Japanese only
T 2つのBIOSを搭載する

最終更新日:1999年9月23日
e
Twinhead BIOSとSHARP BIOSといった2つのBIOSを搭載する方法の紹介

原理

A355のBIOS ROMは1Mビットです。このROMとピン互換のある2MビットのROMを使用し、2つのBIOSを入れ、アドレスの最上位ビットを切り替えることにより、2つのBIOSを切り替えるというものです。

必要なもの

作成するにあたり、必要なものです。

ROMの作成

ROMイメージを作成する。

Twinhead BIOSとSHARP BIOS(ROMの組み合わせはこの組み合わせでなくてもかまいません)のROMイメージを用意し、DOSプロンプトで次のようにして作成します。

例えば、BL8_R15.BINがTwinhead BIOS、BKUPBIOS.BINがSHARP BIOSとして、これを結合したファイルを2BIOS.BINとする場合

C:\>COPY /B SL8_R15.BIN+BKUPBIOS.BIN 2BIOS.BIN

ROMイメージをROMへ書き込む

ROMライタの操作手順に従い、ROMイメージをROMへ書き込む

ROMの搭載

  1. まず、A355を分解して、メインボードを本体カバーよりはずし、裏側のソケットに差し込んであるROMを抜きます。

  2. 次に、抜いたソケットの30ピン目(下の図で上の列の一番右のピン)が基盤にハンダ付けされている部分にリード線をハンダ付けします。


  3. 隣のピンと接触していないか十分確認し、作成したROMを挿す。


  4. さらに、メインボードの表側のHDD接続コネクタの上当たりのコンデンサ(C135)の両端にリード線をそれぞれハンダ付けします。
    上がGND,下がVcc

  5. 最後に、ハンダ付けした3本のリード線を3端子のスイッチにハンダ付けします。

    左の端子にGND,
    真ん中の端子にROMの30ピン、
    右の端子にVcc

  6. あとは、組み立て直して出来上がりです。

注意と独り言

このスイッチは電源を落としてから切り替えてきださい。起動中に変更すると正常に起動されないことがあると思われます。
(起動後に変更してもたぶんBIOSは変わりません)

でも、これが出来ても、普通の人はメリットないだろーなー・・・


.
トップページへ戻る A355ユーザ交流の場 質問等なんでもどうぞ! A355のための自作ソフト A355関連のリンク集


更新履歴(細かい見栄えの変更等はのせていません)
1999年1月12日新規作成
1999年9月23日全面改装