庫を Windows で解凍しようとすると、このマックバイナリが内包されていると、データ構造が違うのが原因で解凍出来ないと言うことがあります。

Mac 側のアーカイブツールの設定で「マックバイナリを付けずに圧縮する」か、展開する Windows 側でマックバイナリを削除するツールを使い、解凍前にカットしておく必要があります。

Mac ユーザーから送られてきた LHA 書庫を解凍することが出来ないと言う場合はまずマックバイナリを疑ってみましょう(^^;



戻る